川上大輔の経歴。事務所を移籍?五木ひろしとの関係&声が話題

プラチナボイスと呼ばれる唯一無二の歌声を持つ川上大輔(かわかみ だいすけ)さん。
ルックスもアイドル顔負けと非の打ちどころがない新世代の歌手として注目を集めています。

川上大輔の経歴が気になる?

氷川きよしさんや山内惠介さんなど演歌界や歌謡界にも端正な顔立ちの歌手が増えています。
そんな中、「ビジュアル歌謡の新星」と呼ばれ注目を集めるのが川上大輔さん。


端正な顔立ちで身長が180cmというモデル顔負けのスタイル。
更に高い歌唱力まで兼ね備えていれば人気が出ないはずがありません。

大学生の頃に歌手を目指した川上大輔さん。
その後、8年にも及ぶ下積みを経て2013年2月に「ベサメムーチョ」で歌手デビュー。

同年4月21日に50組100名を招待して開催されたファーストライブには1000通以上もの応募が殺到。
デビュー直後から大勢のファンを獲得していた事が分かります。

セカンドシングル「アモーレ・アモーレ」はオリコンの演歌・歌謡曲部門でウィークリー1位。
続く3rdシングル「言葉に出来ない男です」はドラマの主題歌に抜擢されるなど華々しい活躍を見せた川上大輔さん。

2014年6月1日にキャパが500名を超えるヤクルトホールでのライブもチケットは即完売。
演歌・歌謡曲の新人では異例の快挙として大きな話題となりました。

その後もリリースする楽曲は軒並みヒット。
2019年4月17日にリリースした「女神のリズム」はオリコン総合シングルチャートで16位にランクイン。

川上大輔さんが今後の演歌・歌謡界を引っ張っていくといっても過言ではないでしょう。

川上大輔は声が特に評判?

アイドルと違って演歌・歌謡界では見た目以上に重要なのが歌声。
いくら見た目が良くても歌が今一だと全て台無しになってしまいます。

川上大輔さんは「ビジュアル歌謡の新星」と言われるなど見た目ばかりに注目が集まっています。
ですが実は見た目以上に声が高く評価されているんです。

川上さんの澄んだ歌声は「プラチナボイス」と呼ばれ、約3オクターブという音域の広さ。
耳を閉じて歌声だけ聴くと女性が歌っていると勘違いする人もいるそうです。

川上大輔さんの歌声は事務所の先輩である梅宮辰夫さんや歌手のジュディ・オングさんも大絶賛。

歌声をCDで聴くのも良いですが生の歌声に勝るものはありません。
「プラチナボイス」を体験してみたい方は川上大輔さんのコンサートに是非とも足を運んでみてください。

川上大輔が事務所を移籍した?

デビューしてからこれまでに9枚のシングルと2枚のアルバムをリリースしている川上大輔さん。
実はこの間に1度だけ移籍をしているんです。

芸能人が移籍と聞くと殆どの人が所属事務所の移籍を思い浮かべるでしょう。
ですが、川上大輔さんが移籍したのは所属事務所ではなくレーベル。

デビュー当初はワーナーミュージック・ジャパンの所属でしたが、6枚目のシングルからは日本クラウンの所属となっています。


ワーナーミュージック・ジャパンに比べると格段に演歌・歌謡曲の歌手が多い日本クラウン。
きっと川上大輔さんの移籍は英断だったと言えるでしょう。

ちなみに川上大輔さんの所属事務所はグッデイです。

川上大輔と五木ひろしの関係は?

日本演歌界の大御所中の大御所である五木ひろしさん。
川上大輔さんがデビューした当日に自身のコンサートのゲストに呼ぶなど大変可愛がっているようです。

まさかデビュー日に五木ひろしさんのコンサートで歌うなんて思ってもいなかったはず。
川上大輔さんは生きてきた中で一番緊張したことでしょう。
逆に最初にこれだけ緊張感のあるステージを経験していれば、どんなステージも平常心で乗り越えられそうですね。

その後も五木ひろしさんは川上大輔さんの事を気にかけているようで公演やコンサートのゲストに何度も招いています。

15歳の頃に父親を亡くしている川上大輔さん。
もしかすると五木ひろしさんの事を父親のように思っているかもしれません。


いつか紅白歌合戦という大舞台に二人そろって出演する姿を見てみたいものです。
川上大輔さんの活躍ぶりを見ると近々実現するような気がします。

川上大輔の学歴は広島大学?兄弟&家族について。結婚&気になる性格は?

五木ひろしの性格はいい?悪い評判に反省?嫁も有名人&子供(娘)が美人で話題!

コメント