小塚崇彦と大島由香里が破局orでき婚?一部でさげまん説も…。

男子フィギュアスケートの小塚崇彦選手と女性アナウンサーの大島由香里さんの交際が、フィギュアスケートファンを中心に話題となっています。

さほど二人に対する報道がないので、破局したのではないかだとか、でき婚するのではないかなどの憶測があるようですが、実際のところはどうなんでしょうか。

小塚崇彦と大島由香里は破局?それともでき婚?

小塚崇彦選手が大島由香里アナウンサーが交際していることを、2013年6月13日に自身のブログで公表しました。アメリカでトレーニングを積んでいるので状況がわからないとしながらも、

報道の件は、僕にとって良き理解者の一人です。

⇒小塚崇彦公式ブログより「お騒がせしています」
と真剣な交際をしていることを示唆する言葉がありました。

ふたりの馴れ初めは2010年に開催されたバンクーバーオリンピックです。小塚選手はオリンピックに出場しており、大島アナは現地にキャスターとして派遣されていました。

しばらくの間は友人関係のままだったそうですが、2013年になった頃から交際を始めました。そして、交際して5ヶ月経った頃に結婚を視野に入れたお付き合いをしていくことに決めたそうです。また、お互いの家族への紹介もすませているようです。

ですので、破局もでき婚もなさそうな気がします。どちらの可能性も低いであろうことを裏付けるのが女性セブンの記事です。

関連記事:羽生結弦の彼女は浅田真央や村上佳菜子のようなタイプ?20歳の誕生日は一緒だった?

女性セブンの報道

初めてふたりの2ショットがスクープされたのは2014年4月13日で「第90回 日本選手権水泳競技大会」の会場です。これは女性週刊誌の「女性セブン」2014年5月1日号に掲載されました。

小塚選手は帽子を深くかぶりひと目をさけるようにしていたそうです。小塚選手は3日かけて行われたアイスショーの出演を終えて、会場にかけつけました。ですので、大島アナの競技の解説を聴いている最中もウトウトしてしまっていたようです。

またこの記事では二人の結婚は2014年の夏になるだろうとフィギュア関係者が明かしていると報道しています。

しかし、2014年の夏になっても二人は結婚されませんでした。その理由を女性セブンと同系列の週刊誌、週刊ポストが説明しています。

大島アナはキャリア志向があって、大きな成果を出してからでないと結婚できないと考えているようです。

なぜなら、大島アナは2008年7月6日に開始された情報番組「サキヨミ」では第1回の出演のみで降板した山本モナさんに代わり、第2回の7月13日から、ピンチヒッターの総合司会者として活躍していました。

10月18日に番組改編され番組タイトルが「サキヨミLIVE」に変更され正式な総合司会者に決定しました。しかし、2009年4月5日から春の改変で大島アナから平井理央アナウンサーに変更されてしまいました。
⇒公式サイト:サキヨミLIVE

悔しい思いをした大島アナは、その時の借りを返したいんでしょうね。

大島由香里はさげまん?

ふたりのお付き合いが発覚した2013-2014シーズンに小塚崇彦不調が続いたので、 一部から大島由香里はさげまんではないのか?という声があがりました。

しかし、2014-2015シーズンでは徐々に調子が上向いて、「2014年に行われた第83回全日本フィギュアスケート選手権」ではショートプログラムとフリースケーティングの合計点数が245.68点になり、3位入賞を果たしました。

むしろ、調子の悪い時に大島アナが一緒に居てくれたので復調したのかもしれませんね。

関連記事:羽生結弦と彼女がお泊まりしたって本当?目撃されたのは仙台なの!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す