石野理子、赤い公園ボーカル抜擢の歌唱力とは!高校は広島女学院!?過去には炎上

2018年2月24日をもって解散した発表したアイドルネッサンス。

現在、そのメンバーだった石野理子(いしの りこ)さんは、ロックバンド『赤い公園』のボーカルとして活躍されています。

その歌唱力の評価、気になりますね!

広島出身の彼女はカープの大ファンですが、そのことで過去には炎上もあったんだそうです。

そして、高校に関しては広島女学院とのウワサもあるようです。

石野理子、アイドルネッサンスから赤い公園新ボーカルへ!歌唱力の評価は!?


2018年2月24日に解散したアイドルネッサンスですが、同年5月4日に出演した『VIVA LA ROCK 2018』にて、ロックバンド『赤い公園』への加入が表明されました!

赤い公園といえば、メンバーの津野米咲さんがSMAPの『joy!!』を作詞作曲されたことでも有名ですね。

ところが、ボーカルを務める佐藤千明さんが2017年8月31日に脱退して以降、解散はしていないものの、失速は止むを得ずといったところだったようです。

その佐藤千明さんに変わってボーカルとして迎えられた石野理子さん、公式サイトではやる気満々のコメントを残しています。

このとき、アイドルからロックバンドへと活躍の舞台が変わることへはしっかりと自覚したそうです。

気になる歌唱力ですが、実はアイドルネッサンス自体、スピッツやいきものがかりといったアーティストのカバー曲を中心に活動してきたグループのようです。

そのため、歌唱力には一定の評価もあるようですが、なかでも最も上手いと言われていたのが石野理子さんでした。

赤い公園とは事務所も同じソニー・ミュージックアーティスツでしたので、加入も比較的スムーズだったと思われます。

2016年9月22日には、マツダスタジアムにて広島東洋カープ対阪神タイガースの試合前に登場した石野理子さん。

国歌斉唱という大役を見事に成し遂げています。

その歌声がこちらです。

いやあ〜お上手ですね!

天性の表現力が今後赤い公園でどのように発揮されるのか注目ですね!

石野理子の高校は広島女学院!?ウワサだけ?得意科目は?

石野理子さんが通われていた高校は、広島女学院というウワサがあるようです。

同校は、女優の戸田菜穂の妹にあたる戸田麻衣子さんや元チェキッ娘の上田愛美さんなどの出身校にあたります。

とはいえ、これはご本人による公言ではなく、あくまでウワサレベルに留まるようですね。

具体的な校名は明かされずとも公式サイトの『百問百答』というコーナーにて、学校生活について明かされています。

得意科目は、古典、漢文、数学Iということでこれは高校1年生のときに綴ったものかもしれませんね。

文系に進むか、理系に進むか悩ましいところでしょう!

そんななかで、ご自身の学生生活については気になる記述がありました。

<(_ _)> ←こんな感じです。。。煩くも静か過ぎもしないです

この顔文字からははっきりとしませんが、低姿勢かつ、楽しく過ごしているという感じという理解でよろしいのでしょうか…?

石野理子、カープ愛強すぎてツイッターで炎上!阪神巨人ファン怒らせる?


広島出身だけあって、プロ野球でも広島東洋カープを応援している石野理子さん。

その思いが強すぎたのか、2017年9月14日のツイートでは、他球団ファンを怒らせてしまったようです。

この日、広島はDeNAを5-4で下し、優勝へのマジックを1としました。

阪神タイガースと読売ジャイアンツ戦の結果如何では、地元での優勝が決まるという状況で石野理子さんがツイートした内容が以下です。

先に書いておくと、炎上したことによって消去されているため、テキストでもご紹介します。

カープ勝ったぁぁぁぁあ

先ほどズムスタの前を通ったら、誰も球場から出ていませんでした

カープファンはホームで優勝するのを待っているので、今日は巨人・阪神の皆さん、空気を読んで下さい

26年ぶりなんです…………

気持ちは分からなくもないですが、とくに後半の空気読んで下さいという部分は阪神巨人ファンのカンにさわってしまったようです。

このツイートに対して寄せられた声には「謝罪しろ」「選手に失礼」のようなものがあったようですね。

後半は、阪神ファンによるものではないでしょうか?

表現に問題があったとはいえ、同じプロ野球ファンならば一定の理解もあるはずです。


ここまで噛み付くのもどうかとは思いますが、前述のようにツイートは削除されました。

ちなみに、もし、石野理子阪神ファンで阪神が同じ状況、ツイートも同内容としたら『阪神ファンっぽいな〜』くらいで終わったかもしれないですね!

南端まいなの高校はどこ?ラグビー関連でかわいいと話題!好きなチームは早稲田大学?

コメント