志茂田景樹 息子と自宅の現在は?不倫・浮気で家庭崩壊?死亡説まで!

小説家というお堅い職業でありながら奇抜なファッションでお茶の間の人気者だった志茂田景樹(しもだかげき)さん。

現在はその姿を見かけませんが一体何をしているのでしょうか。

一世を風靡した志茂田景樹の現在は?死亡説まで


室井佑月さんや羽田圭介さんなど小説家がメディアに登場することが多くなりました。
ですがメディア出演の先駆けと言える小説家は志茂田景樹さんでしょう。

直木賞受賞という立派な肩書きを持つ大小説家とは思えないその奇抜なファッションでバラエティに引っ張りだこ。
あの「笑っていいとも!」に2年間に渡りレギュラーとして出演したことで広く世間に認知されることになりました。

ですが最近はメディアで志茂田景樹さんの姿を目にすることが殆どありません。
高齢ということもあり死亡説まで飛び交う始末。
そこで志茂田景樹さんの近況について調べてみました。

志茂田景樹さんは現在、全国各地で絵本の読み聞かせや不登校児の支援といった社会活動をされていました。
そのためテレビ出演や小説執筆をセーブしているとのことです。

全国各地を飛び回っている志茂田景樹さん。
相変わらず元気そうで安心しました。

志茂田景樹の息子はカリスマタクシー運転手

志茂田景樹さんには2人の息子がいます。
そのうち次男の下田大気さんはメディアで取り上げられるほどのカリスマタクシー運転手。

不景気でタクシーを使う人が減ったためにタクシー運転手は稼ぎが少ないといわれています。
そんな中で下田大気さんは入社1ヶ月でなんと300人中トップの売り上げを記録。
1ヶ月だけだと偶然だと考えることも出来ますが下田大気さんは半年間も売り上げトップをキープし年収は800万円にもなったそうです。

その後はタクシーのコンサルティング業務などを手がけ年収は2000万円にもなったとか。
そんな下田大気さんですが2015年に武蔵野市議選に出馬し見事当選。
現在は武蔵野市議として武蔵野市のために活動をされています。

志茂田景樹の不倫で一家離散の危機に

「黄色い牙」で直木賞を受賞した志茂田景樹さん。
新婚当初は4畳一間のアパートに住み、保険のセールスをしながらの執筆作業。
かなり貧しい生活だったそうです。

そんな生活が直木賞を受賞したことで一変。
黄色い牙は飛ぶように売れ6000万円もの印税が入ったそうです。

多額の印税が入ったことで志茂田景樹さんは銀座の高級クラブで飲み歩くようになり、事務所用にと借りたマンションには愛人を囲っていました。
この頃の派手な遊びが志茂田景樹さんの派手なファッションにも繋がっているようです。

派手なファッションで人気を博した志茂田景樹さんはバラエティー番組に引っ張りだこ。
ですが志茂田景樹さんのテレビ出演が増えるにつれお子さん達はイジメにあっていたそうです。

イジメから逃れるために長男は海外へ留学し、次男は非行に走り暴行事件で逮捕されてしまいます。
そんな中でも奥さんだけは家族が元通りになることを信じていたといいます。


現在では長男も日本に戻り志茂田景樹さんの自宅近くで暮らしており、上述の通り次男は市議として活動。
志茂田景樹さんと奥さんは一緒に絵本の読み聞かせをしています。

コメント