【ふなっしー】中の人が女に変わった!?行列・大渕愛子のものは30万!?

now03_140814

千葉県船橋市から、非公認のまま全国的な超の付くほどの人気を得たふなっしー。

ゆるキャラの中でも、他とは一線を画した強烈な個性で、その人気は衰えるところを知らずにますます多くの注目を集めているようです。

ふなっしーの中に入っている人についても注目され、また、「行列のできる法律相談所」でおなじみの大渕愛子弁護士が尋常ではないふなっしーファンであることもよく知られています。


ふなっしーの中の人の噂

大人気のふなっしーですが、大人気すぎて、いろいろ調べられて、いろいろとネット上で噂がたっています。

もっともネットで噂になっているのが、やはり「中の人」。

「ふなっしー」を検索すると、「中の人 変わった」「中の人 女」といった関連キーワードが出てきます。

「中の人が変わった」ってどういうこと?誰から誰に?

女の人が入っているの?

と、いろいろと詮索したい気持ちが膨らんできます。

どういうことか調べてみると、分かってきたことがあります。

ふなっしーの中の人は雑貨屋さん?

ふなっしーは、もちろん、設定としては人間ではありません。2000年に一度生まれる梨の妖精だったかと思いますが、もちろん、実際は中に人間が入っているわけです。

そして、ふなっしーは良くも悪くも非公認キャラなので、活動は個人がやっていると考えられます。

その個人というのが、特許庁のホームページから情報が漏れでてしまいます。

「ふなっしー」を商標登録の出願をした人物がいて、それが特許庁のサイトで公開されているデータベースに掲載されているのです。

その人物というのが、北見健二さんという男性です。

この男性、千葉県船橋市で雑貨屋を営んでおり、店名を「VINTAGE-HOUSE」というようです。

さらに、ふなっしーが踊る動画に、この雑貨店の店内とよく似た場所で撮影されたものがあるということで、かなりの確立で北見健二さんがふなっしーの中の人ではないかと、ネット上では定説となっているようです。
⇒よく似た店内で踊るふなっしーの動画

さらに、「行列のできる法律相談所」にふなっしーが出演したとき、フットボールアワーの後藤輝基が「キ◯◯」さんと呼んで、ふなっしーがピクッと反応するシーンがあり、もうここまでくれば、確定と言ってしまえるほどです。

女の人?変わった?

そして、「女の人」だとか「変わった」とかいったワードの意味ですが、「女」に関しては、ふなっしーの声があまりに甲高いので、中の人が女性だと思っているひとが非常に多いのです。そして、このワードで検索する人も多くなっているためだと思われます。

また、「変わった」ですが、これは中の人が変わったのではなく、「ふなっしー」自体の変化を指しているのでしょう。

というのも、ふなっしーは実は4号まで存在するのです。行列のできる法律相談所で東野幸治が支援して2号が生まれた後、3号までできた際には、3匹のふなっしーが勢揃いして、「なしゅーむ」というグループを結成してしまっていました。
⇒なしゅーむの画像はこちら

さらにその後、4号まで登場して、それぞれが微妙に違うつくりになっていて「変わった」のです。

今後、5号、6号と増えていって、「HNS48」なんてグループまで結成してしまうかもしれませんね。。。。

行列のできる法律相談所・大渕愛子弁護士のふなっしー

行列の大渕愛子弁護士が大のふなっしーファンで、愛車までふなっしー仕様になっているのは有名な話です。

部屋中ふなっしーだらけで、今や弁護士大渕愛子というよりも、ふなっしーマニアとしての印象のほうが強いくらいです。

そんな彼女ですが、以前番組の企画で実物のふなっしーが提供したルームウェアとオウム返しの人形(試作品)をセットで30万円を出して購入していたそうです。


彼女のふなっしー部屋と呼ばれる部屋の様子はすご過ぎます。
⇒大渕愛子公式ブログ「大渕愛子の無駄のない日々」

これまでにふなっしーグッズに費やした金額は100万はくだらないそうですが、彼女の年収が4000~5000万円もあるとも言われていますので、なんてことはないのでしょうね。

コメントを残す