景山民夫の死因は未解明?妻は大津朋子&子供には障害?小川知子との関係とは

数々の人気番組を世に送り出した放送作家の景山民夫(かげやま たみお)さん。

日本のテレビ史に景山民夫さんの名前が残ることは間違いないでしょう。

景山民夫のプロフィール

本名:景山民夫

生年月日:1947年3月20日

死没:1998年1月27日(50歳没)

身長:185cm

出身地:東京都千代田区

最終学歴:慶應義塾大学文学部中退→武蔵野美術短期大学デザイン科中退

所属事務所:不明

景山民夫の死因は解明されていない?

父が警察官僚で母方の祖父が政治家という家庭で生まれ育った景山民夫さん。

優秀な家系のようで、名門の武蔵中学・高校を経て慶應義塾大学に進学。

その後、留年を重ねた事で慶應義塾大学を退学。


デザインに関する仕事をしたくなったことから武蔵野美術大学短期大学のデザイン科に進みました。

景山民夫さんは短大在学中の1968年に放送作家となると、伝説のバラエティ番組「シャボン玉ホリデー」に携わることに。

その翌年に短大のキャンパスがロックアウトした事で渡米。

1年半に渡るニューヨークでの生活を終え帰国した景山民夫さんは再び放送作家としての活動を再開。

「タモリ倶楽部」や「11PM」など多くの人気番組を手掛け、多い時には週に12本もの番組を掛け持ちしていたそうです。

放送作家という裏方でありながら景山民夫さんは積極的にテレビ番組に出演。

また、エッセイスト、小説家としても活躍するなど多才な活躍を見せていました。

そんな景山民夫さんですが仕事のために大川隆法さんの著書を読んだ事で「幸福の科学」に入信。

1991年の講談社フライデー事件など、マスコミを強く批判するようになったことで多くの連載が打切り。

親しかったビートたけしさんや大橋巨泉さん、高田文夫さんも景山民夫さんとの距離を置くようになってしまったそうです。

宗教に入信した事で多くのものを失ってしまった景山さん。

1998年1月27日に自宅で亡くなっています。

タバコを吸いながらプラモデルを作っていたことで気化したシンナーに引火。

火傷、一酸化炭素中毒が死因だと報じられました。

ところがこの死因はマスコミが報じたものであり公式な発表はなし。

検死が行われるも結果は公表されていません。

プラモデル製作で使用される塗料や接着剤の多くに「火気厳禁」と書かれているにも関わらず喫煙していたという不自然とも思える状況。

それに幸福の科学に入信していたという状況もあって景山民夫さんの死因は今もなお多くの憶測が飛び交っています。

景山民夫が再婚した妻は大津朋子

景山民夫さんが結婚したのは24歳の時。

お相手は大学時代に知り合った女性でした。

二人の間には3人の子供が誕生していますが結婚から6年で夫婦生活は破綻。

それから3年の別居を経て離婚しています。

その後、景山民夫さんは大津朋子さんと再婚しています。

大津朋子さんと出会ったのは前妻との別居期間中。

大津朋子さんと再婚するためにどうしても離婚したかった景山さん。

1億円もの慰謝料と月々35万円の養育費という条件で離婚しています。

ちなみに当時の景山民夫さんの月収は50万円だったと言われています。

如何に離婚したかったかが良く分かります。

その後、景山民夫さんと大津朋子さんは揃って「幸福の科学」に入信しますが先に入信したのは大津朋子さん。

当初はそんな大津朋子さんをからかっていたそうですが、次第にハマってしまったようです。


熱心な信者となった景山さんと大津朋子さん。

友人や知人にも大川隆法さんの著作を送るなど布教活動を行っていたと言われています。

景山民夫さんは大津朋子さんと出会っていなかったら全く違った人生を送っていたかもしれません。

景山民夫の子供には重い障害があった?

前妻との間に3人の子供がいた景山民夫さん。

子供達は一般人のため性別や年齢は不明。

ただ、分かっているのは長女には重い障害があったということだけ。

景山民夫さんの長女は障害のために一度も自力でベッドから起き上がる事が出来なかったそうです。

18歳であまりにも短すぎる生涯を終えた景山民夫さんの長女。

長女を巡る喧嘩や軋轢が前妻の離婚原因の一つとも言われています。

景山民夫と小川知子の関係は?

宗教法人では入信しているタレントが広告塔の役割をする事が少なくありません。

景山民夫さんが入信した「幸福の科学」も最近では千眼美子さんや新木優子さんが信者である事を明かしています。

かつて女優や歌手として活躍した小川知子さんも「幸福の科学」信者の一人。

知名度も影響力も高い景山民夫さんや小川知子さんは幹部扱いだったそうです。

二人も期待される役割を把握していたのか、講談社フライデー事件の際には街頭で抗議活動を実施。

その様子は大きく報じられ「幸福の科学」という名前を世間に印象付ける役割を担いました。

また、景山民夫さんが亡くなった際には小川知子さんは真っ先に駆け付けたそうです。

「幸福の科学」という宗教法人が二人の関係を強固なものにした事は間違いなさそうです。

幸福の科学と小川知子

1980年代にドラマ「金曜日の妻たちへ」の出演で人気を集めた小川知子さん。

1970年前後にはアイドル歌手として活動されていました。

「金曜日の妻たちへ」のファンだったという谷村新司さんから直接オファーを受け、1984年にデュエットソング「忘れていいの−愛の幕切れ−」をリリース。


この曲が大ヒットとなり、歌手としても知られるようになりました。

そんな小川知子さんが、幸福の科学の信者であることが明らかになったのは、1991年に起きた「講談社フライデー事件」。

当時、講談社は雑誌「フライデー」や「週間現代」で大きな広告キャンペーンを実施し注目を集めていました。

そんな中、幸福の科学の批判的な記事を多数掲載し、幸福の科学の代表である大川隆法氏が、記事の内容が虚偽であるとし、名誉毀損で講談社を告訴及び提訴したのです。

訴訟開始前には、講談社の本社前でデモを起こしたり、手紙や電話、ファックスで社長退陣要求などを訴えました。

ファックスの数は5万5千通にも及んだといい、その重量はなんと240kgだったそう。

そして、幸福の科学の信者の景山民夫さんと小川知子さんを会長と副会長とし、「講談社フライデー全国被害者の会」が結成され、小川知子さんが信者であることが公になったのです。

小川知子さんはもともと、宗教家の高橋信次さんの著書に感銘を受けたのだそう。

その後、幸福の科学の大川隆法氏の著書に出会い、なんども読んでいるうちに信者になったのでした。

景山民夫さんが亡くなった時、真っ先に遺体安置所に駆け付けた小川知子さんは、こんな発言をされています。

「彼が息を引き取る時、私は見ていたの。」
「この辺りに天使が舞い降りてきたの。」

この発言に対し、景山民夫さんの娘さんは、父はこの部屋で亡くなったのではなく、病室で亡くなった後にこの部屋に移されたと反論しました。

小川知子さんは、娘さんの反論は特に気にすることなく、信者の仲間たちと「臨終の奇跡」について語り合っていたそうです。

小川知子の現在

幸福の科学の広告塔だった小川知子さん。

2017年2月に女優の清水富美加さんが幸福の科学に出家した際は大きな騒ぎとなりましたが、小川知子さんは一切表に出ずノーコメントでした。

しかし、2010年7月頃から信者として、幸福の科学の月刊誌「アー・ユー・ハッピー?」にエッセイを連載しているようなので、今も信者であることは変わりないようです。

また、歌手としても2000年頃から各地でコンサートを開催するなど活動を再開しているそうです。


何を信じるかは人それぞれ自由なのですが、宗教色が強い発言をしテレビで扱いにくい存在となってしまった小川知子さん。

かつてのファンにとっては少し寂しいと思いますが、彼女自身が幸せでいることが何よりと思っているファンも多いのではないでしょうか。

高田文夫の現在!事務所は?病気で心肺停止?ダウンタウン&たけしとの関係

コメント