大島優子、親の離婚と壮絶な生い立ち。実家は壬生町の寿司屋&出身は綱島?

大島 優子(おおしま ゆうこ)さんは両親の離婚で大変な子供時代を過ごしたそうです。

出身地や実家に関する噂も飛び交っていますが、本当のところはどうなんでしょうか。

今回は大島優子さんの親や離婚、生い立ちや引っ越しについてリサーチして行きます。

大島優子のプロフィール

本名:大島 優子 (おおしま ゆうこ)

身長:152cm

血液型:B型

出身地:栃木県

生年月日:1988年10月17日

主な学歴:栃木県立壬生高校

主な出演作:連続テレビ小説「スカーレット」

大島優子は親の離婚など生い立ちも複雑だった

まずは大島優子さんの生い立ちや両親の離婚について見て行きましょう。

大島さんが子供の頃の父親は普通のサラリーマンとして働いており、母親は専業主婦という平凡でありながら幸せそうな家庭だったそうです。


また、母親の勧めもあって1996年(8歳)の時に”セントラル子供劇団”に加入し、子役として芸能活動をスタートさせていることから”芸能人・大島優子”の生みの親とも言えますね。

幸せそうな家庭でしたが、大島優子さんが中学校に上がるタイミングで父親の実家である栃木県に引っ越すことになり、それがきっかけとなって一家に暗雲が立ち込めてきました。

栃木県に引っ越した理由は病気がちだった伯父(父親の兄)が営む割烹料理店を手伝うためだったそうなので、生活だけでなく仕事面でも大きな変化になったのは間違いないでしょう。

夫婦そろって引き継いだ店の切り盛りをしていたのですが、あろうことか母親が店の常連客と恋に落ちて家を出て行く(蒸発)というドラマ顔負けの展開を見せていました。

当然ながら夫婦は離婚をすることになり、大島優子さんと兄は複雑な環境に悩んだそうです。

もちろん、両親の離婚によって全てが不幸になるとは言えませんが、母親が居なくなった経緯が特殊だったので父親だけでなく子供たちが悩むのも当然のことでしょうね。

大島優子さんは高校の頃に母親と再会して連絡を取るようになり、2020年10月に出演したテレビ朝日「徹子の部屋」の中で父親が再婚をしたことを明らかにしていました。

兄も結婚して子供を授かっているので、結果的に家族は幸せになったと言えるかも知れません。

家族の中で独身を貫く大島優子さんの男性関係には今まで以上に注目して行きたいところです。

実家は栃木県壬生町で寿司屋を経営?

前の項目と重なるところはありますが、改めて実家の場所や仕事などをまとめて行きましょう。

大島優子さんは栃木県壬生町で生まれて間もなく横浜へ引っ越したと言われてますので、中学校に入るタイミング(2001年)で壬生町に戻ってきたのは一種の里帰りと言えるものでした。

実家は特に家業をしていなかったそうですが、伯父(父親の兄)が営んでいた飲食店を手伝うために大島優子さんの両親は壬生町に戻ってサラリーマンから自営業に転身をしています。

伯父さんから継いだ店については寿司屋と割烹料理に意見が分かれているものの、様々な番組での発言やネット上の情報を総合すると寿司屋という説が有力でした。

ただ、サラリーマンをしていた父親が寿司屋になることは簡単では無いでしょうから、人知れず苦労や修行を重ねて伯父さんの意志と店を継いだことが推測できます。


しかしながら、2011年頃には引き継いだ寿司屋が閉まっていたという噂も見られました。

廃業後はサラリーマンに戻ったと言われていますが、詳細については明らかになっていません。

大島優子の出身地は横浜市の綱島?

最後に大島優子さんの出身地が横浜市の綱島という噂を見ておきましょう。

大島優子さんは栃木県壬生町で生まれて間もなく神奈川県横浜市に引っ越しており、小学校を卒業するまでの約12年間を港北区綱島で過ごしていたと言われています。

正しく言えば出身地は栃木県壬生町になりますが、過ごした年数は横浜市綱島の方が長いです。

この頃にセントラル子供劇団を通じて芸能界入りをしたり、家族そろって仲良く暮らしていたことからしても大島優子さんにとって特別な地であるのは間違いないでしょう。

以上の点をまとめると、大島優子さんは栃木県壬生町で生まれた後に横浜市綱島へ引っ越し、小学校を卒業するタイミングで家族の事情から再び栃木県壬生町に戻っていました。

また、過ごした年数も長いので「ハマっ子」と呼んでもいいかも知れませんね。


大島優子はハーフじゃなく韓国クオーター。兄弟が結婚&英語と海外留学について

大島優子の結婚。草なぎ剛と指輪で噂に。ウェンツとの熱愛報道&山田哲人との交際説

コメント