パクジュニョンの彼女と結婚について。兵役時期に関する最新情報まで

2012年、演歌曲「愛・ケセラセラ」でデビューした韓国人歌手のパクジュニョン。

彼は韓国でアイドルを夢見たいたのですが、兵役のことなどもあり上手く行かず、日本でデビューした異例なケースです。

その後、「顔」「河口湖」「羽田発」などの曲をヒットさせ多くの人気を得ていますね。

アイドルを夢見た青年が演歌歌手になった裏側のストーリはどんなものなんでしょうか。

パクジュニョンのデビューまでの物語と彼女と結婚、気になる兵役情報などをまとめてみました。

韓国でアイドルを夢見たパクジュニョン


日本で演歌歌手として活躍しているパクジュニョンは、実は韓国でアイドルを目指していたそうです。

確かに顔もカッコいいですし、歌の実力もあるし、アイドルになろうと思えばなれそうな雰囲気ですよね。

でも何度かデビューの話がなくなったり、デビューしたのにそれが上手く行かなかったりして、その夢は叶わず・・・

全てをリセットしたいという気持ちで訪れた日本で、パクジュニョンは大きな転換期を迎えることになります。

‘顔’がヒットして人気演歌歌手になったパクジュニョン

パクジュニョンはアイドルを目指していたものの夢が叶わなかった韓国を離れ、友人のいる日本を訪れるようになります。

そこで暖かい日本の雰囲気を魅了されたパクジュニョンは、赤穂観光大使に選ばれたりして、日本との縁を感じるようになったと言います。

その後、友人の紹介で山本譲二を紹介してもらえるようになり、それがきっかけで演歌歌手としてデビューしたんです。

2012年にデビュー曲「愛・ケセラセラ」を発売してからは、「嘆きの雨」、「顔」などを次々とヒットさせていきます。

特に人気が高かったのは「顔」で、彼の歌声にとっても似合っている曲という評価を受けました。

パクジュニョンの彼女と結婚について

演歌歌手として日本で様々な活動を頑張っているパクジュニョンですが、彼ももう30代半ば。

付き合っている彼女がいれば結婚のことを考えてもおかしくない年齢だと思いますが、今のところ恋愛はオープンにしていません。

演歌歌手といえどもアイドルみたいな人気を得ているから、彼女とか結婚を触れるのは気が引けるかもしれませんね。

でもパクジュニョンを好きなファンの方なら、彼女と幸せな結婚生活を送ってほしいとも思いますよね。

いつになるかは分からないのですが、素敵な彼女と結婚にゴールインする姿を見てみたいです。

パクジュニョンの兵役最新情報

パクジュニョンの兵役について気になる方も多いでしょう。

韓国の男性ですから、日本で活動しているとしても、兵役義務を果たす必要があります。


しかし、彼はもう既に兵役義務を終えているそうです。

兵役のことでアイドルの夢がうやむやになったこともあるみたいですが、早めに兵役義務を終えているのでファンとしては安心ですね。

コメント