田中健の妻と子供。再婚相手は加賀千景、元妻・古手川祐子との離婚理由とは

テレビドラマ『俺たちの旅』(1975年)で活躍した、俳優の田中健(たなか けん)さん。

映画、朝ドラ、大河ドラマなど幅広い作品で活躍しました。

また南米の楽器ケーナの演奏家としても活動しています。

今回は田中さんの妻、子供について見ていきましょう。

再婚相手の加賀千景さん、元妻の古手川祐子さんについて気になる方は、要チェックです。

田中健のプロフィール


本名:田中研一

生年月日:1951年3月6日(1953年説あり)

身長:173cm

出身地:福岡県筑後市

最終学歴:福岡県立八女高等学校

所属事務所:オスカープロモーション

田中健の妻について

まず田中さんの妻について見ていきます。

1992年のNHK大河ドラマ『信長 KING OF ZIPANGU』では、老優が演じることの多い佐久間信盛を40代で演じ、話題となりました。

順調に芸能界で活躍してきた田中さん。

しかし私生活は、一筋縄ではいかなかったようです。

最初の結婚は、女優の古手川祐子さんが相手でした。

古手川さんはカネボウのキャンペーンガール出身の、美人女優です。

1986年に2人が結婚した際は、美男美女の夫婦として話題になりました。

しかし結婚生活はうまくいかず、1999年に離婚。

その後、古手川さんは再婚していませんが、田中さんは別の女性と再婚しました。

また2人の妻との間に、1人ずつ子供をもうけています。

以下で子供、妻、それぞれの詳細について見ていきましょう。

田中健の子供は誰?

田中さんの子供は2人いて、いずれも娘さんです。

先妻の古手川さんとの間に長女、再婚相手の加賀千景さんとの間に次女をもうけました。

長女は女優の綾那さんです。

1987年生まれで、所属事務所はエーチーム。

東宝映画『BRAVE HEARTS 海猿』(2017年)や、舞台『デルフィニア戦記』に出演しています。

美形の両親を持つ女優にふさわしい、クールビューティ系の美人です。

田中さんの次女は、2021年現在まだ中学生のため、一般人で情報はありません。

ただ今後、芸能界に憧れて、活動を始める可能性はあるでしょう。

再婚相手は加賀千景

田中さんは1999年に古手川さんと離婚。

そして翌2000年、18歳年下の女優、加賀千景さんと再婚しました。

実に早い再婚ですが、おそらく離婚前から交際を進め、正式に離婚したタイミングで結婚する計画だったのでしょう。

千景さんは加賀まりこさんの姪として知られています。

友人を介して知り合った2人は、めでたくゴールインし、2007年には娘をもうけました。

千景さんは結婚後、女優業を引退し、家事や育児に専念しているようです。

元妻、古手川祐子との別居と離婚

では最初の妻である古手川さんとの馴れ初めと、離婚の経緯を確認しましょう。

1986年、田中さんは古手川さんと結婚しています。

テレビドラマ『夜の傾斜』で共演したことがきっかけでした。

田中さんが婿養子に入ることで新婚生活を開始。

1989年には、一人娘の綾那さんをもうけました。

ただ実質は、古手川家の人々が主導権を握っていた結婚生活で、田中さんは世間から「マスオさん」と呼ばれます。

実際に仕事で忙しい妻に代わり、婿として家事や育児に励んでいたそうです。

しかし舅と折り合いが悪く、決して快適な生活ではありませんでした。

1994年に田中さんは、「ケーナの練習用」と称してマンションを借ります。

実際には印鑑を押した離婚届を書き置いて、家を出ました。

古手川さんは離婚を渋りますが、1999年にやむなく同意。

彼女は「こんなに傷つけられるなんて」と涙を流しました。

すれ違いの結果、心に傷を負って離婚することになったのでしょう。

古手川さんも今ではベテラン女優として活躍しています。

私生活で幸せになれなかった分、女優業に専念することにしたのではないでしょうか。


田中さんは時おり、彼女のことを思い、後ろめたさを感じながら過ごすことがあるかもしれませんね。

最近はあまり目立った活動をしていない印象の田中さん。

次こそ家族を幸せにするため、最低限の仕事をしながら、妻と娘との時間を大切にしているのかもしれません。

古手川祐子、結婚した田中健との離婚理由。その後現在。娘も女優に

コメント