小野寺太志に結婚の噂、彼女とペアの指輪(リング)ネックレス?好きなタイプは高畑充希

小野寺 太志(おのでら たいし)さんは日本代表の主将を務めるなど存在感を増しています。

実力もさることながら、クールさとかわいらしさが同居した素顔も人気になっていました。

今回は小野寺さんの結婚や彼女の有無、高畑充希さんとの関係について見ていきましょう。

小野寺太志のプロフィール

本名:小野寺 太志 (おのでら たいし)

身長:201cm

出身地:宮城県名取市

生年月日:1996年2月27日

ポジション:ミドルブロッカー

所属チーム(選手歴):JTサンダーズ広島

小野寺太志は結婚していない可能性が高い

まずは女性ファンなら気になってしまう小野寺太志さんの結婚について見ていきます。

2022年の誕生日で26歳を迎えていることから「結婚適齢期」真っただ中と言えますが、自身のツイッターやインスタグラム、メディアを通じての結婚発表はしていませんでした。


ただ、芸能人と違って結婚を報告する義務はないので”100%独身”とまでは言い切れません。

とは言っても小野寺さんは誠実かつ真面目な性格なので、本当に結婚をしたとすれば応援してくれているファンに隠すことなく真っ先に報告するはずです。

ちなみに、結婚願望については「あります」と明言をしているので、どこかで運命の人と出逢えば現役中であってもためらわずにゴールインする可能性が高いでしょう。

ファンからすれば小野寺さんに良い人が現れて幸せになって欲しいという気持ちと、まだ結婚して欲しくないという気持ちが同居する複雑な心境なのかもしれませんね。

彼女や指輪(リング)ネックレスがペアという噂

次は小野寺太志さんの彼女やアクセサリー(指輪・ネックレス)を見ていきましょう。

小野寺さんの彼女については色々と検索されている様子が伺えますが、2022年現在のところは明確に恋人と言えるような存在の女性は確認できていません。

そんな中、女性ファンを中心に小野寺さんのアクセサリーが注目を集めていました。

そのアクセサリーは「リングネックレス」で、トップにジュエリーではなく指輪を装着することから彼女(恋人)への想いを表現する意味があるそうです。

オシャレ目的でリングネックレスを着用する人はそれほど多くないことから、ファンの間では「匂わせ?」などと彼女の存在を気にする声が上がっていました。

また、バレーボール選手は試合中に指輪をすることが出来ないので、愛する人への意思表示としてリングネックレスを身に着けることが多いそうです。


色々と心配する声がある一方、2021年末にファンコミュニティの作成を報告した動画ではリングネックレスをしておらず、指輪もしていない点は注目すべきところかもしれません。

小野寺さん本人が公表していないので彼女の有無を断定することはできませんが、リングネックレスを着けていたことを考えれば特別な人が居たとしても不思議ではないでしょう。

ちなみに、ネックレスのブランドは石川祐希さんらが愛用している「SEV」とのことでした。

小野寺太志の好きなタイプは高畑充希

最後に小野寺太志さんと人気女優・高畑充希さんの関係を見ておきましょう。

高畑さんと言えばNHKの連続テレビ小説「とと姉ちゃん」のヒロイン役など女優だけでなく、ナレーションや歌手としても活躍するマルチタレントとして広く知られています。

もはやテレビで見ない日は無いというほどの活躍ぶりで世代を引っ張る存在になっています。

そんな国民的女優と小野寺さんの関係が話題になっていたので調べると、広島の生活情報紙「リビングひろしま」の取材で高畑さんを好きなタイプとして挙げていたことが発端でした。

ちょっと意外な気がしないでもないですが、高畑さんの名前を挙げた直後に「それは全然変わってないと思う」と発言しているので割と長めのファンということが伺えます。

また、高畑さんが5歳年上という点もまったく気にしておらず、むしろ少しだらしない性格なので面倒見が良い”お姉さん的な人”がタイプと明かしていました。

別のインタビューでは「料理が上手い人」や「デートプランを提案してくれる人」などを挙げているので、どちらかと言えば積極的にリードしてくれる女性に惹かれるのでしょう。


これは小野寺さんが”おっとり”しているタイプということだけでなく、厳しい戦いが続くコートを離れた私生活では彼女に身を任せたいという癒しの面があるのかもしれませんね。

高畑さんへの想いが成就するかどうかは何とも言えませんが、叶わずとも理想に沿った素晴らしい女性と巡り逢ってファンに良い報告をしてくれると願うばかりです。

山内晶大が結婚。妻との馴れ初め。指輪&ネックレスのアクセが話題。過去の経歴まとめ

清水邦広の離婚。中島美嘉との馴れ初め&子供は授からず。現在はそれぞれの道へ

コメント