V6が紅白に和服で登場し「みんな一緒に歌おう」と呼びかけ!でも岡田は反抗期なの?

now03_140814

デビュー20年目にしてようやく掴んだNHK紅白対抗歌合戦への出場。V6のメンバーはそれぞれに喜びをかみしめていることと思います。

2014年の紅白対抗歌合戦のテーマは「歌おう。おおみそかは全員参加で!」となっていて、V6の元気なイメージともピッタリです。

ところが、メンバーの岡田准一に「反抗期」の噂がでているようです。紅白で反抗期はやめてほしいですが…

20年目で掴んだ紅白初出場

1995年に当時、プロリーグ化を目指していたバレーボールのVリーグを盛り上げることをきっかけに結成されたのがV6です。

そこから20年、シングル曲の売上が20年連続でトップ10に入っているというすさまじい記録を打ち立てています。

ただ、ジャニーズにはSMAPや嵐といったとんでもなく華のあるグループがいろいろと存在するため、そこまで大きく注目されてきた感は少ない印象です。

これだけの活躍をしながらも20年間、1度も紅白に出場したことがないというのは、本当に不思議でした。

V6の状況と裏腹に、同じジャニーズのTOKIOは今回も含め、デビューした1994年からずっと21年連続で紅白出場をしているという、逆の記録を打ち立てています。TOKIOとV6の間にあるものが何なのか、本当によく分かりません。

いずれにせよ、ようやく掴んだ紅白出場です。メンバーたちもそれぞれに喜んだり、緊張したりしているようです。井ノ原快彦だけは、SMAPの香取慎吾に「初出場らしい緊張感がない」と突っ込まれていたようです。

WAになっておどろう、をみんなで歌おう

注目のV6が歌う楽曲ですが、これは1997年にリリースされたヒット曲「WAになっておどろう」です。今年の紅白のテーマ「歌おう。おおみそかは全員参加で!」のテーマを意識した選曲だと思いますが、初出場で元気なV6を国民の皆さんに見てもらうにはぴったりの曲です。若い世代の方々は、「幼稚園でみんなでこの歌で踊った」なんて言われたりもするそうなので、まさに紅白、今年のテーマにもってこいの曲と言えそうですね。

さらに、この曲の際には、紅白出場歌手全員が舞台に登場して、全員で「WAになって」歌うという演出になるようで、V6、V6ファンとしてはこんなに嬉しい演出はないのではないでしょうか。

また、自分たちの出番以外にも、伍代夏子の「ひとり酒」の際に、和服を着てのパフォーマンスを予定しているとかで、メンバーは自分たちの出番よりも緊張しているようです。

岡田准一が反抗期?大丈夫?

一方で、メンバーの岡田准一が反抗期なのか?と思わせる噂があるようなので調べてみました。せっかくの紅白が「反抗期」を理由にぶち壊しになったら嫌ですもんね。

調べたところ、結論としては「そんなことはない」と言えます。見つかった情報と言えば、過去の番組か何かでの役割を演じている上での話や、V6のデビューして間もない頃だと思われる頃の話であったり、ファンがフィクションで書いているストーリーの中での話だったりと、そんな感じでした。

ですので、岡田准一は大丈夫です!NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」を務め上げたのですから、反抗期なわけがないですよね!

紅白出場を機に、ますます大きく活躍してほしいですね!

【関連記事】
紅白歌合戦とV6 -意外な歴史-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す