鳥山明 子供(娘きっか・息子)は今?奥さんがあの技を命名?DBがパチンコにならない理由とは!

これまでの実績から漫画界の生ける伝説ともいえる鳥山明(とりやまあきら)さん。

家族に鳥山明さんのような方がいるのはどんな気分なのでしょう。

ということで鳥山明さんの家族について調べてみました。

鳥山明の奥さんも漫画家だった


鳥山明さんはDr.スランプの連載をしていた1982年に結婚をしています。
そのお相手は「みかみなち」という漫画家の方。

みかみなちさんは1975年に漫画家デビューし、1985年に漫画家を引退しています。
単行本化されたのは2作品しかなく漫画家としては成功したとはいえなさそうです。

ですが、鳥山明さんはみかなみちさんについて
「あのセンスと知識にはかなわない」
と語っています。

というのも悟空の必殺技「かめはめ波」。
この「かめはめ波」という名前を付けたのがみかみなちさんなんです。

もしかすると「かめはめ波」以外にもみかみなちさんが名付けた必殺技があるかもしれません。

「狼牙風風拳」や「魔貫光殺砲」のような格好良い名前の必殺技は鳥山明さんが名付けたと思いますが、「どどん波」のような一風変わった必殺技はみかみなちさんが名付けたのではないかもしれませんね。

鳥山明の娘と息子も天才か?

鳥山明さんには3人のお子さんがおり、2人は女の子で1人は男の子ということが分かっています。
お子さんに関する情報は殆ど出回っていませんが少しだけ分かった情報があります。

まず、お子さんの名前ですが長男は「鳥山佐助」、長女は「鳥山きっか」。
次女の方のお名前は分かりませんでした。

鳥山きっかさんですが、どうやら漫画家にはならなかったようですがイラストレーターとして活躍をされています。


ホームページを開設されていますのでそちらで鳥山きっかさんの描いたイラストを見ることができますが、写実的なものからコミカルなイラストまであり才能を感じさせます。

絵のうまさには遺伝が関係していると言われますが、鳥山きっかさんが鳥山明さんの絵の才能を受け継いでいることは間違いなさそうです。

鳥山明にとっては作品も子供同然

漫画家の中には自分の作品に愛着を持つ方、そうでない方がいるでしょう。
鳥山明さんは自分の作品を子供のように可愛がっている漫画家の1人です。

週刊少年ジャンプに掲載されていた漫画など多くの漫画がパチンコやスロットになっています。
ですが鳥山明さんの作品は何一つとしてパチンコやスロットにはなっていません。

これは鳥山明さんがパチンコ業界に我が子を売りたくないという考えによるものです。
パチンコやスロットに作品が使われるとかなりの収入が入るそうです。
ましてやドラゴンボールともなれば桁外れの額になることは確実。


にも関わらずそんな業界に自分の子供同然の作品は売りたくないという鳥山明さんの親心。

鳥山明さんが自身の作品にどれだけ愛情を持っているかが分かりますね。

◆関連記事
鳥山明 現在は引退したがってる?年収と自宅・資産まとめ!

鳥山明 天才の経歴と学歴まとめ!宗教の噂は本当?今も名古屋?

コメント

  1. しかし、ソシャゲには子供を売る

    • お前ひねくれてんな

    • お前ひねくれてんな

  2. 自分の子供同然の作品は売りたくないのくだりはネットのデマで、そもそも鳥山明がパチンコについて言及したことはないはず