中村美律子が病気で入院。今の活動まとめ。身長が意外?

パワフルな歌声とステージが魅力の中村美律子(なかむらみつこ)さん。
中村美律子さんの姿を見ると元気が湧いてくるという人も多いことでしょう。

中村美律子の身長はどれくらい?

紅白歌合戦に15回も出場するなど演歌界を代表する歌手の一人が中村美律子さん。
全国的な人気と知名度を誇りますが東大阪出身であり河内音頭がベースという事で大阪での人気は別格。


2001年のデビュー15周年コンサートを開催したのは何と大阪ドーム。
約4万人もの観客が集まるなど、アイドルにも負けていません。

ステージではいつも明るくパワフルな姿を見せる中村美律子さんですが幼少期は苦労の連続。
貧しい家系を支えるため小学2年生の頃から駅で新聞を売っていたそうです。

働き詰めだった母は中村美律子さんが小学生の頃に栄養失調で何度も倒れ、中学2年生の時には半身不随に。
それから1か月寝込んだ後、43歳の若さで亡くなってしまいます。

その後、家族はバラバラとなり幼かった弟や妹は親族に引き取られたそうです。
幼少期から歌が上手かった中村美律子さんは河内音頭が好きな近所の人の元へ。

その人が裕福だったため歌謡教室や高校に通わせてもらえたそうです。
こうして研鑽を積み演歌歌手として活躍する事になった中村美律子さん。

抜群の歌唱力だけでなく卓越した表現力によりパワフルなステージを見せますが身長は154cmしかないそうです。
身長が低いのは幼少期の生活が少なからず影響しているのかもしれません。

ただ、テレビで中村美律子さんを見ていると身長の低さを感じる事は殆どありません。
それだけ存在感と力強さがあるという事なのでしょうね。

中村美律子が病気で入院

歌を通じて多くの人に元気を届ける中村美律子さん。
「中村美律子=元気」というイメージをお持ちの方も多いことでしょう。

元気印という言葉がぴったりの中村美律子さん。
病気とは無縁に思えましたが2018年に入院していた事が分かり話題となりました。

中村美律子さんは前年の11月頃から腹痛を訴え潰瘍性大腸炎である事が判明。
その後、療養のため入院していたそうです。

自宅療養ではなく入院したのは事務所の意向が強かったようです。
というのも中村美律子さんが体調不良を訴えたのがちょうど年末年始の時期。
中村美律子さんの性格からして自宅にいると忙しくしてしまい療養にならないと思ったようです。

これまでハイペースで頑張り続けてきた中村美律子さん。
病気でもしなければ走り続けていたはずなのできっと良い休養になった事でしょう。

中村美律子の今の活動

「120歳の現役歌手」を目標としている中村美律子さん。
目標実現のために今も現役の歌手として活躍中。

毎年、新曲をリリースして座長公演も行うだけでなく岸和田市や東大阪の観光大使を務めるなど地域の活性化にも貢献。
1950年生まれという年齢を考えるとこれだけの活躍が出来るのは驚異的なことと言えるでしょう。

このままいけば中村美律子さんは「120歳まで現役」という目標を本当に達成しそうな予感がしてきます。

残念ながら2010年を最後に紅白歌合戦に出場していない中村美律子さん。
なんと約10年近くも出場していないんです。


まだまだ冬の時代が続いていると言われる演歌界。
ですが、これだけ精力的に活躍している中村美律子さんなので紅白歌合戦の舞台に返り咲く日も遠くないことでしょう。
もしかすると「120歳で紅白歌合戦出場」なんて前人未到の記録を作り出すかも。

中村美律子の家族。娘が歌手&息子は?結婚した夫は公務員