沢田蒼梧の両親。母はハーバード卒の噂&父親の職業は?東大ではなく名古屋大学医学部

世界三大コンクールに数えられる「ショパン国際ピアノコンクール」への出場経験がある沢田蒼梧(さわだ そうご)さん。

優秀な両親に育てられたようで、ピアニストとして活躍する傍ら、勉強にも励んできました。

今回は、インテリ演奏家である沢田さんの両親について見ていきます。

母はハーバード大学出身という情報に加え、気になる親の職業についても確認。

また沢田さんが東大生という噂と、名古屋大学医学部に通っているという噂の真相に迫ります。

沢田蒼梧のプロフィール

本名:沢田蒼梧

生年月日:1998年11月9日

身長:非公表

出身地:愛知県

最終学歴:名古屋大学医学部医学科

所属事務所:沢田蒼梧コンサート事務局

沢田蒼梧の両親は教育熱心

ピアノの練習だけでなく、数学や理科などの勉強にも熱心に取り組んできた沢田さん。

きっと両親も優秀な人々で、教育熱心だったに違いありませんね。

沢田さんは2歳のときからマツイシ楽器店「ヤマハ音楽教室」で音楽を学び、6歳からピアノのレッスンを開始。


さらに名門・東海中学校を受験するため、勉強にも取り組みました。

東海中学校は高校が併設されており、愛知県内トップクラスの偏差値60を誇る難関一貫校です。

ハードなスケジュールの管理や体調管理などは、母親がサポートしてくれていたそうですよ。

母親は「子供と同じ体験をする」ことを重視していました。

上から目線で「ピアノの練習をしなさい」「勉強をしなさい」と命じるのではなく、同じ目線に立って協力し合うのです。

子供と一緒に試練を乗り越えて、親子の信頼関係を築こうとしてきました。

親子で協力し合い、ピアノの練習と勉強の両立を続けた結果、沢田さんは見事東海中学校に合格したのです。

上記までが、公表されている母親の情報で、ほかに詳しいことはわかっていません。

父親については一切情報がなく、どのような人かわかりませんでした。

少なくとも、立派な息子さんを育て上げた、教育熱心な両親であることは確かでしょう。

沢田蒼梧の母はハーバード出身か不明

インターネット上では、沢田さんの母親がハーバード大学出身という噂が流れています。

確認しましたが、母親の学歴は公表されておらず、ハーバード大学出身かわかりませんでした。

沢田さんが名門の学校で学んでいたため、両親も頭が良い可能性は十分あります。

しかし学歴までは不明のため、ハーバード大学出身とは断定できないのが現状です。

にもかかわらず、なぜ「ハーバード大学」という大学名が結び付いたのでしょうか。

おそらく沢田さんと同じく日本を代表する音楽家に、ハーバード大学出身者がいるためでしょう。

バイオリニストの五嶋龍さんは、ハーバード大学の物理学科を卒業した秀才です。

音楽と勉強を両立させた演奏家という点が沢田さんと共通しており、キーワードが混合してしまったのではないでしょうか。

沢田蒼梧の父親の職業は不明

沢田さんをサポートしてきた両親ですが、先ほど述べた通り、詳しい情報は公表されていません。

両親は一般人のため、情報がないのは当然。

優秀な両親に違いありませんから、学歴や職業など気になる点は多いものの、推測するしかなさそうです。

音楽関係者である可能性もありますし、音楽に造詣があるものの無関係の仕事をしている可能性もあります。

もしかすると、父親は医者なのかもしれません。

沢田さんは、地元の大学の医学部に進学しています。

父親から医療の知識について教わるうちに、医学部への進学意欲が増していったのではないでしょうか。

母親が診療で忙しい父親に代わり、息子の教育を引き受けていたとすればつじつまが合います。

あくまで可能性ですが、父親が医者である可能性は十分あるように思えますね。

沢田蒼梧は東大生ではない

沢田さんは地元である愛知県を代表する名門・東海中学校および高校を、6年連続で首席卒業した優秀な生徒でした。


愛知県内でもトップクラスの学校をトップの成績で卒業した点から、非常に頭が良いことがわかります。

きっと東京大学も合格圏内だったのではないでしょうか。

インターネット上でも「沢田さんは音大に進学せず、東大生になった」と考えている人は多いようです。

愛称「かてぃん」で知られるピアニストの角野隼斗さんも東京大学大学院出身です。

同じ秀才ピアニストである沢田さんなら、東京大学に合格した可能性は十分ありますよね。

しかし実際には、東京大学に進学していません。

沢田蒼梧が名古屋大学医学部に進学した理由

沢田さんは名古屋大学医学部医学科に進学し、ピアニストと医大生の二足の草鞋を履いてきました。

おそらく東京大学にも合格できたはずですが、実家でピアノの練習に励むため、地元の大学を選びました。

2022年時点で名古屋大学医学部医学科の5年生です。

医学部は6年制のため、2023年で最終年度を迎えるはずですね。

幼少期は野球に夢中で、メジャーリーガーを目指していたそうです。

しかし富士登山中に、強風により舞い上がった火山灰が原因で喘息を患ってしまい、砂ぼこりを避けるために野球を断念。

そのとき治療してくれた医師の丁寧な対応に感銘を受け、医学の道を志しました。

進学後は医学部で勉強しながら、毎日6~7時間はピアノの練習を続けてきたそうです。


ピアノの練習中は勉強が、勉強中はピアノの練習が息抜きになっているとのこと。

相乗効果によって、どちらも楽しく取り組めているそうです。

卒業後は音楽と医学の二刀流を武器に、胸を張って世界へ羽ばたいてもらいたいですね。

小林愛実の両親と弟は一般人?実家は山口から東京へ、神童の幼少期と性格とは

古海行子のプロフィール。出身高校と大学、練習時間がすごい&色違いのドレスが話題

牛田智大が演奏中に倒れる!性格や彼女は?ショパンが好き&羽生結弦の大ファン

コメント