東尾理子、二人目の妊娠に批判の声!!無神経発言がムカつく?!

higashioriko_kao04_141129

プロゴルファーで、タレントの「石田純一」さんと結婚をし話題になった東尾理子さんですが、自然妊娠ができず、不妊治療をしていたことで有名のようですね。

待望の第一子「理汰朗」君を2012年に出産し、2015年には二人目の妊娠を報告して下さいました。

その二人目の妊娠について批判があるようで、「無神経発言」「ムカつく」等とネット上で言われているようです。

一体、東尾さんの何がそこまで言われてしまうのでしょうか?

東尾理子、2人目の妊娠報告でネットでは批判殺到?!

東尾理子さんは2010年俳優・「石田純一」さんと結婚をし2012年に第一子「理汰朗」君を、不妊治療の末出産しました。

そもそも「不妊治療」とは「避妊していないのに2年以上にわたり妊娠に至らない状態」のこと。

そうなると「不妊」と認められ、治療を受けられるそうです。

これはWHO(世界保健機関)が定めた不妊の定義だそうです。

望んでも自然妊娠に恵まれなった東尾さんはこの不妊治療を受けていたようです。



2012年にめでたく第一子を出産し、その2年後にはまた不妊治療を受け第二子を授かったことを自身のブログで報告したそうです。

そして、石田純一さんの一人目の奥様との間の子のいしだ壱成さんに妊娠の報告をし、

返信をくれた、いしだ壱成さんに対し東尾さんは「孫はまだ~?」と返したそう。

この事に対してネットでは「不妊治療をしていた人の発言とは思えない」という声が挙がっており、祝福よりも批判の方が多いようです。

東尾理子、二人目の妊娠報告で無神経発言だと言われる?

東尾さんは自身のブログでも「不妊治療」という言葉はあまり使わず「TGP」という単語を使っているようです。

「TGP」とは東尾さんが考えた言葉なのだそうですが、「Trying Get Pregnant」の略で「妊娠しようと頑張っている」という意味だそうです。

長い治療に耐えている東尾さんですが、石田純一さんの長男の壱成さんに対し何度も孫を産むように、話す度にせかすようです。

ネットでは「自分が妊娠した途端に他人にまで強要するなんておかしい」「子供を授かるのが簡単じゃないってことわからないのかな?」などと、「無神経発言」が多いと言われているようです。

東尾理子、二人目の妊娠の報告に「ムカつく」とまで言われてしまう理由は?

身内の壱成さんに対してだけではなく、元フジテレビアナウンサーの「平井理央」さんに対しても「子供は早めの方がいいよ」とアドバイスを送ったそうなのですが、ネット上では「何様だよ!」と言われているようです。

2015年8月31日に第二子の妊娠が確定し「TPG病院を卒業します。次からは産科の病院に通います」と綴ったところ「自分が妊娠できたからと言って、嫌味にしか聞こえない」「卒業という言い方がおかしい」「あまり詳しく知らないけど、ムカつく」と、少々キツイことを言われているようです。

東尾さんのブログ内容はかなり賛否両論あるようですが、実際不妊で悩んでいる女性は多く、東尾さんのオープンな報告に励まされている方も沢山いると思います。

東尾さんのような経験をしている方は多いのに公にされてこなかったせいか、ちょっとした言動で「ムカつく」等と言われてしまうのかもしれませんね。

とにかく、今は元気な赤ちゃんが生まれてくることを祈りたいと思います。

◆関連記事
東尾理子、二人目の赤ちゃんの出産予定日をブログで報告!?流産してたって噂は本当??

東尾理子、二人目の赤ちゃんの胎嚢・心拍・着床をブログで報告!

ママスタで東尾理子批判される!噂のりえちゃんとの関係や子供の年齢は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す