ライジン出場の山本美憂!子供は何人で誰の子供?!年齢は?

山本美憂と言えば、2016年の大晦日のライジン(RIZIN)出場が決定しました。
1974年生まれで、2016年現在42歳なのですがまだまだ現役なのはすごいですね。
結婚遍歴や子供のことまで、いろいろと調べてみました。

山本美憂のキャリアと結婚遍歴


ミュンヘンオリンピックレスリング代表だった日本体育大学教授の山本郁榮を父に持ち、弟の山本”KID”徳郁、妹の山本聖子とともに、レスリングの英才教育を施され、13歳で第1回全日本女子選手権に優勝を果たした女子レスリング選手であることは、多くの方がご存じの通りですね。
全日本4連覇を達成し、1991年に17歳で初めて出場した世界選手権を史上最年少で優勝を果たしました。

プライベートでは、1995年に当時Jリーグ・浦和レッズの選手だった池田伸康と結婚後に現役を引退し、その後、第一子となる男児(山本アーセン)を出産するも、1999年4月、離婚。
2000年7月には格闘家のエンセン井上と再婚し、2004年8月、エンセン井上と離婚。
2006年4月、トリノオリンピック男子アルペンスキー代表の佐々木明と3度目の結婚をすると、同年12月に第二子となる男児を出産。
2008年11月、第三子となる女児を出産するが、2011年に佐々木明と3度目となる離婚に至りました。


そうして、山本美憂は結婚・離婚を繰り返すとともに、現役復帰・引退も繰り返し、2013年12月には、ノードハーゲン・クラシック大会に51kg級で出場し優勝を果たすと、2014年7月5日のカナダ・カップでは3位入賞も果たしました。

レスリング一家の血を受け継いだ息子、山本アーセン

最初の夫だったJリーガーの池田伸康との間に生まれた長男、山本アーセンも、レスリング一家の血を受け継ぎ、現在レスリング選手兼、総合格闘家としても活躍をしています。

子どもたちのためのサプリメント薬『メンエキッズ』をプロデュース!

そんな山本アーセンを始め三児の母でもある山本美憂は、子供のためのサプリメント『メンエキッズ』をプロデュース!
メンエキッズは、大人よりも「体を守る力・抵抗力」が未熟な子供の「成長期の子どもの体を守るゼリー」なんだそうです。
習い事や学習塾、部活動の厳しい練習など、忙しい日々を過ごす最近の子供たちは、激しい運動やプレッシャーなどが重なると、抵抗力が下がりやすくなってしまうのだとか…。
子どもたちの身に降りかかるさまざまなトラブルから子どもたちを守りたい、そんな親御さんの思いから生まれたのが、子どものためのサプリメント「メンエキッズ」です。
山本美憂は、長男の山本アーセンを始め、二男のアーノンくんはスケートボードをしていて、大会前や大会後に体調を崩すことも多かったのだそうです。


そうして、「子供の体を守る抵抗力」をサポートするサプリメントが必要だと気付きプロデュースした『メンエキッズ』は、子供が毎日食べ続けられるオレンジ果汁とハチミツたっぷりのゼリータイプのサプリメントだそうです。

三児の母として、そして幼いころからレスリングに励んできた山本美憂だからこそ、子供たちが感じるプレッシャーや体調の変化に鋭く、未来のアスリートになるかもしれない、体調管理の難しい子供たちを思う気持ちもアツいんですね。

錦戸亮主演:見逃し配信開始!
「ウチの夫は仕事ができない(全話)」
【2週間無料トライアル!】
定額制動画配信サービスHulu無料トライアル登録プログラム【Hulu】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す