田邊昭知の息子は電通社員。前妻が小林麻美&再婚の噂はデマ。若い頃はドラマー

芸能プロダクション「田辺エージェンシー」の社長・田邊昭知(たなべ しょうち)さん。

研ナオコさんやタモリさんを育て上げた大物で、息子さんも電通社員の肩書を持つエリートのようです。

今回は田邊さんの息子さんの詳細を確認しつつ、前妻が女優の小林麻美さんで、その後再婚したという噂を見ていきます。

さらに若い頃のドラマーとしての活動にも迫っていきましょう。

田邊昭知のプロフィール

愛称:ショー坊、ショウちゃん

本名:田邊昭知

生年月日:1938年11月15日

身長:非公表

出身地:東京都

最終学歴:高千穂高等学校

所属事務所:田辺エージェンシー代表取締役

田邊昭知の息子は電通社員で慶應卒

有名芸能プロダクションの社長というエリートの肩書を持つ田邊さん。

息子さんもまた非常に優秀な人材で、幼少期から成人後までエリートとして育ちました。

息子の泰三さんは、誰もが知る大手広告代理店・電通に就職しました。


2016年、伯母にあたる女性が「今年、甥が電通に就職し同時期に結婚した」と公表したのです。

母親の小林麻美さんによると、泰三さんは初任給を使って、両親にディナーをごちそうしたそうですよ。

有名企業に就職しただけでも親孝行になり得ますが、初任給で両親に感謝を示すとは、人格的に優れた孝行息子ですね。

その後、転職したという情報はないため、2022年現在も電通で勤務しているのではないでしょうか。

ゆくゆくは父親の跡を継いで「田辺エージェンシー」の社長に就任するかもしれませんね。

泰三さんは初等部から高校までを、裕福な家庭の子供たちが多く通う成城学園で過ごしました。

高校まではエスカレーター式に受験勉強をせず内部進学したものの、大学は外部の学校を受験。

見事、最難関私立の慶應義塾大学に合格しました。

就職先を確認すれば、慶應でしっかり学び、優秀な成績で卒業したことがわかりますね。

非常に勉強熱心で、真面目な息子さんであることは間違いないでしょう。

田邊昭知の前妻はおらず、小林麻美が現在の妻

田邊さんの前妻が話題になっているようですが、実際には前妻がおらず、初婚相手と結婚生活を送り続けています。

妻は女優や歌手、モデルとして活動していた小林麻美さんです。

物憂げな雰囲気をあらわす「アンニュイ」という言葉が似合う、大人っぽい女性として人気を博していました。

映画『野獣死すべし』と『真夜中の招待状』に出演し、数々のドラマでも活躍。

1991年、所属事務所だった「田辺エージェンシー」の社長である田邊さんと結婚します。

2人の結婚は、妊娠がきっかけのいわゆる「できちゃった婚」として話題になりました。

小林さんは多くのファンを獲得していたものの、結婚を機に引退して、専業主婦となります。

どうやら田邊さんが妻に対して、専業主婦として家庭に入ることを希望したようです。

ファンにとっては祝福すべきニュースであると同時に、残念なニュースとなってしまいました。

それでも小林さん自身はキャリアへの未練をキッパリと捨て、結婚後は家族を支え続けることにしたのです。

1991年1月9日に息子の泰三さんを極秘出産。

成城学園の初等科を受験させる際は、夫婦も一緒に面接の模試を受け、家族一丸となってサポートしたそうですよ。

夫婦そろって教育熱心だったからこそ、優秀な息子さんとして大成したのですね。

田邊昭知が夏目三久と再婚したという噂はデマ

田邊さんについて調べていると、先ほどの「前妻」というキーワードのほか、「再婚」も表示されます。

離婚・再婚歴があると考え、調べた人が多いようです。

しかし先ほども述べた通り、実際には離婚・再婚歴はなく、初婚相手の小林さんと結婚生活を送り続けています。

おそらく田邊さんの大物らしい雰囲気から「女性遍歴は派手だろう」と考えた人が、さまざまな噂を流しているのでしょう。

結果的に、元アナウンサーの夏目三久さんと愛人関係にあったという、事実無根の噂まで流れてしまいました。

夏目さんは有吉弘行さんと結婚したため、当然田邊さんとは愛人関係にありません。

ただ単に、夏目さんが「田辺エージェンシー」に所属していたというだけで、噂につながってしまったようです。

両サイドともに噂を否定しており、怒りをあらわにしていました。

有名人というだけであらゆる噂に付きまとわれてしまう様子を見ると、本人や家族が非常に気の毒になりますね。

田邊昭知は若い頃にドラマーで映画にも出演

田邊さんは若い頃、バンドでドラマーとして活躍していました。

当時から組織をまとめるリーダー気質があったようで、1961年に「田辺昭知とザ・スパイダース」を結成。

1966年に「ザ・スパイダース」へ改名し、田邊さんは事務所「スパイダクション」を設立しました。

特に有名なメンバーは、ボーカルの堺正章さんと井上順さん、ギターのかまやつひろしさんなどでしょうか。

しかしバンドメンバーをまとめ、事務所を運営して営業活動に励んでいたのは、ほかでもない田邊さんでした。

ドラムを担当しながら、バンドをけん引し、1970年に解散するまで人気を保ち続けたのです。

田邊さんは少しずつドラム演奏からマネジメント業務に移行しながら、映画にも出演。

映画『濡れた逢いびき』では加賀まりこさんと共演して話題となりました。

若い頃から大物らしいオーラをまとっていたため、ぜひ一度映画の映像をチェックしてみてはいかがでしょうか。


小林麻美の現在から若い頃まで。橋本淳が恋人?病気で女優として成長。実家は美容院

夏目三久、現在は妊娠&出産間近?事務所の田辺社長が結婚阻止の過去

夏目三久の結婚。夫・有吉との馴れ初めと経緯。歴代彼氏は電通の御曹司?

コメント