風間ゆみえの年収は?インテリア&ファッションが話題。アクセサリー&結婚指輪は?

「大人かわいい」ブームの生みの親として知られる風間ゆみえ(かざまゆみえ)さん。

誰にも真似できない唯一無二のファッションセンスが常に注目を集め続けています。

風間ゆみえの年収は?

誰もが認めるトップスタイリストの風間ゆみえさん。

そこで気になるのが年収ですよね。


一般的なスタイリストの年収は400万円〜600万円。

トップスタイリストともなれば1000万円を超える事もあるようです。

人気ファッション誌で活躍する風間ゆみえさん。

スタイリストとしての年収は間違いなく1000万円を超えているでしょう。

ただ、風間ゆみえさんはスタイリストだけでなくディレクターとしても活躍。

2018年にはブランド創立20周年を記念して「LA MARINE FRANCAISE」のディレクターに就任。

その他、自らが立ち上げた「31 Sons de mode」というブランドも手掛けています。

これらの収入もかなりの額となっているはず。

数千万円の稼ぎがあっても不思議ではありません。

その他、人気スタイリストという事でメディアでインタビューを受ける事も少なくありません。

これらをすべて含めると年収は3000万円〜5000万円くらいではないでしょうか。

やはり日本を代表するスタイリストだけあってかなりの年収となっていますね。

風間ゆみえはインテリアも注目の的

日本を代表するトップスタイリストの1人である風間ゆみえさん。

「ViVi」や「sweet」、「GLAMOROUS」など多くの人気ファッション誌でスタイリストとして活躍。

その卓越したスタイリング技術で著名人からラブコールを受け仕事をする事も。

出版した書籍はオシャレな女性達のバイブル的な存在に。

どちらかと言えば裏方の仕事と思われがちなスタイリスト。

それにも関わらず世の女性達から憧れられるなんて本当に凄い事ですよね。

そんな風間ゆみえさんが注目を集めるのはスタイリングだけではありません。

自宅とアトリエのインテリアセンスも注目を集めているんです。

風間ゆみえさんにとっては収納もインテリアの一つ。

「お気に入りは眺めていたい」という思いから靴は靴箱にしまうのではなくディスプレイ。

職業柄、沢山ある洋服は色ごとに分けておいたり、スタイリングした状態でセットする事も。

そうする事で忙しい時でも服装に悩まされる事が無いんだとか。

ただ、風間ゆみえさんの自宅は最初からこのようなインテリアだったわけではありません。

当初は物が非常に多く、靴は200足も所有していたそうです。

それがシンプルなインテリアに変わるきっかけとなったのが引っ越しでした。

風間ゆみえさんは2011年10月10日に国内外でサーフブランドを手掛ける高濱明洋さんと結婚。

結婚後、夫に「物を減らしたら」と言われた事もあったそうですが、頑なに拒否していたそうです。

そしてその後、葉山に自宅を購入して引っ越しする事に。

新居がよっぽど気に入ったのか、家具も無い時に布団だけ持って夫と犬を連れて泊まりに行ったんだとか。

自宅には何もないため、触れ合えるのは夫と犬だけ。

それまでの溢れんばかりの物に囲まれた暮らしとは全く逆の状態でした。


すると「シンプルの良さ」を実感したという風間ゆみえさん。

これまで物に対して割いていた時間を大切な人との時間に使える事に気付き、物を減らす事を決意したそうです。

ライフスタイルに大きな変気を与える引っ越し。

世間にも引っ越しを機に断捨離をする人も多い事でしょう。

風間ゆみえさんもそんな一人だったんですね。

ただ、思った事を実行に移して継続するのは簡単な事ではありません。

こうした努力を積み上げてきたからトップスタイリストと呼ばれるようになったのでしょう。

結婚でファッションセンスが変化した

若き日は多くの物に囲まれて幸せを感じていた風間ゆみえさん。

そのため海外旅行に行った際には段ボール5箱分は買い物をしていたそうです。

海外の流行を日本に紹介したいという思いもあったのでしょう。

ただ、自分の為という思いもあったはず。

毎日のように新しい服に身を包む事に幸せを感じていたのかもしれません。

ところが今や「選りすぐりの物だけ」とファッション感が大きく変化。

そのきっかけとなったのは夫の存在だったそうです。

夫の温もりにより気持ちが満たされた風間ゆみえさん。

そこから物にも必要なのは量ではない、と思うようになったそうです。

過去に出版した書籍ではコーディネートされた服や雑貨を紹介していました。

ですが、ファッション感の変化後に出版した書籍「Lady in RED」で紹介するのは「ファッション哲学」。

そのため、決められたスタイルは提示せず。

読者が自らの答えにたどり着くための哲学が提案されています。

おそらく過去の風間ゆみえさんは「自分のファッションが正しい」という自負があったはず。

それが今となっては「正解のファッションは人によって違う」と変化しています。

その根本にあるのは「温もりを感じられる物は人によって異なる」という思い。

これだけ心境を変化させるなんて。

風間ゆみえさんにとって夫の存在が非常に大きい事が分かりますよね。

風間ゆみえはアクセサリーもプロデュース

ワンポイントとして身に着ける人も多いアクセサリー。

アクセサリーがファッションを引き立てる事も多いですよね。

もはやファッションの一部と言っても過言ではないアクセサリー。

そのため、風間ゆみえさんはアクセサリーもプロデュースしているんです。

風間ゆみえさんがプロデュースするのはアクセサリーブランドは「Chang Mee」。

トップスタイリストが手掛けただけあって非常に細かなところまでこだわりぬいて作られているそうです。

その素晴らしさはジュエリー業界の専門家も一目置くほど。

ジュエリー業界の悪しき常識を根本から覆せるブランドになると期待が寄せられています。

様々な業界から注目を集める風間ゆみえさん。

不世出のスタイリストと呼んでも決して過言ではないでしょう。

風間ゆみえが結婚指輪に選んだのは?

2011年10月に箱根の宮ノ下富士屋ホテルで結婚式を挙げた風間ゆみえさん。

結婚式には梨花さんや鈴木えみさんなど、モデルや芸能人が多く出席。

雑誌でも特集が組まれるなど大きな話題となりました。

トップスタイリストだけにどんな挙式を行ったのか気になるのでしょうね。

ウエディングドレスは世界でも活躍するデザイナーの丸山敬太さんに依頼。

そのドレスに合わせたのはルブタンのパープルの靴。

こんな所からもスタイリストらしいこだわりが見られますよね。

そして結婚指輪に選んだのはティファニーのチャネルセッティング。


ダイヤモンドが一周ぐるりと埋め込まれた素敵なデザインとなっています。

トップスタイリストが一生物の結婚指輪として選んだリング。

きっと多くの女性の憧れのリングとなった事は間違いないでしょう。

コメント