中野尚美は病気?askaが兄で加護亜依が子供?親友の可愛かずみとの現在

アイドルとしてデビューするも現在は多方面で活躍する中野尚美(なかのなおみ)さん。
askaさんを兄と呼び加護亜依さんを子供と呼ぶのは亡くなった親友が心残りだから?

懸命に病気と闘う中野尚美

「世界の中野」と呼ばれる元競輪選手の中野浩一を夫にもつ中野尚美さん。


1983年にデビューした元アイドルですが同期に売れたアイドルがいないことから「不作の83年組」と言われることも。
現在は「NAOMI」という芸名で歌手やタレントだけでなく芸能事務所の社長としても活動しています。

そんな中野尚美さんは今から8年前、45歳の時に子宮筋腫に罹患。
発見時は悪性ではありませんでしたが放っておくと悪性になる可能性があることから子宮を全摘出しています。
転移が心配されたため3年間は病院に通い検査をするも転移はなし。

これで何の心配もなく日常生活が送れると思いきや、2014年に甲状腺機能低下症とリンパ腺腫という病気になってしまったそうです。
子宮摘出時に副作用や弊害が出る恐れがあることを告げられていたという中野尚美さん。

(引用)仕方ない、と
少し辛いですが
前向きに受け止めています。(引用)

このように病と前向きに闘う姿勢を見せています。
治療法が進歩している昨今ではこれまでは治らなかったような病気や治療が難しい病気も回復の兆しがみられるようになっています。

定期的に検査を受けていたことで早期発見でき、早期の治療法で済んでいることも心の支えになっているんでしょうね。

askaが中野尚美の兄?

世間に衝撃を与えた「CHAGE and ASKA」のaskaさんの逮捕。
中野尚美さんはaskaさんのことを兄と呼び慕っていますが実の兄ではありません。

30年来の友人関係にあるという中野尚美さんとaskaさん。
askaさんに薬物疑惑が持たれた時にも連絡を取り合っていたそうです。

askaさんが逮捕された後もaskaさんを擁護する姿勢を見せており、今でも食事等をする関係を続けている様子。

四半世紀も友人関係にあるとはいえ薬物を使用する人とは縁を切りたくなるのが普通です。
それにも関わらずaskaさんと友人関係を続ける中野尚美さん。

人が良いのか世間知らずなのかは分かりませんが普通の人とは違う考え、感性の持ち主なのは間違いなさそうです。

加護亜依が中野尚美の子供?

アイドル時代は「あいぼん」の愛称で大人気だった加護亜依さん。
未成年での喫煙や俳優との不倫、交際相手の逮捕などすっかりダーティーなイメージとなってしまいました。
中野尚美さんはそんな加護亜依さんのことを娘と呼び可愛がっています。

二人は2010年頃に知り合いのパーティーで知り合ったそうです。
中野尚美さんも昔はアイドルだったことから親しみが湧いたそうです。

娘と呼び可愛がりながらも時には喧嘩をすることもあるんだとか。
喧嘩をするというのは本当に加護亜依さんのことを気にかけている証拠でしょう。

今では中野尚美さんが社長を務める芸能事務所「アルカンシェル」に加護亜依さんが所属するほど二人の絆は強いものとなっています。


中野浩一さんと中野尚美さんの間には子供はいないことから本当の子供のように思っているのでしょうか。
askaさんだけでなく加護亜依さんにまで門戸を開放する中野尚美さん。
よっぽどトラブルメーカーが好きなのでしょうか。

今も親友の墓参りを欠かさない中野尚美

中野尚美さんには墓参りを欠かさない親友がいます。
その親友とは「可愛かずみ」さん。

32歳の時にマンションの7階から飛び降り帰らぬ人となった可愛かずみさん。
過度の精神的ストレスが原因だと言われています。


中野尚美さんは今でも可愛かずみさんの力になれなかったことを後悔していると言います。
また、可愛かずみさんの分まで生きなければならないとも語っています。

中野尚美さんは思い悩んでいた可愛かずみさんの力になれなかったことが心残りとなっているからaskaさん、加護亜依さんに救いの手を差し伸べているのかもしれません。

シェアする