柏幸奈の現在。ももクロ&乃木坂の脱退理由、大学や高校はどこ?

ももいろクローバーZの前身、ももいろクローバーと乃木坂46を両方経験したという異色の経歴をもつ柏幸奈(かしわ ゆきな)さん。

加入したこと自体すごいのですが、脱退理由も気になります。

なにかと不満もあったようですね。

また、彼女が卒業した高校や大学についても調べてみました。

とくに、読者モデルとしても活躍していた大学時代は、在学生として、パンフレットにも載るほど、華やかなキャンパスライフを送った模様です。

他方、ツイッターをちょこちょこと更新する2021年現在の柏幸奈さんは、地に足のついた女優さんといったイメージになっていました。

柏幸奈のプロフィール

愛称:ゆっきーな

本名:柏幸奈

生年月日:1994年8月12日

身長:160cm

出身地:神奈川県

最終学歴:東洋英和女学院大学

所属事務所:ジャパン・ミュージックエンターテインメント(イー・コンセプト)

ももいろクローバー脱退理由は受験勉強?

柏幸奈さんが芸能活動をスタートさせたのが、小学校3年生のときでした。

したがって、2003年ということになりますね。


そこからももいろクローバーに加入したのは2008年のことです。

まだ『Z』はついていない頃ですね。

スターダストプロモーション芸能3部に加入して、即ももクロにも加入となった柏幸奈さん。

いわゆる4期にあたり、高城れにさん、和川美優さん、伊倉愛美さん、百田夏菜子さん、玉井詩織さん、藤白すみれさん、早見あかりさん、佐々木彩夏さん、そこに柏幸奈さんでした。

今のももクロメンバーと、去っていったメンバーが半々といった感じですね。

史上最多の9人組だったわけですが、5期になると今度は一気に減ります。

残ったメンバーはまさに多くのみなさんが描くももクロのメンバーでした。

高城れにさん、百田夏菜子さん、玉井詩織さん、早見あかりさん、佐々木彩夏さん、そこに柏幸奈さんだったということです!

まだ有安杏果さんは加入前ですのでいないのは当たり前ですし、現在は女優としてブレイク中の早見あかりさん含めてフルメンバーと言える面々ですね!

もう少し活動を粘っていれば現在、ももいろクローバーZとしてブレイクしていたかもしれなかった柏幸奈さん。

その卒業理由は受験勉強への専念でした。

これに関しては真偽を疑う声もあるようですが、後々この理由にも信憑性が出てくるようになります。

乃木坂46卒業理由はツイッター?

高校受験を終えた彼女は、2011年8月21日、乃木坂46第一期メンバーオーディションに合格します。

しかし、通学していた高校が公立ということもあり、学業を優先しながらの乃木坂46での活動となりました。

その結果として、ついたあだ名が『はぐれメタル』でした。

大人気ゲーム『ドラゴンクエスト』シリーズで有名なモンスターの1匹ですね。

ファンの前に出るだけで、レアなのだというような意味が込められているとのことです。

孤立も心配されるニックネームですね。

一応、公式には『ゆっきーな』です。

公演にあまり出ないだけかと思いきや、ブログの更新も少なく、本当に謎多きメンバーだったと、コアなファンの方も回顧されていました。

ただし、柏幸奈さんは、2018年になって、この理由をツイッターにて公開しています。

なるほど、自撮りが苦手だったということですね。

ひいては、SNSが苦手とも言えそうなら彼女ですが、その割にともいうべきでしょうか、乃木坂46時代にツイッターの裏アカウントが発覚しています。。

48グループとは異なり、発足間もない頃の46グループでは、メンバー個々の公式アカウントのツイッターがありません。

最近は個人写真集を出す場合、写真集の公式アカウントとして、メンバーがちょこちょこツイートすることもありますが、柏幸奈さんの時代はまだそれもありませんでした。

つまり、個人のアカウントを持っていることが、もう裏アカ発覚のような扱いになります。

たいていの場合、そこに書き込まれていることといえば、彼氏とイチャつく様子やスキャンダル沙汰ですよね。

ところが、柏幸奈さんの場合は、『歩合制とか給料減』、『頑張るメリット無』、さらには『やめたい』などとあったそうです。

その結果、柏幸奈さんの卒業理由は、運営の気を損ねて辞めさせられたのではないかとも言われていました。

一応、彼女が話した公式の卒業理由は、学業専念です。

いわゆる、教職をとるために、授業がびっしり詰まっていることや、奨学金を維持するためにしっかりと通い続ける必要があるとのことですね。

このため、アイドル業との掛け持ちが難しくなったようです。

奨学金のことがあるのであれば、給料が歩合制となり減ったことを嘆くツイートにも一定の理解はできますね。


学業を理由に、ももクロ、乃木坂46から去った柏幸奈さん。

奇しくも、彼女のあだ名『はぐれメタル』は、倒すと大きな経験値をもらえて、レベルアップにつながるキャラクターです。

どちらもブレイクしたのは彼女が去ってからということを考えると、彼女は本当に、はぐれメタルだったのかもしれません。

2016年3月23日からジャパン・ミュージックエンターテインメント(イー・コンセプト)に所属した彼女が成功を収めることを期待したいですね。

柏幸奈の卒業した高校や大学はどこ?

柏幸奈さんがももクロを去ってまで受験勉強に打ち込み、合格した高校は、公立とのみ発表されています。

ウワサでは、東洋英和女学院の高等部とする声もありますが、こちらは私立であるため、事実とは異なりますね。

この説が飛び交った背景には、彼女の通う大学が、東洋英和女学院大学だったためでした。

乃木坂46卒業後には、読者モデルもしていた柏幸奈さん。

その美貌からか、同大学のパンフレットにも登場したようです。

ピンクの装いで、キャンパスライフを謳歌されているようなイメージを抱かせるページも存在したようですね。

東洋英和女学院大学では、保育学を学んだという柏幸奈さん。

彼女のツイッターからその大学生活を覗いてみましょう。

やはり、保育学ということで、当初はコマ数も多く、1から5限までびっしりという日も多かったそうですね。

しかし、乃木坂46のライブに顔を出すなど、グループへの愛も忘れてはいなかったようです。

これまでの項目で、『はぐれメタル』など、孤独なイメージもあったかもしれませんが、実際には大切な時間だったことがわかり、一安心です。

とくに、伊藤寧々さんや、日テレアナとなった市來玲奈さんはよく出てくる名前で、真の仲良しのようです。

そして、柏幸奈さんご自身が、大学生活でとくに感激した出来事が学祭の後夜祭のようです。

なんでも、ある方々が目の前に現れたそうですね。

ももクロ、乃木坂46と渡り歩いた彼女が、目の当たりにできて喜ぶとは、一体どんな方々なのでしょうか。

その正体は、中川家でした。

絶世の美男子などではなく、職人芸の域ともいえる話芸の達人コンビに心惹かれたようです。

その興奮は想像以上で、ずっと手を振り続けた結果、ツッコミを入れられるにまで至ったというのですね。

まさか、中川礼二さんも、その人物が、日本を代表するアイドルグループを渡り歩いた人だとは思わなかったことでしょう。


充実のキャンパスライフを送った柏幸奈さんは、2017年3月16日、謝恩会にも出て、しっかりとピリオドを打たれています。

昨今は、サークルの追いコンなどを優先する学生も多いというなかで、彼女の礼儀正しさも窺えますね。

柏幸奈の現在

柏幸奈さんの2021年現在は、ツイッターで知ることができます。

ただ、ざっと見たところ、お仕事に関する情報が出てきません。

同年2月の時点で、公式HPの最新情報を確認しても真っ白という状況でした。

事務所へ所属はされているので、引退ではありませんが、充電期間なのでしょうか。

そのツイッターでは、日々の発見などを綴られております。

ウーバーイーツを頼んだら、地図で配達員の所在地を確認できて安心したことや、柔軟剤の香りの進化で香水要らずではないかといった具合ですね。

『元アイドル』のキャピキャピ感は感じられず、むしろ、地に足のついた女優さんといったイメージでしょうか。

そのなかで、とくに目を引くのは、亡くなられた竹内結子さんへのメッセージですね。

2020年9月20日にその思いを綴っておられました。

芸能界に入るきっかけが、竹内結子さんの存在だったという柏幸奈さん。

たしかに、彼女が最初に所属したのは、竹内結子さんと同じスターダストプロモーションでした。

オーディションでは、これを聞いた竹内結子さん担当のスタッフさんが、デビュー当時の秘話を話してくれたといいます。


その憧れの人の突然の訃報には、やはり胸を痛めておられるようですね。

このツイートから約1ヶ月、柏幸奈さんは更新をストップされていました。

悲しい別れをなんとか乗り越えて頂きたいですね。

伊倉愛美(元ももクロ)の現在!DHCの美容番組で活躍!結婚は?高校や大学はどこ?

コメント

  1. 久しぶり 一緒に活動してたけど下積み時代にお世話になりご無沙汰してました今は学校が忙しくて芸能界を引退しました高校もコロナ化で卒業式を挙げて今は福祉センターって言う施設に入っていますセンターを辞退して芸能界に復帰します柏幸奈さんこれからもずっと仲良くしてくださいそしていつかはももクロ一緒に活動したいなぁと思っていたんだけどできないから我慢しますこれからも女優さん辛抱していただければ嬉しいと思いますありがとうございましたおっきいももクロ任せてください