古村比呂の病状。リンパ浮腫と今。クラウドファンディング、闘病生活について

1987年の朝ドラ『チョッちゃん』のヒロインを務め、サスペンスドラマや舞台などで活動してきた古村比呂(こむら ひろ)さん。

2012年1月、子宮頸がんが見つかって以降、病魔と闘い続けました。

今回は古村さんの病状、リンパ浮腫の状態が、今どうなっているか確認します。

また病気に苦しむ人へのサポートとして始めたクラウドファンディング、闘病生活の詳細を見ていきます。

古村比呂のプロフィール

本名:布施郁子

生年月日:1965年11月24日

身長:160cm

出身地:北海道江別市大麻

最終学歴:北海道札幌啓成高等学校

古村比呂の病状。リンパ浮腫の今

まず古村さんの病状、リンパ浮腫の状態が今どうなっているか確認します。

古村さんは2012年、子宮頸がんにより、子宮を全摘しました。


子宮の全摘には勇気が必要だったはず。

それでも3人の息子を抱えていた彼女は、生き続けるため手術に向かったのでしょう。

しかし手術の翌年、安堵する間もなく、左脚にリンパ浮腫を発症してしまいます。

リンパ浮腫は、リンパ節を切除したことで、脚や腕がむくむ病気です。

古村さんの左脚はくるぶしが見えないほど腫れ上がったそうです。

2016年にリンパ腫の治療を受けたものの、翌年に今度は子宮頸がんが再発。

抗がん剤と放射線による治療を受け、7月には一時回復するものの、11月には肺とリンパ節へ転移。

2018年から再び抗がん剤治療を受け、2019年に経過良好のため治療を休止しました。

2021年3月13日、古村さんは自身のブログで病気への思いを発信します。

「2012年3月13日に、子宮を摘出。5年後の2017年3月13日に再発」として、同日が「特別な日」とつづりました。

さらに「2019年に採血で尿蛋白が出たけれど、CT検査の結果が良好で経過観察中になりました」と続けます。

その上で手術から9年目を迎える日に、「先のことはわからない。今この瞬間を生き抜く」と決意を述べました。

2021年現在も、経過は良好のようです。

長きにわたり病魔と闘い続けている古村さんのメッセージは、同じく闘病中の人々に大きな希望をもたらすでしょう。

クラウドファンディングと古村比呂

古村さんは闘病経験を活かし、病気に苦しむ人々を様々な形でサポートしてきました。

リンパ浮腫のつらさを当事者同士で共有できる交流会「シエスタの会」を立ちあげた際は、遠方から駆けつけた人もいるそうです。

スペイン語で「昼寝」を意味する「シエスタ」。

「昼寝をするようにリラックスして気持ちを伝える」という趣旨で、会の名前をつけたそうです。

会では「どれくらい脚が膨れるの」「生活にどれくらい支障が出るの」など、仲間同士でさまざまな疑問や悩みを話し合います。

当事者が仲間を見つけられる交流会は、闘病中の孤独を癒せる貴重な場所といえますね。

さらに古村さんは2019年、一般社団法人「HIRAKU人にやさしいプロジェクト」の設立者・代表理事として活動。

病気への向き合い方、予防方法などの情報を提供してきました。

2020年には感染症が流行する中でも、当事者同士のつながりを維持し続けるため、Webも活用した交流会の方法を提案。

さらに交流会を全国へ拡大しようと計画し、活動資金を得るためクラウドファンディングを呼びかけました。


2020年4月24日、目標額の200万円を超える246万6千円が集まり、クラウドファンディングは大成功。

古村さんは団体の公式サイトから、支援者に感謝を述べ、患者1人ひとりに寄り添う活動をしていく決意を表明します。

病気にめげず、力強く前進する彼女の姿に、多くの人が勇気づけられたことでしょう。

古村比呂の闘病生活

古村さんは壮絶な闘病生活を送りました。

彼女にとって闘病生活は、食べ物の大切さを学ぶ貴重な機会だったそうです。

入院中は点滴で栄養を補っていましたが、2012年の子宮全摘手術から3日目、初めて重湯を口にします。

一口飲んだだけで、全身の毛穴から汗が出てきたそうです。

「細胞が喜んでいる」と感じた古村さんは、口から何かを摂取するありがたみを知りました。

しかし抗がん剤治療中は、料理の味を感じられず、食事に喜びを感じられなくなります。

副作用で髪の毛や眉毛をはじめ、全身の毛が抜け落ち、生きる気力をなくし始めていたのかもしれません。

そんな時期、息子さんが作ってくれた玄米かゆを食べると、おいしさを感じられたそうです。

普段は料理をしない息子さんが、心を込めて作った玄米かゆは、特別な味がしたのでしょう。

古村さんは抗がん剤治療を終えてから、ようやく食べ物がおいしくなったといいます。

「食べ物を粗末にしてはいけない」と語る彼女は、闘病生活のおかげで、食事のありがたみを感じられたのです。


人生に必要な何かを学び取った彼女の闘病生活。

結果的にはただ苦しいだけの日々ではなく、有意義な時間だったのではないでしょうか。

古村比呂の息子3人はフリーター?旦那&元旦那との離婚理由。町田市との関係

布施博の現在。病気で足が悪い?母の介護&あきる野市への引っ越し

コメント

執筆・編集者
アスネタ編集部

大手メディアや有名人本人が発信の一次情報を元に記事作成しています。
わかりやすく正しい情報を読者に伝えるべく編集しています。