夏八木勲の子供(娘・息子)&妻まとめ!死因はガン?遺作 かっこいい

名脇役として長年活躍された夏八木勲(なつやぎつとむ)さんですが2013年に天国へと旅立たれました。

死因は何?

妻や子供、夏八木勲さんが残した数多くの遺作についてもまとめてみました。

夏八木勲の死因はガン?


2013年5月11日に死去された俳優、夏八木勲さん。

死因は膵臓ガンであると発表されています。

膵臓ガンが見つかったのは2012年の秋で、その後は入退院を繰り返しながらも役者としての活動を続けていました。

共演していた役者からは”とても大病を抱えている人とは思えなかった”と言われるほど仕事への情熱は変わらなかったそうです。

夏八木勲さんは医師との相談の上、手術による治療を受けることはありませんでした。

そして親しい友人等にもガンである事を報告せずに入退院を繰り返しながらも日常を送られていたそうですよ。

渋くてかっこいい夏八木勲さんですから、きっと同情や心配をされることが煩わしかったのでしょうね。

2013年5月にはいり、亡くなる2日前に容体が急変し家族に看取られながら息を引き取ったそうです。

その表情には苦しさ等は全くなく、”話しかけると返事をしてくれそうな程に安らかな顔でした”と所属事務所の社長がコメントされるほどでした。

死因とも言われている膵臓ガンと戦いながらも最期まで現役の役者を貫いた夏八木勲さん、かっこいいですね。

夏八木勲の妻や子供について

夏八木勲さんの妻は「夏八木まり子さん」で日英のハーフだそうです。

若い頃は京都府にあるマネキン製造会社に勤めながら、夜はサントリーバーで働いていました。

ハーフてある妻まり子さんはバーの中でも一際目立ち、男性客に大人気だったそうで夏八木勲さんもまり子さんに惚れていたそうです。

当時はまだ役者として無名だった夏八木勲さんでしたが、まり子さんとの交際まではあっという間だったと語られています。

その後、2人は結婚し2人の子供が誕生されています。


息子がいるという情報もありますが、実際に夏八木勲さんには息子さんはおらず、娘さんが2人です。

夏八木勲さんは家庭のことは全く事務所等に話すことはなかったそうで、妻・子供(娘)がいること以外の家庭事情は事務所の誰も知らなったそうです。

夏八木勲が遺した多くの遺作

実は夏八木勲さんには遺作と呼ばれている未公開作品が6本もあったんです。

福山雅治さんの父親役を務めた映画「そして父になる」は夏八木勲さんが亡くなる4日後に開幕予定のカンヌ国際映画祭でコンペ部門に出品されていて、受賞を心待ちにしている矢先でした。

「そして父になる」上映後は観客からの拍手が鳴りやむことはなく、審査員賞に輝くなどの素晴らしい評価を受けています。


夏八木勲さんの息子役を演じた福山雅治さんは”今日は見ていてくれたんじゃないかな”と夏八木勲さんがどこかにいたように感じたそうです。

生涯を現役の名脇役として貫いたかっこいい夏八木勲さんの作品は今後も高く評価されたまま残っていくのでしょうね。

コメント