小林ゆう、脅威の絵で画伯に。驚きの伝説&面白い性格エピソードまとめ

『進撃の巨人』シリーズ、『銀魂』シリーズ、『STEINS;GATE』シリーズなど、知名度の高い作品で人気キャラクターを演じる小林ゆう(こばやし ゆう)さん。

キャラクターソングやソロアーティスト活動などでは、魅力的な歌声も披露しています。

今回は、小林さんのあだ名の理由に迫っていきます。

過去の面白いエピソードなども、一緒に見ていきましょう。

小林ゆうのプロフィール

愛称:ゆうちゃん、画伯

本名:不明

生年月日:1982年2月5日

身長:168cm

出身地:東京都

最終学歴:不明

所属事務所:ホーリーピーク

小林ゆう、結婚した夫は?かわいいモデル時代&所属事務所は?落語好きを仕事に生かす

奇抜な絵で画伯と呼ばれる小林ゆう

小林ゆうさんは声優ですが、ファンの間では、なぜか「画伯」と呼ばれることが多いようです。

Twitterでも、普通に画伯という言葉が使われています。

イラストレーターでも画家でもないはずの小林さんが画伯と呼ばれるのは、なぜなのでしょうか。

共演者も驚く小林ゆうの絵

小林さんは、絵のセンスが独特なことで有名です。

公式Twitterでも、なんとも不思議な絵を公開していました。

こちらの動画では、共演者が困惑している様子も見ることができます。

黒猫にしてもパンダにしても、元の姿とはまったく異なった絵になっており、初めて見た人は衝撃を受けてしまいそうです。

こうした独特の絵が、小林さんの奇妙なあだ名の理由です。

抽象画のような難解な作品を描いてしまうことから、「小林画伯」と呼ばれるようになりました。

動画の中では小林さんなりに絵の解説をしていますが、それでもすんなりとは理解できそうにありません。

声優界の画伯というのは、確かに小林さんに相応しい愛称のようです。


小林さんの目を通した世界は、普通の人では気がつかないような素晴らしさに満ちているのかもしれません。

小林ゆうの絵がLINEスタンプに

小林さんは、2014年に自身が絵を手掛けるLINEスタンプの制作を発表。

「画伯」の絵の魅力が癖になっているファンからは、喜びの声が上がりました。

このツイートでは猫を描いたようですが、やはり難解なものであり、小林さんのセンスが存分に発揮されています。

その後に公開されたイラストも、小林さんの世界を存分に堪能できるものになっており、多くの注目を集めました。

使いどころには少々困るかもしれませんが、小林さんの魅力が詰まった素晴らしいスタンプです。

小林ゆうの伝説エピソードとは?

小林ゆうさんは、『さよなら絶望先生』のライブで伝説的なパフォーマンスをしたことが有名になっているようです。

ライブでは難易度が高いとされていた「豚のご飯」という曲をしっかりと歌いきり、出演者やファンを驚かせたのだとか。

「豚のご飯」は、小林さんが演じる木村カエレと、大槻ケンヂさんが一緒に歌った曲。

確かに、この曲を歌いこなすのはかなり難しそうです。

ライブで絶叫し続ける小林さんの姿は、多くの観客の目に焼き付いたことでしょう。

小林さんの人気の理由は、どんな仕事でも真剣に向き合い、全力でやりきる姿勢にあるのかもしれません。

ちなみに、小林さんはプライベートでも「豚のご飯」なるメニューを食べているのだとか。

はっきりしたことはわかっていないようですが、小林さんを題材にした漫画『小林ゆう伝説』の中に登場しているという情報がありました。

『マーガレット』の付録として作られた読みきり漫画だったようで、入手するのは難しそうですが、興味がある人はぜひチェックしてみてください。

面白い性格が人気

小林さんはとても丁寧で真面目な性格ですが、ファンからは「面白い」という声も多いようです。

こちらは、『劇場版 銀魂 完結篇』に出演した際のインタビュー。

常に丁寧な口調で、とても腰が低いことがわかります。

ですが、少々丁寧すぎることで、不思議なおかしさも生まれてしまっているようです。

深くて長いお辞儀などは、思わず笑ってしまった人も多いのではないでしょうか。


この一風変わった面白さが、多くのファンから愛される理由なのでしょう。

ちなみに、小林さんはいつでも穏やかというわけではありません。

作品を紹介する番組やイベントなどでは、ハイテンションで暴走することもあります。

盛り上がっている小林さんは、なかなか強烈なキャラクターになるようです。

普段がとても丁寧なので、弾けている姿のインパクトも、より強くなっているのかもしれません。

小林ゆう、結婚した夫は?かわいいモデル時代&所属事務所は?落語好きを仕事に生かす

沢城みゆきは英語が上手。大学や高校は?通った養成所と事務所移籍

コメント