佐渡裕の娘はゴルフコーチ。結婚、前妻との離婚。兄は教師

熱気を感じさせる指揮とカリスマ性で知られる佐渡裕(さど ゆたか)さん。

国内外で活躍する指揮者ですが、プライベートではどのような人なのでしょうか。

娘、趣味のゴルフ、結婚と離婚、前妻の詳細を確認しましょう。

併せて兄がいるという情報にも迫ります。

佐渡裕のプロフィール

本名:佐渡裕

生年月日:1961年5月13日

身長:187cm

出身地:京都府京都市

最終学歴:京都市立芸術大学音楽学部フルート科

所属事務所:株式会社クリスタル・アーツ

佐渡裕の2010年頃に生まれた娘。前妻との間にも一人娘

佐渡さんは1993年に最初の妻と離婚しています。

2人の間には1994年生まれの娘がいるとのことでした。

つまり妻が妊娠中に離婚したことになります。


後ほど詳しく見ていきますが、佐渡さんは自身のわがままによって離婚しました。

仕事と家庭の両立が難しくなり、仕事を優先させようと考えたようです。

世界的指揮者としての地位を築くため、「好きなスケジュールで生きたい」という気持ちになったのでしょう。

「妻が妊娠中のタイミングで離婚を切り出すのはひどい」という意見が多数なのも無理はありません。

世界的指揮者となった彼は、2010年前後に再婚しました。

現在の妻・公子さんとの間にも娘が1人います。

2010年頃に生まれたため、2021年現在は11歳前後でしょう。

まだ小学生ですが、音楽家の娘のため、芸術方面に関心を抱いているかもしれませんね。

佐渡さんはクラシック音楽界の頂点に上り詰めたのですから、もう離婚の理由はないはずです。

今度こそ妻子を大切にして欲しいものですね。

佐渡裕の趣味はゴルフ。娘はゴルフコーチの小山萌子

佐渡さんはゴルフが趣味で、「夙川ゴルフアカデミー」の監修者も務めています。

ゴルフタレント・なみきさんと共に、YouTube番組「佐渡裕となみきのゴルフ虎の穴」にも出演してきました。

ネット上には佐渡さんの娘とゴルフが関連キーワードとして結び付いています。

調べたところ、「夙川ゴルフアカデミー」のゴルフコーチ・小山萌子さんが、佐渡さんの娘だそうです。

1994年生まれのため、前妻との娘ということですね。

実際に親子であると断定できる情報はありませんが、萌子さん自身が発言しているため事実なのでしょう。

彼女は両親が離婚してからも、父と強いきずなで結ばれていたようです。

佐渡さんのわがままを受け入れられる、明るく前向きな性格の女性なのでしょう。

きっとゴルフも父の影響で始めたに違いありませんね。

佐渡さんがゴルフを始めたきっかけは、ヨーロッパ滞在中にオーケストラのメンバーから誘われたことでした。

演奏旅行の先々でラウンドするうちに、のめり込んだそうです。

1週間、毎日2.5ラウンドを続けるほどの「ゴルフバカ」になったといいます。

ホールインワンの経験はありませんが、最高記録は75とのこと。

交流のある「夙川ゴルフアカデミー」社長の東山真俊さんは、最高記録は69でした。

佐渡さんはプロ並みの腕前であることがうかがえますね。

最近は多忙なため、以前よりもゴルフを楽しむ余裕がなくなったそうです。

しかしアカデミーの監修者として多くのゴルフ仲間と出会い、充実した時間を過ごしてきたといいます。

佐渡さんはゴルフを通して、音楽以外にもかけがえのない宝物を手に入れたのでしょう。

佐渡裕の結婚と離婚。前妻&現在の妻は共に優しい女性

佐渡裕さんはウィーンに渡り、最初の妻と結婚しました。

時期や馴れ初め、妻の詳細は非公表です。

音楽家になるため必死に活動していた32歳の佐渡さんは、「音楽だけに集中したい」との理由で離婚を決意しました。

電話で妻に「わがままに生きたい」と伝えたそうです。

妻は「あなたならできる」と優しくエールを送りました。

すると佐渡さんは離婚を切り出したのです。

慣れないウィーン生活で、仕事への不安も抱えながら、冷静さを失っていたようでした。

自分でも「音楽を優先してわがままに生きるのなら、結婚すべきじゃなかった」と反省したそうです。

彼は離婚後仕事に集中し、「新日本フィルハーモニー」の指揮者やパリの「コンセール・ラムルー」の首席指揮者となります。

華々しい活躍を見せたのちに再婚。

2010年頃に再婚した相手は、関西出身の公子さんという名前だそうです。


今は兵庫県神戸市芦谷に、夫婦と娘、公子さんの両親と共に暮らしているといいます。

彼女は仕事面でも夫に励ましの言葉をかけるなど、心優しい女性とのことでした。

前妻も優しい女性だったため、佐渡さんは良い女性に恵まれる運があるようですね。

今度こそ、せっかく巡り合ったすてきな女性を傷つけずに過ごして欲しいです。

佐渡裕の兄は教師

佐渡さんには6歳年上の兄・規雄さんがいます。

2021年現在は66歳のため退職しているはずですが、60歳当時は京都市立新町小学校の校長でした。

大柄で、子供たちからよく慕われる人気者だったそうで、カリスマ性のある佐渡さんとよく似た兄のようですね。

幼少期は兄弟でピアノを習っていましたが、規雄さんは中学生の段階で早々に見切りを付けたそうです。

音楽家に比べれば安定している教師職を選びました。

佐渡さんは指揮者としての将来に不安を抱えている時期、定職に就いた兄と自分の境遇を比べて焦ったようです。

しかし母のつた子さんは、堂々と構えていました。

「音楽一筋なら心配ない。お金がなくて成功してなくても、好きなことをしていれば仕事はいつか来る」と言葉をかけたのです。


夢を追う息子に前向きな言葉をかけられる、非常にかっこいいお母様ですね。

前向きな言葉に佐渡さんは励まされ、見事に音楽家として花開けたのでしょう。

しっかり者の兄と肝っ玉母さんに恵まれたことを、彼は誇りに思っているに違いありませんね。

佐渡裕、評判は賛否。現在の活動。自宅は芦屋、病気で痩せた噂

山下洋輔が病気?妻と息子、家族について。タモリを発見、自宅立川の交流大使

コメント