宮崎美子はかわいい&わざとらしい?出身高校と大学は?漢検からの漢字愛がすごい!

今もなおかわいいと言われ続けている宮崎美子(みやざきよしこ)さん。
クイズ番組でのわざとらしい素振りには理由があると言われているようです。
漢検取得は超名門高校と国立大学出身という才女が漢字愛に目覚めた結果?

宮崎美子はかわいい?わざとらしい?

「才色兼備の女子大生タレント」というジャンルを確立した宮崎美子さん。
お堅いイメージだった女子大生のイメージを覆した宮崎美子さんの功績は大きいでしょう。


そんな宮崎美子さんも既にアラ還で「おばあちゃん」と呼ばれてもおかしくありません。
それにも関わらず未だに可愛いと言われているようです。

(引用)めちゃくちゃ可愛いな
それで今のあの可愛らしい熟女になるなら良いわ (引用)

(引用)宮崎美子の恐ろしいのは今もかわいいこと(引用)

(引用)つーかこの人ずっとかわいい (引用)

還暦近くで可愛いと言われる女性は芸能界広しと言えど宮崎美子さんくらいではないでしょうか。
今でも昔と変わらない可愛さをキープしているのは本当に凄いことです。

一方で宮崎美子さんには「わざとらしい」という声も多いようです。
クイズ番組で答えが分かっているにも関わらず分からない振りをすることから言われているみたいですね。

ですがこのような行動を取るのは理由があるようです。
博学な宮崎美子さんなのでクイズ番組で正解しすぎたために番組に呼ばれなくなったことがあるんだとか。
そのため答えが分からず悩む演技をするようになったという噂です。

ですが今となっては分からない振りは宮崎美子さんのキャラクターの一つと言えます。
そのわざとらしい素振りを楽しみにしている視聴者もいることでしょう。

宮崎美子の出身高校と大学は?

才色兼備を地で行く宮崎美子さん。
出身高校は偏差値が73という超難関校の熊本高校です。

元々は大分県で生活をしていた宮崎美子さん。
偏差値64の大分教育学部附属中学校から偏差値70の上野丘高校に進学しています。
入学試験では499点(500点満点)でトップ入学したそうです。

熊本高校には宮崎美子さんが高校2年生の時に父親の転勤によって熊本に引っ越した時に編入しています。

yoshiさん(@tonton1187)がシェアした投稿

偏差値70オーバーの高校を卒業していますが大学は熊本大学の法門学部。
偏差値は58なので平均よりもやや高いくらいでしょうか。

宮崎美子さんの学力を考えれば東大や京大も狙えたことでしょう。
よっぽと地元が好きだったのか親が独り暮らしを許さなかったのかのどちらかでしょうね。

宮崎美子の漢字愛が凄すぎる

漢字の知識が芸能界でも屈指と言える宮崎美子さん。
移動中など時間がある時には漢字の勉強をしているそうです。
地頭の良さだけでなく努力して得た知識なんですね。

漢字愛が溢れる宮崎美子さんは「『Qさま!!』PRESENTS 宮崎美子のスッと漢字が書ける本」という本を出版しています。
漢検を受験する人なら必読ともいわれる宮崎美子さんの本。

(引用)著者の漢字への愛情が横溢する1冊です。漢検1級を目指す人、必携の書。(引用)

(引用)博学多才な宮崎さん、大変真面目で勉強熱心な方であることは間違いないです。(引用)


このように読者の人からは高く評価されています。
タレントが出す勉強本は中身が薄かったり無いことがありますが宮崎美子さんの本は違うようです。

宮崎美子さんがどれだけ真面目に感じに取り組んでいるか分かりますね。

宮崎美子の漢検勉強法

準1級に合格した後で1級の問題集を解いたところ200点満点中7点しか取れなかったという宮崎美子さん。
1級に合格するにはおよそ160点が必要なので絶望的ともいえるスタートでした。

準1級で覚える必要があるのは3000字ですが1級だと6000字と言われています。
また1級を合格するためには準1級に費やした勉強時間の10倍近い勉強時間が必要とも言われます。

勉強に集中できる学生ならともかく、宮崎美子さんは芸能界で日々忙しい生活を送っています。
そんな中でどうやって漢検1級に合格したのでしょうか。

宮崎美子さんは「自分辞書」という手書きのノートを作ったそうです。
自分辞書とは自分で要チェックだと思った字を纏めたノート。
書き込みなどが出来るように余白もたっぷり取るなど工夫が凝らされています。


市販のテキストは重くて嵩張ることから自作したという自分辞書。
漢検1級に合格するまでに4冊もの自分辞書を作ったようです。

宮崎美子さんが漢検1級に合格できたのは空き時間で効率的に勉強できる自分辞書のおかげだったようですね。
独自で勉強法を思いつくなんて宮崎美子さんは流石です。

宮崎美子は結婚して娘が?夫は誰?篠山紀信が恩人で志村けんが大ファン?

シェアする