【STAP細胞 】理研・小保方晴子、11月期限で今現在はどこに!?

obokataharuko_kao01_141129

STAP細胞問題で大揺れとなった理研(理化学研究所)ですが、
11月末をもってSTAP細胞の検証実験が終了。

STAP細胞はあります、の言葉を信じている者たちとしては
なんとしても朗報が聞きたかったのですが、

期限が来た今、現在小保方晴子さんはどこにいるのでしょうか。
行方不明や雲隠れというわけではないでしょうが。

STAP細胞検証実験、11月末で終了

理研(理化学研究所)で行われている、
小保方晴子さん参加による
STAP細胞検証実験は予定通り11月末をもって終了。


この実験は7月から始まり、
監視カメラの付いた実験室で第三者が立ち会うという
状況のなかで行われていたそうです。

これは、春に日本中に「リケジョ」ブームを巻き起こした際に
大注目を浴びた論文(その後、撤回されました)に
記載された方法でSTAP細胞が作製できるかを検証するのが
目的の実験となっていました。

しかし、これまで特にこれといった報告を耳にすることなく
期限の11月末となってしまいました。

その後は、小保方晴子さんが特任顧問の相沢慎一氏の指導を
受けながら検証実験で得たデータを取りまとめていくそうです。

そして、その結果は近く公表されるとのことですが、
その時期ははっきりとはされていません。

11月以降は小保方晴子さんが実験することはないということです。

もうひとつの検証実験

理研は、小保方晴子さんが行っている検証実験とは別に、
独自に4月から1年間の予定で行っている
もうひとつの検証実験を持っています。

こちらの検証実験は8月に中間報告が行われており、
そこでは「論文に記載された方法ではSTAP細胞は作れなかった」
とされてしまいました。

こちらの検証実験は条件を変えて続けていき、
3月末までに結論を出すということです。

小保方晴子さん、今はどこに

また、これまでときどきニュースなどで
「STAP細胞は作れなかった」とする独自の検証報告なども
耳にしてきました。

しかし、嘘ならバレるに決っているようなことで
わざわざ嘘をつくとも思えず、

涙ながらに「STAP細胞はあります!」と訴え、
200回も成功したというのを聞いた者としては

彼女が嘘をついているとは思えず(思いたくない)、

STAP作製には「ちょっとしたコツ」のようなものが
必要だと言っていたのを聞いて、

とにかく作ってくれ!

と願っていたものです。

論文の体裁だとか、コピペだとか、
そんなものは素人の私達にはどうでもいい、

STAP細胞はあります!

ともう一度言ってくれ!!

そんな祈りにも似た気持ちで報告を待ち続けていました。

その間、私達の耳に入ってきたのは、

早稲田大学が小保方晴子さんの博士号の取り消しを決定しただとか、
(1年間の猶予はあるらしい)

野依理事長がSTAP論文問題の責任を取って
給料を一部返したとか、

竹市センター長が退任し、小保方さんの研究室が廃止に、
そして小保方さんは別のチームの一研究員になるらしいとか、

そんな、ため息の出るようなことばかりでした。

冒頭に述べたように、
11月末で検証実験が終わっても、

しばらくはそのデータの取りまとめがあるようなので、
理研かどこか、居場所は周囲の人間には分かるのでしょうが、

春の大騒ぎになったときには、
姿をくらましたような報道もされていて、

北米にいる、とか
ホテルに潜伏とか


今回はそんなことがないように、
はっきりと、もう一度、みなさんの前に出てきてほしいですね。

そして、それでもまだ一縷の望みを抱いているのは
私だけではないはずです。

STAP細胞はあります!

と。

◆小保方晴子関連記事
小保方晴子の退職願全文と過去のセリフまとめ!現在両親の想いは…

小保方晴子、詐欺罪で告訴や損害賠償の可能性も!?現在の住所は!?

「小保方晴子、12月現在STAP細胞作れず」と神戸の理研。真実とは一体何なんだ…

小保方晴子、再現実験期限の11月終了。「STAP細胞はあります」のものまねが悲しい…

小保方晴子(理研:理化学研究所)は現在雲隠れで行方不明?家族は韓国に!?

「STAP細胞はあります!」小保方晴子はあざといorかわいい?海外の反応は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする