加藤みどりの現在と年収。夫はマスオ似。サザエさんの後任&若い頃から競馬ファン

『サザエさん』、『おそ松くん』、『魔法使いサリー』など、知名度の高い名作にいくつも出演している加藤みどり(かとう みどり)さん。

2019年には、「同一のアニメ作品のキャラクターを最も長く演じてきた声優」としてギネス認定されたことでも話題になりました。

今回は、そんな加藤さんの年収や旦那さんについて調べてみました。

サザエさんの後任として噂の人物や、競馬好きな一面についても紹介していきましょう。


加藤みどりのプロフィール

愛称:加藤さん

本名:伊藤みどり(旧姓:加藤)

生年月日:1939年11月15日

身長:155cm

出身地:東京府(現:東京都)

最終学歴:東京都立豊多摩高校

所属事務所:フリー(元:シグマセブン)

加藤みどりの現在の年収

加藤さんの主演作である『サザエさん』は、国民的長寿アニメとして長く愛されている作品です。

「最も長く放映されているテレビアニメ番組」として、ギネス認定もされています。

そんな超有名作品で主演を務める加藤さんは、どれくらいの年収をもらっているのでしょうか。

実は164万円という噂

加藤さんは年収の詳しい情報を公開したことがないため、正確なことはわかりません。

ですが、ネット上では「164万円くらいらしい」という噂があります。

加藤さんレベルのレジェンド声優となれば、かなりの年収をもらっていそうなイメージがありますが、少ない額を予想する人が多いようです。

ですが、これはただの勘違いである可能性があります。

実は、共演者の永井一郎さんが、磯野波平役の年収が164万円という話をしていました。

彼は声優の草分けとして、待遇面の問題についても闘っていて、88年の「オール讀物」では「磯野波平ただいま年収164万円」と題して待遇の悪さを訴えたこともあった。

この情報が拡散されるうちに、「サザエ役は164万円」という話に変化したのではないでしょうか。

先代のマスオ役である増岡弘さんも、加藤さんのギャラが高いことを明かしていたようです。

当然だけど主役ということで、サザエさん役の加藤みどりさんのギャラが断トツに多いんだ。

こうした情報を総合すると、加藤さんの年収は164万円を大幅に超えている可能性があります。

他の仕事を含めるとさらに増える?


加藤さんには、「『サザエさん』以外の作品に出演しない契約らしい」という噂があります。

雑誌のインタビューで本人も認めたことがあるようですが、確かな情報は見つかりませんでした。

ですが、『サザエさん』が始まった翌年から他のアニメ作品への出演がなくなっているので、本当である可能性は高いでしょう。

1作品だけの出演では稼げないイメージもありますが、加藤さんはバラエティ番組などでナレーションを担当しており、講演会も行っています。

ネット上では、そうしたアニメ以外の仕事をすべて含めると、加藤さんの年収はかなり多いという噂もあるようです。

加藤さんはレジェンド級の声優なので、相当な額をもらっているのではないでしょうか。

加藤みどりの夫の情報は非公開

加藤さんは既婚者であり、テレビアニメデビューした翌年の1965年に結婚しています。

当時の加藤さんは、25歳だったそうです。

旦那さんは一般人のようで、名前や顔写真などの情報は出ていません。

ですが、雑誌のインタビューでは、旦那さんの容姿を少し語ったことがありました。

“マスオさん”そっくりの彼に出会ったのは昭和36年。場所はNHKの中でした。(中略)彼は、丸顔で、ポチャポチャとしてて、たよりなさそうで、ボーっとしてて……。

顔がマスオに似ていて、ぽっちゃり体型でぼんやりしているという情報からは、穏やかで優しい旦那さんが想像できます。

東京大学の文学部を卒業しており、NHKで番組のプロデューサーなどをしていた男性のようです。

4歳年上の旦那さんに、加藤さんはいつも支えられていたのだとか。

1999年、長く共演したカツオ役の高橋和枝さんが亡くなった際は、ショックのあまり引退を考えたそうですが、旦那さんに励まされて考え直したそうです。

旦那さんの優しいサポートがあったからこそ、ギネス認定されるほど長く活動できたのでしょう。

サザエさんの後任としてキムラ緑子を望む声

加藤さんはまだまだ現役で活躍していますが、2022年で83歳になるため、ファンの間では役を交代する可能性も話題になっているようです。

サザエ以外のメインキャラクターは、タラオ以外すべて2代目、3代目となっているので、後任の話が出るのも無理はないかもしれません。

候補としてよく名前が出ているのは、女優のキムラ緑子さんです。

キムラさんは、『大改造!!劇的ビフォーアフター』のナレーションを加藤さんから引き継いでいます。

ファンからは「違和感がない」「合っている」と好評で、サザエ役になることを予想している人も多いようです。

加藤さんが元気なので、まだどうなるかわかりませんが、キムラさんが引き継ぐ可能性は高いかもしれません。

若い頃からずっと競馬ファン

加藤さんは若い頃から競馬が大好きで、本を書いたこともあります。

日本初の女性競馬レポーターとしても有名であり、近年も競馬の実況中継で活躍中です。

『ウマ娘 プリティダービー』とのコラボを期待する声もありました。

ちなみに、旦那さんとの出会いもNHKの競馬番組だったのだとか。

加藤さんにとって競馬関連の仕事は、『サザエさん』に匹敵するほどのライフワークなのかもしれません。


永井一郎の死去は広島のホテル。死因は虚血性心疾患。告別式に共演者出席、遺作のアニメとは

長谷川町子の父親&母親はどんな人?女性だけの家族、姪も同居。家系図まとめ

コメント