田川寿美の結婚&離婚と夫について。子供&兄弟も調査

中学生の時に出場した長崎歌謡祭でグランプリに輝き、10代でデビューした田川寿美(たがわとしみ)さん。

歌唱力に定評のある美人演歌歌手です。

NHK紅白歌合戦からは2002年を最後に遠ざかっていますが、その間にプライベートでは結婚、離婚という大きな変化かあったようです。

夫だった男性や夫妻の子供、また田川寿美さんの兄弟についてみていきます。

田川寿美の結婚と夫について

抜群の歌唱力から「美空ひばり2世」といわれ、『美空ひばり名曲集』のアルバムもリリースしている田川寿美さん。


1975年11月22日に和歌山県和歌山市で誕生しました。

13歳の時にMBS毎日放送の代表として出場した長崎歌謡祭でグランプリを受賞し、作詞家の悠木圭子さんにスカウトされて中学校卒業とともに上京します。

1992年に『女…ひとり旅』でデビューした時はまだ16歳だったといいますから、堀越高等学校卒業前のことですね。

このデビュー曲で日本有線大賞やメガロポリス歌謡祭の最優秀新人賞を獲得しました。

いわゆる苦節○年という下積み時代を経験せずに、デビューと同時に脚光を浴びた印象があります。

これまでの紅白出場は4回で、2019年現在は長良プロダクションに所属。

プライベートでは2011年、13歳年上の制作会社役員の一般男性と結婚しました。

好きな男性のタイプに『ゴルゴ13』のデューク東郷を挙げる一方で、理想の男性のタイプは中井貴一さんとも答えている田川寿美さん。

ちょっと言っていることがよくつかめません。

「恋愛相手と結婚相手は別よね」という意味もあるのでしょうか。

結婚当時、田川寿美さんは35歳、お相手は49歳。

夫は初婚ではない可能性もありますね。

二人は2年前に田川寿美さんの仕事先で出会い、初対面でインスピレーションを感じたのだとか。

10月10日にハワイで挙式しています。

田川寿美の離婚理由は?

結婚の翌年、2012年9月25日に故郷和歌山県の病院で男児を出産した田川寿美さん。

ところがその3年後、2015年6月に突然離婚を発表します。

田川寿美さんが報道各社に送付したFAXによると、離婚の理由は生活のすれ違いとのことでした。

また、お互いの仕事の都合によって、当初から別居生活だったことも明らかに。

4年の間にすれ違いが積み重なり、その溝を埋めることができなかったようです。

離婚という選択に至ったということは、もはや修復が不可能な状況だったのでしょう。

当時まだ2歳だった子供の親権は田川寿美さんが持つことになりました。

田川寿美の子供は息子

離婚発表の際には、今後も歌の道に邁進することをファンや幼い息子に改めて約束した田川寿美さん。

子供の名前「義正」は、お世話になった方から一文字をいただいて名付けたもの。

約4㎏もある大きな赤ちゃんだったのは、長身でプロレスラーのような体格だった夫に似たのかもしれないと話しています。

2019年に7歳を迎えた義正くんですが、過去に息子からプロポーズされたこともあったとか。

ママと結婚したいという言葉がとてもうれしかったそうです。

ブログに子供の話題や画像を投稿することはほとんどない田川寿美さんですが、明らかに義正くんを思わせる記事を綴ったことも。

早起きして 朝から 家族待望の あの、アニメ映画を観に 映画館へ。

青くて、丸くて 鈴をつけてる、あの、アニメです。

子供の頃から観ている アニメが こうして、大人になっても また、家族で観れるなんて

ほんと、凄いなぁ 楽しんできまぁす

ベビーベッドは父・利秋さんの手作りでした。

収納がついていたり、ティッシュが取り出せるようになっていたりと工夫を凝らした作りだったそうです。

シングルマザーとなった田川寿美さんですが、気になる再婚については消極的。

少ししんどいと本音を明かしたうえで、とはいえ全く一人もせつないので、茶飲み友達なら大歓迎とのことでした。

田川寿美の兄弟は何人?

田川寿美さんには姉、兄、妹がいることがわかりました。

子供の頃からみんなで一緒に演歌を習っていたものの、田川寿美さん以外はダサいという理由でやめてしまったそうです。

それぞれの名前や生年、職業などはつかめませんでしたが、田川家の兄弟はたびたびブログに登場しており、その絆の強さが伝わってきます。

『オールスター家族対抗歌合戦』にも出場したようです。

リハーサルで みんなが歌ってる姿をモニター画面で 観ていたら、

なんだか子供の頃の記憶が甦って グッときちゃいました。

どんな家族もきっと、いろいろあって

そんな、いろいろを越えて、絆が深まって

今日こうして、隣り合わせに存在していることが

感極まる思いでした。

田川寿美さん曰く、それぞれに性格が異なる4人だから面白いとのこと。

兄弟が多いと、こういう発見や面白味もあるのですね。

兄弟ついでに、田川寿美さんとゆかりの深い鳥羽一郎さん、山川豊さん兄弟についても紹介しておきましょう。

1999年には山川豊さんとのデュエット曲『終電何時?』もリリースしている田川寿美さん。

作詞が秋元康さん、作曲が後藤次利さんという異色のシングルでした。

「豪華夢の競演 兄弟演歌コンサート!ビッグ3」公演の話題も、「またまた3兄弟」と題してブログに綴っています。

昨日、今日と 2日間で、4ヶ所公演

鳥羽一郎先輩と 山川豊お兄ちゃんとの ジョイントコンサートで

福島県と宮城県、山形県にお邪魔しました。

いつもいつも ブログにあたたかいメッセージを ありがとうございます

嬉しくて 励まされます

これからもよろしくお願いいたします

2019年にも新曲やアルバムをリリースしている田川寿美さん。


インストアイベントからディナーショー、他の歌手との共演コンサートまで活動は多岐にわたるようです。

こうした地道な努力が30年近く第一線でいられる理由なのかもしれませんね。

コメント