檀ふみの自宅&母について!事務所&檀れいとの関係は?阿川佐和子が大親友?

お淑やかな雰囲気を持ちながら話が面白いという一面もある檀ふみ(だん ふみ)さん。
頭の回転の速さは作家である父から受け継いだ才能でしょうか。

檀ふみの所属事務所は?

女優に声優、エッセイストとして活躍する檀ふみさん。


1カ月に渡り高校生レポーターとしてカナダを訪れたのが初めての芸能活動でした。
その後、映画デビューのきっかけを作ったのが父であり作家の檀一雄さんと映画プロデューサーの俊藤浩滋さん。

この二人に騙されて撮影所に連れていかれた檀ふみさん。
嫌々ながら衣装合わせをしていた際に主演の高倉健さんと出会い、あまりの格好良さに檀ふみさんは映画出演を決めたそうです。

当初は女優としての活動が主だった檀ふみさんですが、父の檀一雄さんの影響もありエッセイストとしても活動しています。
親友の阿川佐和子さんと共著の「ああ言えばこう食う」では第15回講談社エッセイ賞を受賞するなど文才も高く評価されています。

多方面でマルチに活躍する檀ふみさんが所属するのは「檀ふみ事務所」。
名前の通り檀ふみさんの個人事務所。

場所は高級住宅街の港区白金台。
美術館に自然教育園もありアカデミックな雰囲気が漂う白金台は知的な檀ふみさんの事務所にぴったりの場所でしょう。

檀ふみの母はどんな人?

檀ふみさんの父親が作家の檀一雄さんというのは有名でしょう。
檀一雄さんが20年以上にわたり書き継ぎ遺作となったのが「火宅の人」。
同作品が映画化された際に檀ふみさんも出演し話題となりました。

では檀ふみさんの母はいったいどんな人だったのでしょうか。
檀ふみさんの母親は酒造の令嬢だったという山田ヨソ子さん。
山田ヨソ子さんは一般の方ということもあり詳しい情報はありませんでした。

ちなみに山田ヨソ子さんは檀一雄さんの2番目の妻。
最初の妻は開業医の娘だった高橋律子さん。

檀一雄さんと高橋律子さんの間には長男が誕生していますが、結婚から3年後に腸結核のため高橋律子さんは亡くなっています。
その後、再婚したのが山田ヨソ子さん。

檀一雄さんと山田ヨソ子さんの間には檀ふみさんを含めて4人の子供が生まれます。
ですので檀ふみさんは5人兄弟です。

檀ふみの自宅は豪邸?

檀ふみさんの実家は石神井公園の近くにありました。
利便性も良く住みやすいことから石神井公園の周囲には高級住宅が立ち並んでいます。

直木賞に読売文学賞、日本文学大賞と数々の受賞歴がある檀一雄さんなので高級住宅街に住んでいても不思議ではありません。
檀ふみさんも実家に住んでいたようですが区画整理により立ち退きをしています。

檀ふみさんは実家があった場所からは立ち退きをしていますが、今も石神井公園の近くにお住みのようです。
自宅の場所は分かったものの自宅の外観などは分かりませんでした。

檀ふみと檀れいの関係は?

実は血縁関係があることが分かり驚くことがある芸能界。
芸能界は広いようで狭いということなのでしょうか。

檀ふみさんと檀れいさんも血縁関係があると噂される二人。
「檀」という姓が珍しいことから血縁関係が疑われているのだと思いますが、檀ふみさんと檀れいさんに血縁関係はありません。


「檀ふみ」という名前は本名ですが「檀れい」は芸名で本名は及川まゆみ。
名前が「まゆみ」ということから「檀の木」とかけて名付けた芸名なんだとか。

苗字が同じであり二人とも美人なので間違えるのも仕方ないことかもしれません。

檀ふみと阿川佐和子は大の仲良し

檀ふみさんと大の仲良しとして知られる阿川佐和子さん。

お二人は30年ほど前にリポーターとして知り合ったとそうです。
盟友と呼べるほど親しくなったのは共に慶應大学出身で父親が作家という共通点があったからかもしれません。

そんなお二人が舌戦を繰り広げたと話題になったのが阿川佐和子さんが司会を務める「サワコの朝」。
檀ふみさんと同じく長らく独身だった阿川佐和子さん。
元大学教授の男性と結婚したこともあって檀ふみさんに

あなたは奥様にもならず?

結婚する気ないでしょ

と発言。
すると檀ふみさんは

それは阿川さんがどのくらいお幸せかによる

と見事な切り返しを見せました。

本当に仲が良い二人だからこそ出来るこのやり取り。
お二人の頭の回転の良さも感じられますよね。


今後も檀ふみさんと阿川佐和子さんがテレビで共演する機会は少なくないでしょう。
今度はどんなやり取りで私達を楽しませてくれるのかワクワクしてしまいますね。

檀ふみの結婚&夫は?まだ独身?有名人が娘?現在まとめ!

コメント