レコード大賞の歴代の司会は誰?嵐はなぜ出ないの?

毎年どんなアーティストがノミネートされるか楽しみの「日本レコード大賞」。

気になるのはアーティストだけではなく「司会者」も。

そしてあの人気アイドルグループの「嵐」は なぜ毎年ノミネートされないのか?

とネット上でファンが嘆いているようですね。

今回は歴代の司会者と嵐が出ない理由について調べてみました。

日本レコード大賞の歴代司会者は?

1959年に始まった日本で最も古い音楽賞である「輝く!日本レコード大賞」。


音楽に注目が集まる中、司会者にも注目が集まっているようですね。

歴代の司会者はこちら。

第1回-第6回(1959年-1964年)  芥川隆行

第7回-第10回(1965年-1968年) 三木鮎郎

第11回、第12回(1969年、1970年) 高橋圭三

第13回(1971年) 高橋圭三・山本陽子

第14回-第18回(1972年-1976年) 高橋圭三・森光子

第19回、第20回(1977年、1978年) 高橋圭三・久米宏・黒柳徹子

第21回(1979年) 高橋圭三・檀ふみ

第22回(1980年) 高橋圭三・渡辺謙太郎・中田喜子

第23回(1981年)高橋圭三・渡辺謙太郎・竹下景子

第24回(1982年)高橋圭三・児玉清・竹下景子

第25回(1983年)高橋圭三・竹下景子

第26回(1984年)森本毅郎・竹下景子

第27回(1985年)森本毅郎・倍賞美津子

第28回(1986年)森本毅郎・竹下景子

第29回-第30回(1987年-1988年)関口宏・三雲孝江

第31回(1989年)板東英二・楠田枝里子

第32回(1990年)板東英二・和田アキ子

第33回(1991年)石田純一・布施明・黒柳徹子

第34回(1992年)神田正輝・黒柳徹子

第35回-第36回(1993年-1994年)宮本亜門・牧瀬里穂

第37回(1995年)西田敏行・中山秀征・渡辺真理

第38回(1996年)堺正章・飯島直子

第39回(1997年)堺正章・草野満代

第40回(1998年)堺正章・江角マキコ

第41回-第42回(1999年-2000年)堺正章・黒木瞳

第43回(2001年)堺正章・米倉涼子

第44回(2002年)堺正章・菊川怜

第45回(2003年)堺正章

第46回(2004年)堺正章・伊東美咲

第47回(2005年)堺正章・綾瀬はるか

第48回-第49回(2006年-2007年)

第50回(2008年)堺正章・上戸彩・松下奈緒

第51回-第53回(2009年-2011年)堺正章・藤原紀香

第54回(2012年)安住紳一郎・新垣結衣

第55回(2013年)安住紳一郎・上戸彩

第56回(2014年)安住紳一郎・仲間由紀恵

上記が過去の司会者の方々です。

記憶に新しいところだと第55回(2013年)は当時EXILEのリーダーHIROがパフォーマー引退もあり、妻である上戸彩との共演が印象に残っている方が多いのではないでしょうか。

第57回の司会が誰になるのかも楽しみですね。

歴代のレコード大賞になんで嵐はノミネートされないの?

その年を代表するアーティストが集まる「輝く!日本レコード大賞」ですがジャニーズがノミネートされていない事に疑問を抱くファンが多いようです。

1987年の近藤真彦さんの「愚か者」を最後にジャニーズの受賞がないようなのです。

1990年にアイドルグループ「忍者」がロック・ポップス部門にノミネートされましたが、演歌・歌謡部門を期待していた為、ノミネートを辞退したそうです。

以降SMAPが「世界に一つだけの花」をリリースしノミネートされたものの、「歌詞にあるようにナンバーワンよりオンリーワンを大切に歌ってきた」とこちらもノミネートを辞退したようです。


2010年に近藤真彦さんが「最優秀歌唱賞を受賞をしたのは特別だそうで、「賞レースへの参加は一切ない」とジャニーズ事務所が発表している為、今年も嵐や20周年のV6などもノミネートは無いと言われているようですね。

その代わり、紅白歌合戦には出場して、いっぱい活躍してほしいですね。

関連記事:紅白歌合戦2015出演者予想!V6やTOKIOなどジャニーズは!?

関連記事:2015TBS日本レコード大賞の観覧・応募方法は?倍率はどれくらい?当選日はいつ?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする