武井咲のドレス試着はピンク!?声優は下手!?

takeiemi_profile03

武井咲が声優を務めたことについて、
あれはひどい、という声が聞こえてきます。
どんな声なのでしょうか。

ピンクのドレスを試着した件と併せて
調べてきました。

武井咲の声優は下手!?

武井咲の声優がひどいとの噂が聞こえてきますが、
果たしてどんな意見が飛び交っているのでしょうか。

調べてみると、話題になっているのは、

映画「ワイルド・スピード MEGA MAX」の日本語吹き替え版で
エルサ・パキタが演じたヒロインのエレナの声優に起用された
ことについてです。


この映画が日本で公開されたのは、2011年10月。
当時18歳の武井咲は、NHK大河ドラマ「平清盛」へ出演し、

翌年公開の映画「るろうに剣心」にヒロイン役で出演する
ことも決まっており、まさに勢いに乗りまくっている状況。

ですが、この武井咲の声優に批判的な声があがってきました。

台詞が棒読みだという意見が多く、楽しみにしている作品が
台無しになると感じているような印象にまとめられます。

武井咲だとは知らずに作品を鑑賞して、その違和感に
「これは誰!?」との質問もありました。

声優を専門の職業としているプロがいるのに、あえて経験の
乏しい若手の俳優・女優を起用するという最近の風潮にをも
批判する声も聞かれます。

確かに、最近はよくアイドル歌手なども「声優に挑戦!」と
話題になったりします。

これには、やはり映画製作側としては公開前から話題になった
ほうが興行的に有利だという大人の事情が大きく関係していると
思われます。

武井咲については、一方で、まだ10代だしいろいろ経験するのは
いいことだと、温かく見守る意見もあります。

また武井咲自身、別のテレビ番組で、直接この件のことでは
ないですが、

心ない声に対して戸惑いを感じていると、母親から
「好きでも、嫌いでも、(武井咲のことを)見てくれている
ということ」という主旨の言葉をもらい、楽になったと
話しています。

決して、売れっ子だからといって天狗になっているわけでは
ないようです。

作品を純粋に最大限楽しみたい、という気持ちももちろんですが、
将来のより大きなスターをみんなで育てる、という寛大さも
どこかで必要なのかもしれませんね。

⇒参照記事:「シネマトゥデイ」(当時の武井咲の画像あり)

武井咲の動画

武井咲のオフィシャルサイトからリンクをたどっていけば、
さまざまな動画を観ることができます。

動画もいっぱい!
公式サイト 武井咲オフィシャルサイト

これだけしっかりと出演動画や過去の関連ニュースを
サポートしているサイトもなかなかありません。

素晴らしいファンサービスです。
トップページからいろいろ見てみてくださいね。





より簡単に動画を見られるように、オフィシャルサイトから
たどっていけたいくつかのページを紹介しておきますね。

◆NEC LavieシリーズのCMやメイキングなど過去映像もいっぱい
⇒NEC公式動画ギャラリー(You Tubeチャンネル)

武井咲の振袖姿が見られます。赤の艶やかな姿にうっとりです。
トークもあります。(武井咲の登場は1分35秒くらいからです)
⇒新成人振袖ファッションショー(ジョイフル恵利 公式動画)

◆武井咲の動画や出演CMへのリンクが盛りだくさんです。
⇒武井咲オフィシャルサイト(ブログページ)
記事はあまり更新されていないようです…。

武井咲のドレス試着

武井咲を検索すると「ドレス」というワードがあり、
さらに関連するワードで「日本アカデミー賞」などと
いったものと並んで「試着」「ピンク」といったものが
あります。

何かの式典に出る際に着たか試着したドレスの話題かと
思い調べてみると、

どうやらこれらのワードは、武井咲がプロデュースしている
「f-emi collection emi takei」(フェミコレクション エミ タケイ)
というドレスブランドの話題に関するものでした。

きっといろいろとドレスを探している女性が武井咲の
ドレスにも興味を持って調べているのでしょうね。

色はピンクが人気なのだと思われます。

takeiemi_dress03


結婚式を控えている一般の方が、実際にお店で武井咲のドレスを
試着している様子をブログで報告していたりもします。

次のサイトで紹介されています。

⇒『f-emi collection emi takei』(アフロディーテ公式サイト)

関連記事:佐藤健と武井咲が荒尾で!?熱愛!?ミヤネ屋で!?

関連記事:武井咲の鼻がニキビ!? いや、傷!? 高校が名古屋!?

関連記事:二宮和也・武井咲・佐々木希の身長が!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする