クリストフルメール騎手の経歴と年収まとめ。嫁は美人&子供は?日本の家は京都の豪邸

日本で活躍する外国人騎手と言えばクリストフ・ルメール(Christophe Lemaire)さんです。

競馬界で数多くの記録を打ち立てていますが、経歴や現在の年収なども気になりますよね。

今回はルメールさんの経歴や年収、嫁さんや子供など家族についてリサーチしていきます。

クリストフルメールの経歴

まずはクリストフルメール(以下ルメール)さんの経歴について見て行きましょう。

1979年5月20日にフランス北部のオワーズ県で父・パトリス、母・マリさんの間に産まれますが、実はこのオワーズ県には競馬ファンにもお馴染みのシャンティイ競馬場があります。


ルメールさんの父親は障害レースの名ジョッキーとして知られる存在だったそうです。

父親の勧めで普通の高校に通いながら週末は厩舎の手伝いをして経験を積み、1999年に競馬学校を卒業せずに騎手免許(フランス)を取得するという珍しい経歴を持っていました。

フランスのリーディングでトップ3に入ることはありませんでしたが、フランスのG1レース「パリ大賞」や「サンクルー大賞」を制覇するなど大舞台で強い騎手として知られています。

2002年から短期免許を取得して日本の中央競馬でも騎乗を始め、2005年の有馬記念ではハーツクライ号に騎乗してディープインパクト号に初の敗北を味わわせる快挙を成し遂げました。

あまりに衝撃的なレースだったのでルメールさんに対して”恨み”を持つディープファンもいたそうですが、そんな波乱すら今から見れば競馬史の一部なのは時の流れを感じます。

以後もヴァーミリアン号やウオッカ号でG1を制覇するなど華々しい成績を残し、2015年に外国人として初めてのJRA騎手試験に合格して短期では無い通年騎乗の道を拓きました。

JRAに移籍した理由は「日本が好き」という点もありましたが、大きなウェイトを占めたのは2014年に大馬主の”アーガー・ハーン4世”との優先騎乗契約が打ち切られたことだそうです。

日本ではあまり馴染みのない”優先騎乗契約”ですが、海外の場合は有名な馬主と専属契約を結ぶことは一種のステータスなので契約が打ち切られたのは相当なショックでしょうね。

2017年にはレイデオロ号で日本ダービーを制覇し、2018年には武豊さんが持っていた年間212勝という前人未到の記録を3勝伸ばして「年間215勝」という大記録を打ち立てました。

ルメールさんにとっては不幸な契約打ち切りでしたが、それによって日本競馬で大ブレイクしたことを考えると嬉しいような悲しいような複雑なところかも知れませんね。

クリストフルメールの年収

次はちょっと気になるルメールさんの懐事情について見て行きましょう。

騎手の年収は獲得賞金の5%が主な収入源になりますが、他にも騎手手当や騎手奨励手当、大きなレースでは副賞として商品券やお米などがもらえる場合があるそうです。

2019年のJRA最多賞金獲得騎手に輝いたルメールさんの賞金は「35億4,723万8,000円」なので、賞金からの収入だけでも約1億7,700万円という驚くべき年収になります。

手当は騎手奨励手当(1レース16,500円)が1040万円、騎乗手当(大きなレースほど高い)が約1,788万円なので手当だけでも一般人を超えていることに驚きますよね。

他にもテレビや雑誌の取材などを加味すると年収は約2億1,000万円になりますが、活躍に比べて金額を多いとみるか少ないとみるかは意見が分かれるところでしょう。

もっとも、騎手は手当が充実しているのでトップよりも中堅以下に優しい仕様とも言えます。

クリストフルメールの家族や自宅

次は陰ながらサポートをしてくれる嫁さんや子供といった家族を見て行きます。


嫁さんはバーバラさんという同い年の女性で、ルメールさんと同じく父親が騎手だそうです。

日本への移住を相談した際には「子供を連れてどこまでも付いて行く」と後押しをしてくれ、単身赴任ではなく家族そろってフランスから京都へ引っ越すことになりました。

子供は2人ほど授かっており、第一子が長男のルカさんで第二子が長女のアンドレアさんです。

ルカさんはルメールさんが26歳の時に授かったと言われており、アンドレアさんは2017年のテレビで8歳と紹介されていたので2020年現在だと15歳と11歳前後と推測できますね。

また、自宅は関西所属なので滋賀県栗東に近い京都市内に住んでいるそうで、ルメールさんの通勤には少し遠いですが子供が通えるフランス人学校もあるので満足しているそうです。

家が豪邸か気になるところですが、ツイッターに上げていた動画に少しヒントがありました。

動画に映っている背景を見る限り一戸建てタイプではなくマンションに住んでいることが分かりましたが、詳しい住所や自宅の間取りまでは明らかになっていない様子でした。

日本の騎手免許を取得したとは言っても帰化はしていないので、現役を引退後は日本を離れてフランスに戻ることを考えれば戸建てよりマンションを選ぶのは当然でしょう。


競馬ファンからすると引退後も日本に残って欲しいところですが、こればっかりはルメールさんと家族が決めるべき問題なので第三者は決断を見守ることしかできません。

ただ、今は将来の事よりも日本の良さを味わって良い思い出をたくさん作って欲しいですね。

荻野極騎手は空手もすごかった。荻野琢真との関係。上手いと評判も成績低迷の理由とは

坂井瑠星の特徴と年収。矢作芳人調教師と親が知り合い&オーストラリアでの成績と怪我

コメント