神田沙也加と松田聖子は紅白の曲は何を歌うのか!?声優の専門学校で鍛えていた!?

now03_140814

ふたたび母娘の共演となった第65回紅白歌合戦2014-2015での松田聖子と神田沙也加。

前回は松田聖子が「主」で神田沙也加が「従」的な扱いであったことは否めないところでしたが、今年は神田沙也加がアナ雪ブームでブレイクしたため、それぞれが「単独で」出場を果たしたと言えそうです。

そんなふたり、それぞれ紅白では何の歌を歌うのでしょうか。


神田沙也加プロフィール

名前 神田沙也加
別名 SAYAKA
生年月日 1986年10月1日
出身 東京都世田谷区
身長 157cm
所属 ファンティック

松田聖子プロフィール

名前 松田聖子
生年月日 1962年3月10日
出身 福岡県久留米市荒木町
身長 160cm
所属 felicia club(フェリシアクラブ)

前回の紅白共演は3年前

今回紅白歌合戦で「共演」する神田沙也加と松田聖子ですが、これは今回で2回めのこと。

初めての母娘共演は3年前の2011年暮れの紅白歌合戦でした。

このときは、松田聖子の「付録」としての神田沙也加だとして「親の七光りの極み」と揶揄する声も多かったようです。

親が偉大すぎると子供は計り知れないプレッシャーを嫌でも背負い続けることになってしまいます。

天才の母に絶望した娘

何の練習もなく本番に出ても、ばっちり歌ってしまう母の姿を見て、自分のお母さんは天才だと思った神田沙也加。自分は努力を重ねないとこうはなれない、と絶望したといいます。

神田沙也加歌手デビューの曲は20万枚のヒットを飛ばしますが、これは「松田聖子の娘がデビュー」という話題性と、10億円以上もかけたと言われるプロモーションがあってのことで、実際それ以降、目立ったヒットに恵まれません。

そして、自分の生きる道を母とは違う、舞台などに見出して自分で生き抜く力を身につけていきます。主役をやることも減って、地道に力を付けていきます。


そして2014年、空前の大ヒットアニメとなった「アナと雪の女王」での声優で、その存在がブレイクすることになりました。抜群の歌唱力と表現力は、もはや親の七光りではない、と誰もが認めるところとなりました。

この間、実は神田沙也加は舞台などに出演する傍らで、声優の専門学校に通ってみずからを磨いていました。

神田沙也加が通っていた専門学校

その専門学校とは、「ドワンゴ・クリエイティブ・スクール」で、神田沙也加が声優としてデビューしたときのことを報告しているページもありました。
⇒ ドワンゴ・クリエイティブ・スクールの神田沙也加デビューの知らせ

このスクールでは、現役の有名な声優が講師になっていたりすることで人気を集めているそうです。また、声優だけでなく、演劇、ダンス、ラジオ、ボーカルなどを教えてマルチに活躍できる人材を育成しているようです。

神田沙也加もここで力をつけて、それが実を結んだということですね。

ふたりは何の曲を歌うのか?

さて、第65回NHK紅白対抗歌合戦に出場するふたりですが、今回はそれぞれ何の曲を歌うのでしょうか。

まず神田沙也加ですが、こちらは普通に考えてアナ雪からの選曲となりそうです。劇中歌の「生まれて初めて」か、あるいは、「生まれて初めて」と「雪だるま作ろう」のメドレーか、といったところでしょうか。

そして、松田聖子ですが、こちらは初の大トリを務めるということで、まだまだ娘には負けないという存在感を発揮しています。


歌う曲目の予想はいろいろでき、関連記事にまとめています。
⇒関連記事「松田聖子、紅白での曲目は何?前回は「まばたき」が話題に!?夫の実家は群馬だっけ!?」

往年のファンにとっても、若い世代にとっても受け入れられるとなれば「赤いスイートピー」か「瑠璃色の地球」あたりでしょう。個人的にはヒット曲メドレーなんかがくれば非常にうれしいですね。

【関連記事】
中森明菜の紅白での復帰曲は何?「SONGS」の感想にも感激!
ももクロの紅白歌合戦2015の出演時間は?あかり登場でTwitter大騒ぎ!?Tシャツ数字の謎は解けた!?
いきものがかりは紅白になぜ選ばれたのか?曲目や出演時間予想に口パク疑惑情報も!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする