しくじり先生、杉村太蔵の神回のまとめ!出演者がカンニング竹山の回の感想は?

sugimurataizou_kao01_150827_a (1)

「面白い」とよくきくテレビ番組のしくじり先生に、杉村太蔵さんが先生として出演した回が神回だったとインターネットで話題になっているそうなんです。

また、カンニング竹山さんが出演された回は「〇〇」についての名言が連発したということなんですが、どんなことについての名言なんでしょうか??


「神回だった」と話題の杉村太蔵が出演した回の内容のまとめ!!

しくじり先生として杉村さんが出演された回が「神回」だったとネットでは話題になっています。中には「下手な芸人よりも格段に面白い!!」「映画化は無理だとしても2時間ドラマ化を熱望する!!」という声もあるくらいだそうです。

元衆議院議員で現在はタレント・政治評論家として活動されている杉村さんですが、なんでも正直に言葉にするところがとても面白く、メディアでもよく拝見します。

そんな杉村さんは「失言し続けてしまった先生」として番組に出演されました。

証券会社のサラリーマンから突然衆議院議員に当選した20代の杉村太蔵さんは、興奮のあまり「BMWに乗りたい」など、普通に庶民的に思うことをそのまま発言しまくって、世間から「大バッシング」をうけました。

他にもハニートラップの話や国会議員は新幹線グリーン車乗り放題だといったことなどを明るくまくしたてるように続けていたようです。

まとめると「杉村さんは強運を持っているクズ」だということ。そして「魅力があるクズ」だということだそう。その運に身を任せて「しくじってきた」ということ。

クズっていうと言葉は悪いけど色々な才能はちゃんと持ち合わせていたからこそ、杉村さんの経歴と今のポジシションがあるのでしょう。

そんな杉村さんの人生に「現在進行形でしくじってませんか?」と生徒役から声があがる始末だったそうです。

この面白さに「メンタルの強さが半端ない!!なんか元気になる」「伝説レベルで面白い!!」「今の若者に受けそう」などと、神回になるぐらいの面白さだったという声が続出しているということだそうです。

「しくじり先生からの教え」の深さはさておいて、杉村さんはこれからもあのキャラでどんどん活躍なさっていくのでしょうね。

カンニング竹山出演回、「〇〇」についてのギャグや名言連発!?

すぐキレる芸で大活躍のカンニング竹山さんですが「安易な借金で色んな人に迷惑をかけちゃった先生」として出演されました。

竹山さんは芸人として全く売れていない20代前半、相方の中島さんが原付で交通事故を起こした時の示談金を工面するために「消費者金融」から借金をしました。その時に簡単にお金を借りれるということに味をしめ、働くことをさぼって遊び、結果として借金が莫大に増えてしまったそうです。

借金返済のためにまた借金をし、母親やその時の彼女に返済させるなど、心配や迷惑をかけ続けます。

そんな話の中で、借金をしていたころの自分は「借金をしてるぐらいが芸人としてカッコいい」と振り返ってみたり、借金を繰り返し、感覚がマヒしていたころの自分の心境は「ガンガン行こうぜ」とドラクエ風に言ってみたり、「キャッシュアンドローン♪キャッシュアンドローン♪」と後輩芸人の鳥居みゆきさん風に言ってみたりと、ギャグを交えながら、名言と借金の怖さを語っていたそうです。

そして最終的に、心を入れ替えた竹山さんは「しくじりから抜け出すためには、自分自身で解決しなければならない」と、みずから裁判所に通って債務整理の手続を行ったそうです。

すべてが片付き、数年ぶりに見た東京の「空は青かった」とのこと。


たしかに、何年も借金に追われていたら空なんて見る余裕なかったんでしょう。文字通り世界が広く感じた瞬間なんでしょうね。みなさんはどう思いますか?

借金は本当に怖いという事がよく伝わる回だったみたいですよ!

関連記事:しくじり先生、堀江貴文の回の内容と感想!獄中で読んだ本の冊数や名言の数々!!

関連記事:しくじり先生、出演者の「生徒たち」も大興奮!?オリラジの名言で神回と話題に!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする