東尾理子二人目の病院はKLC?子供が歩かない?

higashioriko_kao01_141129

何度もくじけずに妊活を続けたことで2012年に
待望の第一子男児を出産して母となった東尾理子。

そして、今度は第二子への妊活を始めたそうです。

そのあたり、併せて調べてきました。

東尾理子プロフィール

名前 東尾理子(ひがしお りこ)
生年月日 1975年11月18日
出身 福岡県福岡市
身長 160cm
公式ブログ http://ameblo.jp/riko-higashio/

東尾理子、二人目の妊活、病院はKLC?

第一子を6回目の体外授精で成功させた東尾理子。

長男の理汰郎くんも、もうすぐ2歳になろうかという
2014年8月に、

東尾理子はブログで第二子への妊活をスタートさせる
ことを宣言しました。

その日のブログはこちら
⇒東尾理子ブログ記事「TGP再開なり(*^_^*)」

第一子でも利用していたTGC専門の病院で
内診と血液検査と尿検査を行ったと報告しています。

実際に採卵するのは早くても10月の終わりになりそうだそうです。

ちなみにTGPとは、東尾理子がみずから考えた造語で
Trying to Get Pregnant(妊娠しようと頑張っている)の頭文字で、
「不妊治療」というネガティブなイメージの言葉ではなく、
明るく前向きに取り組んでいけるようにと
考えられた言葉だそうです。



そして、気になる通院先の病院はどこか?ということですが、

調べてみると、もちろん公表はされていないので、
確定的なことはわからないのですが、

ネット上では、KLC(加藤レディースクリニック)だろうという
意見が大半を占めています。

非常に評判の高いクリニックのようで、
利用者の書き込みなどを見ていても、
高い評価を得ているのが分かります。
関連記事:東尾理子の不妊治療の原因とは!?体外受精の病院はKLC!?

東尾理子は、このKLCに通っていたと言われているようです。

子供が歩かない?

東尾理子は理汰郎くんを妊娠中、
82分の1だったかそのくらいの確立でダウン症の
子供が生まれると診断されたようで、
そのことを公表して、物議を醸しました。

さまざまなバッシングもあったなか、
どんなことがあっても産むという決意をしました。

このあたりを含めた出産までのいきさつが
金スマのテレビドキュメンタリーで放送されていました。
関連記事:東尾理子が金スマで母になった!オリオリとの写真でまたブログが炎上!?母代わりの陽子さんて何者?

もちろん、同じような境遇の方々のなかにも、
いろいろな受け止め方があり、

東尾理子の言動を無神経だと感じる方も
たくさんいらっしゃるのも、そのとおりかもしれません。

結果的に理汰郎くんはダウン症ではなかったようですが、
その後も、ネットでは東尾理子の子供との関連キーワードに
「歩かない」といったワードが出てきます。

ですが、調べてみても、
特に理汰郎くんが歩かないといった情報もありません。

今も、いろいろと批判はあるのかもしれません。
しかし、少なくとも、理汰郎くんにとっては、
あのとき東尾理子が「絶対に産む」と決意したこと、
実際に自分を育ててくれていることを、

喜んでいるはずだと思います。

◆東尾理子関連記事
東尾理子、いとこの「りえちゃん」なぜ同居!?自宅場所の住所は!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す