古尾谷雅人の息子・高藤疾土が2代目襲名。妻・鹿沼えりの現在について

昭和から平成にかけて映画やドラマで活躍した古尾谷雅人(ふるおや まさと)さん。

1983年には映画『丑三つの村』で主演を務めるなど、実力派俳優として評価されていました。

2003年に自殺という衝撃の最期を遂げてから、息子の高藤疾土(たかとう はやと)さんが俳優として父の遺志を引き継ぎます。

また妻だった女優の鹿沼えりさんも、亡き夫を想いながら過ごしているようです。

古尾谷さんの家族について、現在の状況をチェックしましょう。

古尾谷雅人のプロフィール

本名:古尾谷康雅

生年月日:1957年5月14日

死没:2003年3月25日

身長:188cm

出身地:神奈川県川崎市中原区

最終学歴:駒澤大学高等学校

最終所属事務所:正木ルーム

古尾谷雅人の息子・高藤疾土は2代目「古尾谷雅人」

古尾谷さんの息子は高藤疾土さんです。

本名を古尾谷雅さんといい、実践学園高等学校を卒業後、俳優となりました。

かつて父と同じ芸能事務所「正木ルーム」に所属し、映画『スクールデイズ』やドラマ『ごくせん 第2シリーズ』に出演。

しかし父の死後、芸能界を一時引退していました。

父である古尾谷さんは2003年3月25日に首吊り自殺し、45歳で生涯を終えます。

生前は台本を1冊完璧に暗記するほど、真面目でプロ意識が高かったそうです。

役へのこだわりが強く、出演作品を選ぶようになった結果、徐々に仕事が減少します。

硬派な役柄を求めていたため、軟派な雰囲気の作品が主流となった80年代以降は、活躍の機会が激減。

最終的に3億円もの借金を背負い、死を意識する発言が増えていったそうです。

古尾谷さんの真意は推測するしかありませんが、仕事の激減と借金地獄に苦しんでいたことは確かでしょう。


自身の境遇に絶望して、命を絶ってしまったのかもしれません。

息子の疾土さんは父の死にショックを受けたはずです。

俳優としての活動に、前向きに取り組めなくなってしまい、一時引退を決意したのでしょう。

俳優業を退いてからは、ファミリーレストランでアルバイトとして働いていたそうです。

しかし2019年、疾土さんは俳優として再デビューを果たしました。

父の名前を芸名にして「2代目・古尾谷雅人」として活動しています。

まるで歌舞伎俳優のように親の名前を襲名したのです。

襲名理由については「父の名前が世間から忘れられないようにするため」と語っています。

きっと別の仕事で働くうち、周囲に父の名前を知らない人が増えていると感じ始めたのかもしれません。

父の名前を引き継ぎ、その生きた証を残すため、俳優として再起する決意をしたのです。

名優の息子であるプレッシャーも大きいとは思いますが、長く前向きに活躍して欲しいですね。

古尾谷雅人の妻は鹿沼えり

古尾谷さんの妻は女優の鹿沼えりさんです。

なかにし礼さん原案の日活ロマンポルノ『時には娼婦のように』で注目され、ポルノ女優として人気を獲得。

また『秘密戦隊ゴレンジャー』の加藤陽子役として、子供たちの間でも有名でした。

1979年の日活ロマンポルノ『団地妻・肉欲の陶酔』での共演で古尾谷さんと出会い、1982年に結婚。

その後は女優業を引退しました。


ローン地獄によって家計が苦しくなると、ホームヘルパー1級の資格を取得し、介護職として働きに出ます。

古尾谷さんは酒に酔うと人格が変わり、鹿沼さんに暴力を振るうことがよくありました。

いわゆるDVによって、彼女は美しい顔に傷を負い、肋骨を折ったこともあるそうです。

古尾谷さんはストレスの大きい生活の中、妻に後ろめたさを感じながらも、つい暴力に走ってしまったのでしょう。

次第に「僕の偉大さは、僕が死んだらわかってもらえる」と、不吉な言葉を発するようになりました。

間もなく古尾谷さんが自殺すると、3億円の借金は鹿沼さんが引き継ぐことになります。

2004年からは6年間、神楽坂でスナックを経営。

疾土さんと共に必死に働きながら、借金を返済してきたようですね。

妻・鹿沼えりは現在、息子&娘に囲まれて生活

波瀾万丈な人生を送ってきた鹿沼さんですが、2021年現在は息子と娘に支えられながら暮らしているといいます。

息子は疾土さん、娘は元女優で引退後はジュエリー系の仕事をしているという水野快令さんです。

古尾谷さんの死後間もなく、鹿沼さんの母が骨粗しょう症に苦しんだ末に自殺未遂。

そのまま1年後に亡くなっています。

さらに父が母の後を追って自殺。

相次ぐ不幸に絶望した鹿沼さんは夫が首を吊った寝室で後追い自殺を図ろうとしました。

そのとき引き止めてくれたのが、水野快令さんだったそうです。

今では悲劇から立ち直り、感情をリセットできたという鹿沼さん。

息子と娘が懸命に支えてくれたおかげで、何とか生きて来られたに違いありません。

2016年に娘が結婚してからは、毎日の晩酌が習慣になっていたそうです。

徐々に幸せな生活を手にし始めていたようですが、2017年に急性大動脈解離を発症。

身体障害者手帳1級を支給されながら生活することになりました。


以降は禁酒して、今は回復しているようですが、子供たちは心配しているに違いありませんね。

鹿沼さんは子供たちに見守られながら、愛する人たちの死や自身の病気を乗り越えてきたのです。

なるべく心身の状態に気を付けて、長く子供たちとの時間を過ごして欲しいですね。

古尾谷雅人の複雑な生い立ち。死因と葬儀、遺書について。堂本剛との共演

鹿沼えりの現在。若い頃はゴレンジャーの経歴。夫・古尾谷雅人の死と病気

コメント