ドンヘ(SUPERJUNIOR)の性格について。ウニョクとのエピソードとは

SUPERJUNIOR (スーパージュニア)は、韓国のベテラン男性アイドルグループ。

代表曲は『SORRY, SORRY』、所属事務所はSMエンターテインメントです。

バラエティ番組やラジオでの活動も多く行っています。

最近ではグループでの活動よりも個人での活動が目立ってきています。

今回はメンバーのドンへさんに注目してみました。

ドンへさんはどんな人なのか、どんな性格なのか、調べてみました。

同じくSUPERJUNIORメンバーのウニョクさんとの仲良しエピソードについてもまとめています。

どうぞ最後まで見ていってください!

ドンへはどんな人?性格は?

まずは、ドンヘさんはどんな人なのかから見ていきましょう。


ドンへさんは2001年のSM青少年ベスト選抜大会のイケメン部門で1位となり、オーディションに合格し、2005年に SUPERJUNIOR のメンバーとしてデビューしました。

イケメン部門で優勝されただけあって本当にイケメンです。

2010年にはドラマ『大丈夫、パパの娘だから』で俳優としても活動を始め、2012年にはドラマ『パンダさんとハリネズミ』で初主演も務めました。

大学でミュージカルを専攻していたこともあり、演技に興味を持っていたんじゃないでしょうか。

芸能活動の幅を広げて活動されているんですね。

つづいてドンへさんの性格についてです。

ドンへさんはお父さん思いで有名です。

音楽賞などをとるたび「お父さんありがとうございます」とコメントしています。

ドンへさんのお父さんはもともと歌手志望で、ドンヘさんに歌手になるよう勧めた人です。

SUPERJUNIORになったのはお父さんのおかげと言っても過言ではないかもしれません。

そんなドンヘさんのお父さんは2006年に亡くなってしまいました。

SUPERJUNIORがデビューしてから音楽番組で初の1位を獲得する1、2週間前のことだったそうです。

ドンヘさんが活躍を見せる前に亡くなってしまったなんて本当に悔やまれますね。

父親からのプレゼントされたブレスレットをいつも身に着けています。

ドンヘとメンバーウニョクの仲良しエピソード

ドンヘさんは同じくSUPERJUNIORのメンバーであるウニョクさんと仲良しです。

ファンの方々はふたりのことをまとめて「ウネ」と呼んでいます。

ウニョクさんの「ウン」とドンヘさんの「ヘ」を合わせて「ウネ」です。

韓国語表記で連音化という発音変化が起こっています。

ドンヘさんはウニョクさんのことが好きすぎるあまりにさまざまなエピソードを残しています。

「ウニョクがいないと1日も生きれない」「全ての対象になりたい」など、依存さえ感じる愛の発言をしています。

2人は別々の活動をするために長く離れてしまった時期があります。

久々に再会した時は嬉しくて涙が出そうになったそうです。

ウニョクさんにパソコンを貸してもらえなかった時も泣いてしまったそうです。


貸してもらえなくて悲しかったのではなく、ウニョクさんに拒否されたことがショックだったみたいです。

ドンヘさんがウニョクさんにベタぼれという感じですね。

ドンヘ(SUPERJUNIOR)の結婚、彼女は?少女時代ソヒョンとの関係とは

コメント