藤島康介が結婚した嫁”ねこむ”について。離婚歴のある再婚だった

人気漫画家でイラストレーターとして人気の藤島康(ふじしま こうすけ)介さん.

31歳年下の”ねこむ”と言う女性と結婚をして話題になりました。

今回は嫁さんとして選ばれた”ねこむ”さんについてや、藤島康介さんが離婚歴あって再婚だったと言う噂について見て行きます。

藤島康介が結婚した嫁の”ねこむ”はどんな人?

藤島康介さんと結婚した”ねこむ”さんは「御伽(おとぎ)ねこむ」という名前でコスプレイヤーとして活動していました。

本名は奥山 美都輝(おくやま みつき)さんと言うらしく、2015年4月1日からは大手事務所「ホリプロ」に所属していました。


少し変わった”御伽”という名前は、たまたま辞書を開いて目に入った単語だったそうです。

“ねこむ”についてはOTOGIをサインっぽく書いたら寝てるネコの形に見えた事から引用したそうです。

2012年の「第8回日本橋ストリートフェスタ」でコスプレイヤーの”えなこ”さんに出会った事が縁でコスプレを始め、2013年末のコミケ(コミックマーケット)で雑誌に取り上げられ多くの人に知られるようになりました。

その後は日本一人気のコスプレイヤーとしてメディアで特集が組まれ、コスプレイヤーとして雑誌のグラビアを務めるまでになりました。

ビジュアル面だけでなく、プロフィールにもある”Jカップ”もインパクトがあって男性人気を獲得しました。

御伽ねこむさんは以前から漫画家を志していたらしく、2014年4月から専門学校(漫画学科)に進んでいました。

専門学校での勉強と仕事を両立させ、グラビア以外にもゲーム関係のイベントにも引っ張りだこでした。

藤島康介さんとの馴れ初めについてはハッキリしていませんが、どうやら2014年3月頃にインタビューを通じて知り合ったそうです。


その後、2014年5月26日には御伽ねこむさんの方から住所を聞くなど積極的にアプローチしていました。

誰でも見る事ができるツイッター上で大胆なやりとりをしていました(笑)

他にもインタビューなどで理想の男性像に触れていましたが、今から思うと藤島康介さんに当てはまる事ばかりでした。

「50歳くらいの男性が好きです。ただし、絵の上手い人に限りますが(笑)」

御伽ねこむさんは好きな漫画として藤島康介さんの「ああっ女神さまっ」を挙げていました。

そして、親密なツイートから約2年後の2016年6月28日に入籍&妊娠の報告をツイッターでしていました。

発表当時は51才の藤島康介さんと20才の御伽ねこむさんの”年の差婚”でも話題になり、結婚発表から1ヶ月後の7月26日に第一子を無事に出産しています。

藤島康介は離婚歴のある再婚だった

藤島康介さんは初婚ではなく離婚歴がある再婚だったと一部で噂になっていました。

漫画家なので芸能人の様に結婚や離婚が取り上げられる事はありませんが、どうやら2014年に離婚が成立していたそうです。

離婚する前から前妻との結婚生活は破綻していたそうですが、子供が成人するまで離婚はしなかったそうです。

一連の流れから逆算すると1994年より前に結婚した事が分かります。

藤島康介さんには前妻以外にも約15年間交際をしていた女性がいたそうです。

2001年から2016年まで彼女の住む福岡にマンションを借り、藤島康介さんが訪れる形の同棲生活をしていたそうです。

藤島康介さんは多い時で月に20日近く福岡に滞在していたそうです。

「藤島さんが女性の職場まで迎えに行き、食事をして一緒に帰る毎日だったそうです。編集者が打ち合わせのために福岡に来た際にも彼女が同席していました」

もし事実だとすれば、前妻との別居生活の段階で関係を持っていたと言う事になります。

その女性は結婚をするために前妻との離婚を待っていたそうですが、結果的に藤島康介さんは御伽ねこむさんと再婚しました。


再婚後に交際していた女性は「一方的に別れを告げられて精神的苦痛を受けた」として裁判を起こしています。

裁判がどうなったかなどの続報はありませんが、本業以外の女性関係で評判を落とすのは残念な気がしますね。

藤島康介、現在の年収は?バイクや愛車が凄い

コメント