福田和也の最近!離婚したか謎?昭和天皇が話題!書籍でとんかつ愛を語る?

評論家や大学教授として多忙な日々を送る福田和也(ふくだ かずや)さん。
近々、還暦を迎えるにも関わらず精力的に活動できるのはとんかつのおかげかも。

書籍「昭和天皇」が話題の福田和也


文芸評論家や学者として活動している福田和也さん。
世の中には名前だけの評論家もいますが福田和也さんは「日本の家郷」で三島由紀夫賞を受賞するなど文才は確かです。

そんな福田和也さんが文藝春秋に連載し話題となったのが「昭和天皇」。
学者としての経歴と膨大な資料を基にし、圧倒的な密度で書かれた「昭和天皇」は読み物としてだけでなく歴史書としても評価されています。

7部で構成されている「昭和天皇」にはそれぞれ副題がついています。
第一部からでなくても興味があるストーリーから読んでみても良いかもしれません。

福田和也は離婚している?

慶應義塾大学の同級生を妻に持つ福田和也さん。
高級住宅街の大岡山に住む岳父はカトリック信者で医学部の教員だそうです。

住まいの立地と父親の職業から奥さんはお嬢様の可能性がありそうです。
慶應義塾大学にも幼稚舎から通っていたのかも知れませんね。

そんな奥さんと結婚した福田和也さんですが、既に離婚したという噂されています。
噂の発端となったのが福田和也さんと同じく評論家であり小説家でもある小谷野敦さんのtwitter。

なぜ小谷野敦さんがこのようなツイートをしたのかは不明。
ですが、小谷野敦さんは以前にも「福田和也という謎」という長文をブログに掲載しています。
何か個人的な怨恨があるのでしょうか。

なお、福田和也さん自身が離婚を公表していないため本当に離婚したのかどうかは謎のままです。

とんかつへの造詣が深い福田和也

何か一つのことにのめりこむイメージの作家や評論家。
福田和也さんがのめり込んだのは「とんかつ」。

色々なお店を試すことがあまり好きではないという福田和也さん。
とんかつ店だけは新規開拓のために色々なお店を渡り歩くそうです。


そんな福田和也さんのとんかつ好きは本物。
書籍「東京の流儀」の中に「私の東京とんかつ地図」という内容を載せるほどです。
その他にも雑誌「Straight.」には「福田和也の『とんかつは裏切らない』」という記事を書いています。

また、「週刊SPA」では
「とんかつには熱燗でしょう」
と発言しています。
普通はとんかつにはご飯となりますが、熱燗を合わせるとはかなりのツウです。

年配になると脂っこいものや肉ではなくさっぱりとしたものや魚を好むようになるのが一般的。
それに反してことある毎にとんかつへの愛を語る福田和也さん。

本当においしいとんかつを食べたければ福田和也さんの情報をチェックするのが良さそうですね。

最近の福田和也はどうしてる?

文芸界だけでなく多方面で活躍する福田和也さん。
慶應義塾大学の教授、株式会社BSフジの番組審議会の委員も兼任しています。


もちろん本職と言える文芸界においても三島由紀夫賞の選考委員や新潮新人賞選考委員を務めています。
また、生活の友社が出版する「ARTcollectors’」では「私と美術」を連載中。
2017年には「鏡花、水上、万太郎」、「ヨーロッパの死 —未完連載集—」と2冊の書籍を発刊しています。

還暦が近い福田和也さんですがまだまだ創作意欲が衰えることはなさそうです。

コメント