小嶋陽菜のお腹がMステや「ラブラドール」で!?じゃんけん順位の怪!?

kojimaharuna_kao01_141115

先日のじゃんけん大会では決勝で渡辺美優紀に
破れ惜しくも2位だった小嶋陽菜ですが、
優勝していれば卒業していいたとも言われ
そこは逆にほっとした人も多いようです。

小嶋陽菜のじゃんけん大会について、
そして、じゃんけん大会にまつわる「謎」を調べてきました。

小嶋陽菜プロフィール

名前 小嶋陽菜
生年月日 1988年4月19日
出身 埼玉県浦和市
身長 164cm
所属 プロダクション尾木
公式ツイッター https://twitter.com/kojiharunyan
インスタグラム https://instagram.com/nyanchan22

小嶋陽菜のお腹がMステ、「ラブラドールレトリバー」で!?

マシュマロボディなどといわれ、
そのキレイなボディラインが女性からも人気の
小嶋陽菜ですが、

ときどき、そのマシュマロ具合がマシュマロすぎると
話題になることがあるようです。

以前Mステに出演した際には、「写真で見るとスタイルいいが、
映像で見ると思ったよりぽっちゃり」といった意見が見られたり、

ラブラドールレトリバーで踊る小嶋陽菜のお腹の肉が
水着からたるんではみ出しているなどと指摘されています。

その時期によって多少の体重の増減はあるでしょうし、
写真の瞬間にそういうように見えてしまっただけという
場合も多いと思います。

ただ、小嶋陽菜ももう20代後半に突入しているため、
いつまでも「マシュマロボディ」とも言ってられなくなって
くるのは間違いないですよね。

まあ、もちろん、体調管理やケアはしっかりしている
でしょうから、まだすぐというわけではないでしょうけど。

まだまだファンを魅了し続けてほしいですね。

じゃんけん大会の謎

先日行われた第5回のじゃんけん大会では、
惜しくも決勝でみるきーこと渡辺美優紀に負けてしまいました。

後日、優勝していたら卒業していた、と発言したことで
逆にファンとしてはほっとした方も多いのではないでしょうか。

これまでの小嶋陽菜のじゃんけん大会の成績を見てみると、

第1回 3位 (優勝:内田眞由美)
第2回 9位 (優勝:篠田麻里子)
第3回 3回戦(選抜落ち) (優勝:島崎遥香)
第4回 3回戦(選抜落ち) (優勝:松井珠理奈)
第5回 2位 (優勝:渡辺美優紀)

となっています。

第3回で選抜落ちしたことで、それまでインディーズ時代から
築き上げてきた連続シングル選抜入り記録が30でストップとなり、
大きな話題となりましたね。

しかし、5回中3回で選抜入りを果たし、
内2位と3位が1回ずつとなると、かなりの好成績といえます。

ところで、このじゃんけん大会の結果には
どうしても不思議な点があり、ネットでも毎年のように
話題になります。

優勝者の面々を見て下さい。

第2回以降、見事にAKBグループの
看板メンバーばかりが優勝しているのです。

完全に確立だけの勝負のはずの舞台で、
あれだけの大人数が参加して、
それで毎年、誰もが知っている主要メンバーが優勝するのです。

今年の渡辺美優紀のときも、
去年の松井珠理奈のときも、

「八百長」「やらせ」との声が噴出していました。

第1回では知名度もそれほど高くない内田眞由美が
優勝したときに、秋元康は面白くない様子だったとも言われ、

CDのセールスも内田がセンターとなった曲は70万枚で
終わっています。

その1曲前で初めて100万枚を突破し、
その後の曲は「心のプラカード」まですべて
100万枚を超えているのです。

こうした状況から、2回目以降のじゃんけん大会では
やらせが行われているのではないか、という
もっともな理由も囁かれているようです。

メンバーにとっても、自分がセンターになって
ミリオンに届かなかったり、何かの記録が途切れるのは
相当怖いようで、選抜には入りたいけどセンターは嫌、
という気持ちになるのも分かります。

そういう批判やビジネス的な問題を、
今回の、「センターではなく、みるきーソロデビュー」は
解消するためのアイデアなのかもしれません。

でも、ソロだと、露骨にその個人の人気がでてしまうので、
あまり下手なメンバーが選ばれるわけにもいかないので、


そして、「結局みるきーかよ」的な
やらせ疑惑の払拭とはいかない結果となりました。

果たして、どうなのでしょうか。

いずれにせよ、みるきーには頑張って!とエールを送ります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す