永島聖羅の出身中学、高校、大学まとめ。兄がいる?

元乃木坂46の永島聖羅(ながしま せいら)さん、2019年現在は24歳とのことで、スムーズならば中高大と学生生活は終えているはずですよね!

出身校はどこなのでしょうか!?

また、「仏の永さん」と呼ばれた彼女が生まれ育った環境も気になりますね!

兄弟はいるのでしょうか!?

永島聖羅の出身中学はどこ?同級生はデマ!?当時の部活は!?

愛知県碧南市で生まれ育った永島聖羅さん。

出身の中学校についてはウワサレベルでも見当たりません。

一応、Yahoo!知恵袋には、中学時代の同級生を自称する人もいますが、あくまで自称であって有力なソースとは言えませんね。

乃木坂46の長島聖羅が卒業するらしいですね。

僕は彼女と同じ中学校で一年次以外話したことはありませんが、ほんとにテレビに出てる彼女のまんまで面白く、友達と時々話してます。 彼女の顔がもう少し恵まれてたら、もっと仕事あったのにな〜笑 なんて冗談言ったりしてます。 僕たちの地元碧南は有名な人もいなく、みんな聖羅の活躍を喜んでいました。

乃木坂ファンの皆さん、せいらりんこと長島聖羅を応援してくださってありがとうございました! 地元民としてなんか嬉しかったです笑

最後のliveを良いものにしてあげてください。

(最後にどうでもいいことですが、長島聖羅は中学時代彼氏はいませんでした。)

字を間違ったり、1年次以来話したことはない割に呼び捨てだったりと、ブレブレな印象がありますよね。

しかし、どんな中学校生活を送っていたのかについては、ご本人のブログなどから直接語られています。

所属していたクラブはテニス部で、なんと応援団長も務めていたようですね。

アンダーメンバーでコンサートを行うときなどには、1期生としてまとめ役を担っていたなんとも彼女らしいエピソードですね!

永島聖羅の高校はどこ!?友達との関係は!?大学には行ってるの?

出身の高校についてですが、こちらは愛知県立碧南高等学校ということを永島聖羅さんが公表していますね!

ちなみに、『ぼくらの七日間戦争』で知られる小説家・ライトノベル作家の宗田理さんも同校を卒業されています。

乃木坂46の1期生オーディションを受験したのが2011年でしたので、高校2年生の時ですね。

合格後は上京という条件がありましたので、この前後で碧南高校を転校しています。

しかし、そこは乃木坂46を卒業した今も仲間思いの永島聖羅さんですから、転校後も高校の友人と仲良くされているようです!

2017年12月18日のブログでは、地元の友達のほうから東京に会いに来てくれたことが綴られていますね!

なお、大学には行っていないとの情報ですが、乃木坂46の前にもいつくつもオーディションを受けていた永島聖羅さんですから、やはりマルチタレントや女優としての道を極める覚悟ということでしょうか!

永島聖羅に兄が2人!?『仏の永さん』が天使と呼ぶ存在は!!?


永島聖羅さんには2人のお兄さんがいらっしゃるそうです。

しかし、昔はそのお兄さんに手を焼いていたそうですね。

「私、お兄ちゃんに小さい頃――、小学校3、4年生ぐらいのときお金を取られていて、気づいたら1000円ないってことがありました。合計で、10万円ぐらい取られています。お兄ちゃんと本気でケンカしたこともあります。私が『お金取られていること、分かってるんだよ!』と言い、財布の中には『〇円入ってます』とかの紙を入れて対抗しました。私は貯金が好きなんです。中学生の時、コツコツ貯めていたお金を今返して欲しい。利子5倍ぐらいつけたいですね……」

実は、こんないたずら…というかギリギリアウト?なことまでしていたそうです。

でも、こうしてご本人が公にもしていることですし、実際は、今はもう笑って許しているということでしょう。

仏の顔も3度までとはよく言いますが、どうやら『仏の永さん』の場合はもっとキャパシティがありそうですね。

2017年8月12日のブログでは、1番上のお兄さんの結婚式について綴られています。

どうやら飲食店を経営されているのでしょうか?

結婚する前から、名古屋に行く時は家に遊びに行かせてもらってて

お兄ちゃんは店を経営してるんですけどそこにご飯食べに行ったり

何かと可愛がってもらってます

実際、私が東京行ってからのが連絡とるようになったかな?

酔っ払って電話かかって来たりたまにしますけど、

そこも含め出来るいいお兄ちゃんです(*^_^*)笑


お互い成長したからこそ築ける良い兄弟仲という感じがして良いですね!

ちなみに、この1番上のお兄さんと思われるご家族に双子のお子さんが生まれたようです!

親戚が元乃木坂46なんて羨ましいですね!!

永島聖羅の現在。卒業理由&事務所移籍について。白石麻衣、イジリー岡田との関係とは

コメント