あいのり・桃がアンチ(したらば)に嫌われすぎ?!収入はカラコンとエステがメイン?!

フジテレビの恋愛バラエティー番組『あいのり』の出演者で、今でも何かと注目度の高い桃!
『あいのり』に出ていた人たちが、どんどん忘れ去られていく中、桃とクロリサは高い人気でファンとアンチを獲得しています。

人気の中心になっているのはブログで、amebaでも常にトップクラスの順位に入っています。
最近では、そのブログにカラコン広告などを載せ、月に数百万の収入を得ているんだとか?

でも人気の裏腹にアンチも多く、したらば掲示板では叩かれる日々…
ハワイでの挙式のこともガンガン叩かれていますが、その理由は何でしょう?
改めて、桃の収入のことからアンチのことまで、謎に迫りたいと思います!

あいのり桃のブログはアクセス命のドル箱?!

バラエティー番組『あいのり』に出演した時、可愛い見た目と性格で人気が高かった桃!
『あいのり』でも梅雄とカップルになり、ハッピーな帰国をはたしましたね。

桃は帰国後もブログ活動や本の出版などを続けて、今でもブロガーとして高い人気を得ているんです。
なんてことない彼女のブログなのですが、Amebaのランキングでも常に上位だし。

一度上位になって、火種となる炎上記事をコンスタントに上げていけば、かなりのアクセスが稼げる仕組みです。
もちろん、ファンも多いいですが、アンチも桃ブログのアクセスを支えているのは言うまでもありません。

ファンにとっては友だちみたいな身近さというか、気さくな感じが良いんですかね。
なんだか気になるな感じ?と言いましょうか。

もものブログのカラコン記事が収入のメイン

桃はお金持ってそうだけど、どうやって稼いでいるの?って疑問に思う方も多いと思います。
ブログで企業の商品を紹介して、その手数料をもらってい稼いでいます。
いわゆるアフィリエイトとかステマとか言われているものです。
↓こんな感じで、この商品が売れたら桃にちゃりんといきます↓

ステマ=悪いみたいなイメージですが、そんなことはありません。
商品自体がよければ、その商品の広告塔になって薦めるのは全然悪いことじゃないですよね。

TVCMだって出演している芸能人がその商品を愛用している可能性は低いと思いますし。
ただ、やり方があからさまで人をダマしているという印象を与えた人が叩かれている気がします。


ももは普通の芸能人みたいにテレビに出るわけじゃないのに、ブログ見る限りセレブな生活している感じですよね。
それが出来るのは、ブログで月に数百万の収入があるからなんです。

桃みたいに人気のブロガーは、ブログ自体が立派な広告媒体になれます。

アフィリエイトの世界では、エステやカラコンは花形でかなり儲かる商品のようです。
なのでそういった利益が上がりやすいカラコンとかエステの体験の記事とかを書けば、会社から相当な額のお金をもらえるんですね。

もちろんブログの記事が全て広告ってわけじゃないのですが。
「このカラコン良かったよー」って書くだけでお金もらえるのは羨ましいですよね。
使わないで薦めるのは良くないので、本当に使っていてほしいものです。

もものハワイ婚のことでしたらばのアンチに叩かれまくってる?!

いろんな意味で人気者の桃ですが、人気に比例してアンチの方たちの活動も活発です^^;
ネット掲示板として有名なしたらばでは、見た目が気に入らないとか、猫被ってるとか、とにかくひどい叩き方をされています。

特に桃がハワイで結婚式を挙げた時には、ハワイ婚なんて芸能人気取り!といった書き込みも多かったです。
お金と時間の余裕があれば、ハワイで結婚するのが悪いことじゃないのに!


なんでここまで叩かれるのかと言えば、日ごろの発言などがネット住民を逆なでしてしまってるんでしょうね。
まあ、でも人気がある故のことなんだからとも言えますし、本人は到底気にしているようには思えません。

今では部屋着のプロデュースなどもしているみたいだし、したらばと一緒に元気に頑張ってほしいものです。

◆関連記事
あいのり桃のブログにお母さんやちゃき登場!Manaさんからの厳しいチェックとは!?

あいのり桃のトイレにコバエが!!買占め問題でもブログが騒然!?
あいのり桃の友達ゆいの大学はどこ?バイト先はミキハウス!?

田中里奈とあいのり桃の不仲説は今どう? 仕事だけの関係?

あいのり桃のブログでヒルトンが話題に!?二股疑惑の真相はいかに!?

あいのり桃、旦那・佐藤寿一の不在に!?交際期間・なれそめは!?仕事・収入・料理は!?Facebookまで!?

錦戸亮主演:見逃し配信開始!
「ウチの夫は仕事ができない(全話)」
【2週間無料トライアル!】
定額制動画配信サービスHulu無料トライアル登録プログラム【Hulu】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す