大島優子はハーフじゃなく韓国クォーター。兄弟が結婚&英語と海外留学について

大島 優子(おおしま ゆうこ)さんはAKB48の中心メンバーとして長く活躍をしました。

芸能活動とは別に、ハーフ説や兄弟など血縁関係についても話題になっていたようです。

彼女には、韓国人の血が入っているとの噂がありますが、本当なのでしょうか。

また、ハーフやクォーター説の真偽はいかがなものでしょう。


他にも大島さんの母親にまつわるエピソードや、兄弟についてもまとめました。

あわせて、彼女の英語能力についてもまとめていますので、注目です。

大島優子のプロフィール

本名:大島 優子 (おおしま ゆうこ)

身長:152cm

血液型:B型

出身地:栃木県

生年月日:1988年10月17日

主な学歴:栃木県立壬生高校

所属事務所:太田プロダクション

大島優子はハーフではなく韓国クォーター?

まずは大島優子さんの出自やルーツについて迫って行きましょう。

いつの頃からか大島優子さんに韓国人説やハーフ説が流れていました。

そんな彼女でしたが、週刊誌の「ハーフorクォーターで驚きの有名人ランキング」で1位に輝いたことから、噂が証明されました。

そこには”父親は日本人で母親がアメリカ人と日本人のハーフ”と掲載されていたので、正確に言えばハーフではなく、母方に外国のルーツを持つクォーターだったのです。

週刊誌の記事に具体的な表現はされていませんでしたが、母方の祖母が日系韓国人だったのだそう。

すなわち、大島さんに”韓国人説”が浮上している背景には、母方の祖母のルーツが関与していたようです。

しかしながら、”日系韓国人”というのは、韓国に帰化した日本人のことを指します。

つまり、大島さんの祖母は日本人ではありますが、韓国国籍を取得されていたようです。

そして、祖母がアメリカ人の男性と結婚して生まれたのが大島優子さんの母親でした。

こうしてアメリカ人とハーフの母親と、日本人の父親が結婚し、生まれたのが大島優子さんなのです。

しかしながら、大島さんの幼少期の写真を見ても欧米の雰囲気はあまり感じられません。

もしかすると、大島さんは父親似なのかもしれません。

しかしながら、彼女の日本人離れしたスタイルからは、「欧米の血を感じずにはいられない」といったところではあります。

大島優子さん自身が出自やクォーターについて言及することがほとんどなかったので、あらためて生まれたルーツを知って驚いたファンは少なくないそうです。


ランキングでは渡辺直美さん(日本×台湾)や鈴木亜美さん(中国×日本)も紹介されており、芸能界にはハーフやクォーターの方が多く在籍している様子を知ることが出来ました。

一般社会において外国人やハーフの方に対する差別が根絶されたとは言えませんが、少なくとも芸能界ではマイナスどころか武器になる点と言えるでしょう。

ちなみに、母親は大島優子さんが中学校に入る直前に離婚をしています。

元々彼女が小学6年生の時まで神奈川県に住んでいたという大島さん一家。

しかし、彼女の父親の兄が営む割烹料理店を手伝うために、一家揃って栃木県に引っ越すことになりました。

慣れない土地での生活に、母親は苦労していたといいます。

そして大島さんが中学校に入学する直前、引っ越しからわずか半年後のことでした。

なんと母親が常連客と蒸発してしまったのです。

こうして両親は離婚をすることに。

大島さんは父親に引き取られ、育てられました。

その後母親とはどうなったかというと、大島さんの高校時代に再会したのだそう。

そして大人になった今では母親と定期的に食事に行くなど、仲睦まじい関係をうかがわせています。

一方、肝心の父親と母親同士は和解していないのだそう。

無理もありません。

しかしながら2021年夏に、俳優の林遣都さんとの結婚が間近であることを報じられた大島さん。

これに伴い、父親と母親が顔をあわせる機会も増えたのではないでしょうか。

いつか大島さんと林さんが仲を取り持って、両親の関係が修復されることを願うばかりです。

大島優子は兄の結婚や出産でおばさんに

次は大島優子さんの兄弟についてチェックして行きます。

兄弟は兄がひとりいることを公言していますが、名前や年齢までは公表されていませんでした。

長らく兄に関する情報は明らかにしていなかったものの、大島優子さんは2016年3月6日に自身のインスタグラムで沖縄で行われた兄の結婚式に出席したと投稿しています。

ここでも兄や奥さんの写真はありませんでしたが、一般人なので当然と言えるでしょう。

また、2020年10月22日に出演したテレビ朝日「徹子の部屋」では兄夫婦に娘が生まれたことを明らかにし、ついに”おばさんになった”としみじみ語っていたそうです。


兄とは少し距離があったものの、おばさんという新しいポジションになって”今までよりも親しい関係になった”と、子供の持つ不思議なパワーに驚いている様子も見られました。

合わせて独り身だった父が再婚して安心したと語る一方、身近な人が次々と結婚していることに対して”自分も家庭と人生を作っていかなければ”と心境が変化したことを告白。

そんな彼女も、2021年7月に俳優の林遣都さんとの入籍が間近であることが報じられました。

無事に自身の幸せも手に入れた大島さん。

彼女がどんな家庭、そして人生を築いていくのか、注目が集まります。

海外留学で英語力を鍛えて活躍の場を拡大中

最後に英語の海外留学や語学を生かした活躍について見ておきましょう。

AKB48を卒業後は女優に転身してバリバリ活躍をしていましたが、2017年8月にアメリカのオレゴン州ポートランドに英語の語学留学(ホームステイ)をして驚かれました。

この留学は思い付きのものではなく、AKB48時代から英語の勉強に熱心だったそうです。

AKB48時代に同じ「チームK」だった帰国子女の平田梨奈さんは勉強も兼ねてやりとりを英語でしていたと明かしており、当時からかなりのレベルだったことを紹介していました。

留学先でお世話になったホストファミリーとの会話は最初の3ヶ月ぐらい難しかったとコメントしていましたが、先の平田さんの発言からすると控えめに表現したのかも知れません。

アメリカでの留学生活は約1年にもなり、2018年10月22日に自身のインスタグラムで帰国を報告。

元から高かった英語力は留学を経てますます磨きがかかり、2019年6月のNetflixオリジナルシリーズ「ストレンジャー・シングス 未知の世界3」のイベントで披露していました。

さすがに通訳として活動することは無いでしょうが、人のサポートなしで意思疎通ができる語学力があればプライベートや仕事のどちらでも十分に生かされることでしょう。

もしかすると、女優として国際的に活躍することを視野に勉強していたのかも知れません。


大島優子、親の離婚と壮絶な生い立ち。実家は壬生町の寿司屋&出身は綱島?

大島優子の結婚。草なぎ剛と指輪で噂に。ウェンツとの熱愛報道&山田哲人との交際説

大島優子の年収&うさぎについて。愛車、二輪免許の取得理由。料理の腕はまだまだ修行中?

コメント