紅白歌合戦20年連続出場!TOKIO、21年連続は!?

g”’‰Ì‡í

年の瀬が近づいてくると、メディアでも話題が増えてくる、
毎年恒例の紅白歌合戦。

今年も楽しみにしている方も多いと思います。

そんななか、今回は、TOKIOに注目してみましょう。
すごい実績の持ち主だったのです。

デビュー後3ヶ月での初出場

TOKIOが紅白歌合戦に初めて出場したのは
1994年の第45回の紅白歌合戦です。


デビュー後わずか3ヶ月での出演は当時の最速出場記録だったようです。

記念すべき初出場で歌った曲目は「LOVE YOU ONLY」。

このときはまさか、本人たちもその後のとんでもない
記録を打ち立てていくことになるとは思っていなかったでしょう。

この第45回から2013年の第64回まで、
なんと20年連続での出場を果たしているのです。

近年は、その選考基準に「よくわからない」といった声が
あったりもするようですが、

それでもやはり、紅白に出場するということは
国民的歌手・グループであるということの証のようなものです。

その紅白に20年もの間選ばれ続けるというのは、
いかにTOKIOが第一線で活躍し続け、
多くの方に愛され続けてきたかということの証明となっています。

ざっと、その20年の曲目を振り返ってみましょう。

◆紅白歌合戦2015の出演者予想はこちら
紅白歌合戦2015出演者・曲目・曲順予想!?発表はいつ!?

過去の曲目ずらり

では、2回目の出場となる第46回(1995年)以降、
2013年までの曲目を振り返ります。

第46回(1995年) 「風になって~紅白バージョン~」
「風になって」から「LOVE YOU ONLY」などに続くメドレーを歌いました。

第47回(1996年) 「ありがとう…勇気」
この曲は、フジテレビのアトランタ五輪テーマソングでした。


第48回(1997年) 「フラれて元気」
「サイコメトラーEIJI」の主題歌で、歌詞の一部を白組応援の内容に。

第49回(1998年) 「Love & Peace」
松岡が主演した「LOVE & PEACE」の主題歌。

第50回(1999年) 「愛の嵐」
「サイコメトラーEIJI2」の主題歌。出場順が初めて序盤から中盤へ。

第51回(2000年) 「みんなでワーッハッハ」
つんくが作詞・作曲した軽快なナンバーでした。

第52回(2001年) 「メッセージ」
シングル22枚目、初のオリコン1位を獲得した曲。

第53回(2002年) 「花唄」
松岡主演のドラマ「ナースマン」の主題歌でした。

第54回(2003年) 「AMBITIOUS JAPAN!」
JR東海のCMに使用されてヒットした曲。初の後半での出場。

第55回(2004年) 「自分のために」
松岡が主演した「ナースマンがゆく」の主題歌。白組トップバッター。

第56回(2005年) 「明日を目指して」
「進研ゼミ」のCMでソングで、シングル初のセルフプロデュース。

第57回(2006年) 「宙船」
代表曲のひとつとなっている曲。翌年春のセンバツ入場曲。

第58回(2007年) 「青春 SEI SYuN」
長渕剛ファンの長瀬が依頼してできた曲。

第59回(2008年) 「雨傘」
松岡主演の「ヤスコとケンジ」主題歌。椎名林檎による楽曲提供。

第60回(2009年) 「太陽と砂漠のバラ」

第61回(2010年) 「advance」

第62回(2011年) 「見上げた流星」
「高校生レストラン」主題歌。

第63回(2012年) 「KIBOU」
TOKIOが出演するヤマト運輸のCMソング。

第64回(2013年) 「AMBITIOUS JAPAN!」
20年連続出場達成。初めて過去の楽曲を歌いました。

以上ですが、すごい歴史ですね。


第65回紅白歌合戦(紅白歌合戦2015)にも出場して
21年連続となるのでしょうか。

発表が楽しみですね。

◆紅白歌合戦2015の出演者予想はこちら
紅白歌合戦2015出演者・曲目・曲順予想!?発表はいつ!?

TOKIOバンドの実力は?上手い?下手?技術力の高さと評価!いつから?楽器担当まで

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする