浦沢直樹の娘・浦沢凜花の学校は成城。妻との結婚がYAWARAを生んだ

浦沢 直樹(うらさわ なおき)さんは数多くの名作を生んだ漫画界の奇才として知られています。

中でも有名な柔道漫画「YAWARA」は結婚がきっかけになって誕生したと話題になっていました。

今回は浦沢さんの妻や結婚、娘の凜花さんが通っていた学歴などをチェックしていきましょう。

浦沢直樹のプロフィール

本名:浦沢 直樹(うらさわ なおき)

出身地:東京都府中市

生年月日:1960年1月2日

主な作品:「YAWARA!」「20世紀少年」など

浦沢直樹の娘は学生キャスターの浦沢凜花

まずは浦沢直樹さんの愛娘である(浦沢)凜花さんについて見ていきましょう。

直樹さんほどの漫画家であれば娘の凜花さんに関心が集まるのは自然なことかもしれませんが、漫画家の家族の情報が公開されることはほとんどと言って良いほどありません。


しかし、凜花さんは2019年3月に放送されたバラエティ番組「今夜くらべてみました」(日本テレビ)の取材を受け、多くの人に顔と名前が知られるようになっていたそうです。

せっかくなので、判明している情報を集めて凜花さんの簡単なプロフィールを作ってみました。

本名:浦沢 凜花(うらさわ りんか)

身長:160㎝

出身地:東京都

生年月日:1999年5月20日

特技や資格:フラメンコ / 中国語検定(3級) / 英検2級など

所属先大学:成城大学(文芸学部)マスコミュニケーション学科 ※2022年春に卒業見込み

一見すると直樹さんの娘さんとは思えないほどかわいらしい女性という印象を受けますが、よく見ると目元は父親に似ていることが分かるでしょう。

2020年から事務所「セントフォース」の”sprout(スプラウト)”に所属していますが、同部門は学生キャスターが中心なので卒業後は上部への異動が予想されています。

成城大学を卒業後の進路も非常に気になりますが、インスタグラムの更新を積極的に続けているところを見るとテレビ局のアナウンサーになる確率は低いかもしれません。

もっとも、ある程度の知名度と実績があれば局アナよりもフリーアナウンサーやタレントとして活動する方が良いという意見も少なからずあるそうです。

いずれにしても、凜花さんの能力が十分に活かせる環境に進めることを祈りましょう。

浦沢凜花が通っていた学校は成城学園

引き続いて浦沢直樹さんの娘・凜花さんの学校(学歴)について見ていきます。

凜花さんの学校は2019年3月放送の「今夜くらべてみました」(日本テレビ)に登場した際、幼稚園から成城学園に15年通っている女性として紹介されたことで判明しました。

番組での紹介にもある通り成城ひと筋なので、成城幼稚園から成城学園初等学校へ進み、成城学園の中学校と高校を経て成城大学に進学をしたという学歴の持ち主です。

成城大学では勉強に励むだけでなく放送部とフットサルサークル「MITHRIL」に所属し、さらに同大学の「ミスキャンパス2019」に出場してファイナリストになった経歴もありました。

また、大学在籍中に日本トップのアナウンサー事務所「セントフォース」に加入するなど、まさに才色兼備を体現した女性と言っても過言ではないでしょうね。

2022年は大学を卒業する年なので今後の進路が気になるところですが、凜花さんほどの才覚や積極性があればどの道に進んだとしても十分な結果を残してくれるでしょう。

ちなみに、カフェのバイトをしていたそうなので接客を受けた方はかなりの幸運の持ち主です。

浦沢直樹は妻との結婚で漫画家として飛躍

最後に浦沢直樹さんを飛躍させた妻との結婚について見ておきましょう。

人生には転機となるタイミングがありますが、浦沢さんの場合は妻との結婚でした。

妻や結婚した具体的な時期は明らかにされていなかったものの、これまでの取材によって学生時代からの知り合いだったことが判明しています。


結婚をするまでの浦沢さんはマニアックな作風でコアな層から熱烈な支持を受けていましたが、いわゆる「国民的ヒット作」と言われる作品を生み出せていませんでした。

こだわりを持ってニッチな世界を歩んでいたので悔いはなかったものの、結婚をしたことで生活費を稼ぐ責任が生じたことから”世間に受け入れられる作風”に切り替えたそうです。

そこから試行錯誤を繰り返し、1986年に浦沢さんの代表作となる柔道漫画「Yawara!」が誕生。

ここまでの流れをまとめると、浦沢さんが結婚したのは1985年前後であること推測できます。

出世作「Yawara!」は出版界だけでなく柔道界にも大きな影響を与え、オリンピックで2度の金メダルに輝いた田村(現:谷)亮子さんのニックネームにも使用されました。

浦沢さんからすると自分の信念を少し曲げたことで国民的ヒット作が生まれたのは少し複雑でしょうが、世間の流行もあるので一概に以前のセンスが悪いとも言えません。


妻は「Yawara!」以降も浦沢さんの作品にダメ出しをしているそうなので、転機の原因であることや日々のサポートを含めると浦沢作品は夫婦の合作と言っても良いでしょう。

これから先、浦沢さん夫婦がどのような作品を生み出してくれるか期待せざるを得ませんね。

浦沢直樹の自宅がすごい。年収は億超え&売上は数千万部。兄からの影響とは

鳥山明の娘(きっか)の銀魂イラストが話題。妻(みかみなち)がかめはめ波を命名

手塚治虫の子供。息子・手塚眞と娘たち。妻は幼馴染、家族について

コメント