別所哲也、妻と結婚馴れ初めとは。娘は低体重児もバイリンガル&愛犬について

豪邸すぎる新居が話題となっている別所哲也(べっしょてつや)さん。

映画館を建てたこともあるほど映画好きとしても知られています。

別所哲也のプロフィール

愛称:てっちん

本名:別所哲也

生年月日:1965年8月31日

身長:186cm

出身地:静岡県島田市

最終学歴:慶應義塾大学法学部法律学科

所属事務所:パシフィックボイス

別所哲也が妻と知り合ったのは得意な英語がきっかけ?

丸大食品のハムのCMで使用されたキャッチコピーから「ハムの人」として親しまれている別所哲也さん。


持ち前の英語力によりハリウッド映画に出演していますがその際に現地で紹介されたのが現在の妻である藤田ミナさん。

藤田ミナさんは親戚に日本マクドナルドの創業者として知られる藤田田さんがいるそうです。

別所さんと結婚した時の肩書も会社役員なのでかなり敏腕な女性であることは間違いありません。

20年近くも友人関係にあった2人はなぜ結婚に踏み切ったのでしょうか。

「20年の間柄なので気持ちを整理してからと思っていたが、子供を妊娠したのもある」

別所哲也さんは結婚についてこのように語っています。

どうやら出来ちゃった結婚、授かり婚のようですね。

長年友人関係にあったと言いますのできっかけがなければ結婚を強く意識することはなかったのかもしれません。

別所哲也の娘はバイリンガル?

別所哲也さんと藤田ミナさんの間には娘が1人います。

別所さんの結婚時のコメントに「子供が突然生まれた」とあるようにかなりの早産。

体重は1169gしかなかったそうです。

低体重児だったために別所哲也さんは医師から1週間持たない可能性も宣告され、産まれてから3か月間はNICUで過ごしたことを明かしています。

予定日よりあまりに早く生まれた場合に障害や後遺症が出ることがあります。

ですが別所哲也さんの娘にはそのようなことはなく元気に成長しているようです。

2009年に結婚、出産を経てから2年後に披露宴を行った別所哲也さん。

結婚から披露宴まで2年も時間があいた理由を、「3歳で元気に育った娘について報告をしたかった」と語っています。

英語が得意な両親の元で育った娘なので3歳の時には完全なバイリンガルになっていたようです。

意識的に日本語で話すこともあるそうですが家庭での日常会話は英語だと言います。

両親ともに世界で活躍した経験を持ちますので大きくなったら国際的に活躍する女性になりそうですね。

別所哲也の娘の近況

2009年に低体重で生まれてきたという別所哲也さんの娘さん。

命の危険が危ぶまれ3ヶ月入院したのち、3歳の頃には通常の体重までに成長したというので、もの凄い生命力の持ち主なのかも。

そんな娘さんも2021年は12歳になります。

元気に成長し、今ではインターナショナルスクールに通っていると別所哲也さん本人が明かしています。

別所哲也さんは娘を溺愛しているそうで、さぞかし過保護に育てていると思いきや、娘さんには様々な文化や価値観を学んでほしいと願っていて、海外留学も大賛成なのだとか。

スマホの中の情報だけで満足できてしまう世の中だからこそ、実際に体験し色々なことを吸収してほしいという考えのようです。

これから娘さんがどんな道に進んでいくのか、本当に楽しみですね。

別所哲也の結婚生活の今。奥さんから苦情!?

2009年に結婚した別所哲也さんと妻のミナさん。

交際期間が長かったため、出会ってからすでに30年以上経つのだとか。

これだけ長く一緒にいれば、不満も出てくるようで、奥さんは別所哲也さんに対する愚痴を明かしています。


どうやら、別所哲也さんは超がつくほどのせっかちだそうで、カップ麺を食べる時はお湯を入れて待つことができないため、すぐにかき混ぜて食べ始めるのだとか。

また、奥さんから、エレベーターに乗った時にボタンを連打するのはやめてほしいと苦情も。

さらに、外食の時には、飲み物すら待てないそうで、出かける前に電話で注文しておこうと言い出すそうです。

これくらいのことなら、幸せエピソードとも言えますが、マイペースな人にとってせっかちな人と行動を共にするのはなかなか大変なもの。

奥さんの性格はわかりませんが、30年も一緒いるということは、お互いの性格を理解し、愛称はいいのかもしれません。

別所哲也さんに浮気報道もないので、結婚生活は順調のようですね。

別所哲也の愛犬

最後に別所さんの愛犬についてです。

愛犬はハナという名前のトイプードルで、SNSに写真も投稿されています。

ハナは保護犬で、2017年の夏にペットショップで出会い、引き取ったそうです。

幼少期から犬を飼っていたという別所さん。

犬は家族も同然という感覚で育ってきたそうです。

別所さんはハナについて、「子供を産みすぎて、ブリーダーに捨てられたのかもしれない」と語っています。


保護犬や保護猫をなくすため、SNSに愛犬の写真を投稿し、命の大切さを訴えているのでしょう。

俳優のみならず、さまざまな活動で実績を残してきた別所さん。

今後も新たな取り組みを始める可能性が高いでしょう。

別所哲也の英語力と実家。会社役員&映画館設立で年収は?新居が豪邸

コメント