日本刺繍作家草乃しずかの「アトリエ草乃しずか」とは?母、三星静子は「個展は生きがい」と語る。

日本刺繍の作家である草乃しずかさんですが、そもそも日本刺繍とはどういったものなのでしょうか??

そして、母親は「古ぎれコラージュ」というあまり聞いたことのないものを手掛けていらっしゃる方です。

あまり情報が多くないお二人のことについてチェックしてみました。


日本刺繍作家の草乃しずか「アトリエ草乃しずか」とは??

そもそも「日本刺繍」とはいったいどういったものなのでしょうか?

簡単にいうと「絹糸を両手を使って刺していくいくという手法の刺繍」のことをいうのだそうです。

主に「着物」や「帯」、「相撲の化粧廻し」「日本人形」などといったものに用いられているそうで、日本の伝統的な刺繍なんですね。

引用:アトリエ草乃しずか

地方によってそれぞれまた違った言い方もあるみたいです。

現在は、市販されている着物や帯などに施されている刺繍は、ほとんどの物が機械で刺繍をしており、手作業での日本刺繍はとても珍しいとされているそうです。

そして、そんな日本刺繍の作家さんが草乃しずかさんなんです。

草乃しずかさんが刺繍とであったきっかけは、こどもがちいさかったため家で出来る趣味は何かないかなと探していたところ、フランス刺繍の「森山多喜子教室」という存在を知り、その教室に参加してみたことがきっかけだそうです。

それから2年後、「日本刺繍」に感銘を受けて「丹波正明」さんという方に日本刺繍を教えてくれるようにお願いしました。

そしてその7年後にNHK文化センターの講師に就任した草乃しずかさんは、そこから「日本刺繍作家」として大きく躍進していったということになります。

そして気になる「アトリエ草乃しずか」ですが、調べてみた所、草乃しずかさんの素敵なホームページでした。

そこには草乃しずかさんの作品の数々や、個展情報、日本刺繍教室についてなどの情報が沢山載っていますので、興味のある方は是非ともご覧になってみられてください。

素敵な作品がたくさんありますよ!!

⇒アトリエ草乃しずか トップページ nifty

母、三星静子「個展は生きがい」

草乃しずかさんのお母様でいらっしゃる三星静子さんですが、「古ぎれコラージュ作家」というものをされていらっしゃいます。

古ぎれコラージュとは、「古い布で作る布絵」のことなのだそうです。

⇒99歳三星静子の古ぎれコラージュとひとりの暮らし「99歳のわたしの目標」 – あしたの生活

そんな三星静子さんは何と現在99歳!!デビューは92歳の時だったのだそうで、買い物と掃除の一部でヘルパーさんの力を借りる以外はご自身で家事をこなしていらっしゃるそうなんです!!

好きな俳優さんは「ペ・ヨンジュン」さんだといいます。心もお若いですね!!

92歳から開いてきた個展を生きがいにしていらっしゃり、100歳での個展はもう決まっているのだそうですよ。

しかし、さらにその先まで考えていらっしゃるのだとか!!


好きな事は「行動力」さえあれば、いつからだって始められるという事をすごく教わったような気がします。

これからも元気にご活躍をしてほしいです。

⇒99歳三星静子の古ぎれコラージュとひとりの暮らし – あしたの生活

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする