二宮和也がドラマで2015年にたけしと共演!過去には渋谷すばるとも!!ラジオ局はどこで声が聴けるの?

ninomiyakazuya_kao07_a_150518

男性アイドルグループの嵐のメンバーである二宮和也さんが2015年に放送されるスペシャルドラマにお笑い芸人、映画監督のビートたけしさんと共演するようです。

そんな二宮和也さんのドラマ初主演は渋谷すばるさんと一緒でした。最近ではドラマでアドリブまでしてしまうみたいです。

また、二宮さんの実際の身長、ベイエフエムという放送局のラジオ番組について調べてみました。

二宮和也が2015年のドラマでたけしと共演

落語家の立川談春さんのエッセイが原作の「赤めだか」が2015年にスペシャルドラマで放送されることになりました。発行部数は2015年1月の時点で12万部を超えているそうでます。
⇒公式サイト:赤めだか

立川談春さんの役は二宮和也さん、談春さんの師匠である立川談志さんの役をビートたけしさんが演じることになりました。

2009年1月4日に放送されたドキュメンタリー番組「情熱大陸」によると、立川談春さんの独演会などのチケットは即日完売が多いので「今最もチケットが取れない落語家」と言われているそうです。
⇒情熱大陸公式サイトより「立川談春」

二人の演技が楽しみですね。

初主演が渋谷すばると共演だった二宮和也がアドリブするまでに 

二ノ宮知子さんの漫画「天才ファミリー・カンパニー」が原作のテレビドラマ「あぶない放課後」が1999年に放送されました。

二宮和也さんと男性アイドルグループである関ジャニ∞の渋谷すばるさんのダブル主演でした。当時はふたりともまだグループに所属しておらず、ジャニーズJr.としての出演でした。

ドラマの主題歌は渋谷すばるさんアイドルグループであるV6の「Believe Your Smile」をカバーしました。

当時のインタビューによると、二宮さんは周りから主演だよと言われて緊張していたそうです。渋谷さんは初めてのドラマ出演で主役ということで嬉しさが50%でプレッシャーが70%だと答えていました。

ドラマ初主演では緊張していた二宮さんですが、2014年に放送されたテレビドラマ「弱くても勝てます〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」の主演ではアドリブまでこなしたそうです。

それは卒業式の日に、二宮さんが演じる野球部の監督である田茂青志先生が部室で野球部員に1人ずつ言葉を送るシーンでのことで、20分以上の長回しだったそうです。

長回しとは、カットなしで長い間カメラを回し続けることです。つまり、演技をミスせず長時間に渡って演技を続けなくてはいけないので高い集中力が必要です。

しかも、そのシーンはリハーサルがなくぶっつけ本番だったそうです。そんな難しいシーンでアドリブの演技ができるなんて、演技力がとても高いんですね。

二宮和也のラジオ番組をやってる放送局はベイエフエム

二宮さんがパーソナリティのラジオ番組「BAY STORM」は毎週日曜日の22時から22時30分までベイエフエムで放送されています。
⇒公式サイト:Bay Storm – BayFM

二宮和也の実際の身長は? 

公式のプロフィールだと身長は168cmとなっています。しかし、2000年の8月14日に福岡サンプラザでの公演「嵐〜台風ジェネレーション〜SUMMER CONCERT 2000」の2部での本人の話によると違うそうです。

雑誌では168cmだと言っているけれど、本当は166cmだそうです。高校1年生の時は166.6cmで高校2年生では166.7cmだったそうです。1mmしか伸びていないのに座高は4cmも高くなっていたと笑い話にしていました。

ちなみに嵐の皆さんの公式のプロフィールで身長の高い順は、相葉雅紀さん175cm、松本潤さん172cm、櫻井翔さん171cm、 二宮和也さん168cm、大野さん166cmです。

アイドルの方はイメージのためにプロフィールの内容に色を付けることもあるのですね。

関連記事:嵐・二宮和也の彼女、2015年はどうなる!?「嵐にしやがれ」では腰をかばって杖が必要だった?

関連記事:二宮和也と佐々木希の熱愛破局は嘘でその後復縁していた!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す