栗原小巻の現在。恋愛と彼氏、結婚した夫はなく独身?家族について

吉永小百合ファンをさす「サユリスト」に対して「コマキスト」という熱狂的ファンを生み出すほど絶大な人気を誇った栗原小巻(くりはらこまき)さん。

現代的な美貌と高い演技力を併せ持つ大女優ですが、近年はドラマ出演が減少し、映画にいたっては途絶えてしまっているのがさびしいかぎりです。

今回は2020年現在の活動状況を追いながら、これまで噂された恋愛や彼氏についてみていきます。

結婚した夫はいるのか、それともいまだに独身なのかも気になりますね。

2020年現在の栗原小巻の活動状況

栗原小巻さんは1945年3月14日生まれの東京都世田谷区出身で、本名も同じです。

60年代後半以降、人気を二分した吉永小百合さんとは同い年で誕生日が1日違い。


また、夫役の加藤剛さんと新婚初夜を演じてコマキストを爆発的に増殖させた映画『忍ぶ川』は、当初ヒロイン役に吉永小百合さんがオファーされていたという裏話も。

吉永小百合さんとは何かと縁が深いようです。

東京バレエ学校でバレリーナをめざしていた栗原小巻さんは、バレエには演技力の勉強も必要と言われて1963年に俳優座養成所に15期生として入所。

のちに「花の15期生」と呼ばれることになる同期生は、原田芳雄さん、夏八木勲さん、前田吟さん、太地喜和子さんら豪華な顔ぶれでした。

一躍脚光を浴びたのはNHK大河ドラマ『三姉妹』。

また、清純なイメージを持ちながら役のためならヌードも辞さないという小巻さん。

しかし持って生まれた品の良さから濡れ場が美しいと評判だったそうです。

活動の主軸である舞台では、『ルル』『復活』など千田是也さんの演出作品に多く主演しています。

一方、旧ソ連との合作映画や中国映画に出演するなどユニークな活動も栗原小巻さんの特徴です。

2020年現在もロシアや中国には熱狂的なコマキストが分布しているのだそう。

2018年6月の『徹子の部屋』に出演した際は、昔と変わらないプロポーションと気品あふれる佇まいが話題になった栗原小巻さん。

健康やスタイルの維持については、特にダイエットはしていないものの、ストレッチなどは行っているようです。

50年在籍した俳優座はすでに退団しており、75歳を迎えた2020年現在はフリーで舞台に軸足をおいた活動を続けています。

近年は弟の加来英治さん演出による一人芝居『松井須磨子』に力を入れているようで、同作品は2019年にも上演。

何度も衣装替えをしながら歌い、踊る1時間半の舞台とのことですから、体調は良好なのでしょう。

栗原小巻の恋愛や彼氏に迫る

衝撃的なスキャンダルや浮いた話が聞こえてこない栗原小巻さんですが、恋愛関係にあるのではと噂された相手はいました。

木下恵介監督のテレビドラマ『3人家族』『二人の世界』で足かけ3年間共演した竹脇無我さんです。

すでに故人ですが、撮影当時はお互いに20代。

『3人家族』は美男美女の竹脇無我さんと栗原小巻さんがすれ違う恋人同士を演じて大人気となり、平均視聴率30.7%をマーク。

続く『二人の世界』は、その二人が夫婦になって結婚生活を送ったらどうなるかを描いたドラマでした。

栗原小巻さんは、竹脇さんとは前作で信頼関係ができていたので、役作りなどを相談することができたと発言。

逝去に際しては、まるで幼なじみのような関係で、あのドラマは自分たちの青春だったと語りました。

現場では兄妹のようなつきあいだったらしく、彼氏というわけではなかったようです。

また北大路欣也さんと夫婦役を演じた『八甲田山』のあとに二人の関係が一部で取り沙汰された記憶があるのですが、これも噂の域をでないもの。

恋人役や夫婦役を演じるととかく恋愛の噂がたちやすいのは今も昔も変わらないようです。

栗原小巻は仕事と結婚?夫をもたず独身を貫く理由とは

栗原さんと同じく大女優の吉永小百合さんの熱狂的なファンのことを「サユリスト」と呼んでいましたが、栗原さんのファンの方たちは「コマキニスト」と呼ばれていたそうです。

そんな小巻さんですが、結婚されているのか調べてみると、どうやら独身を貫いているようです。

過去の配偶者の記載もありませんでした。

また結婚歴や離婚歴に関する情報も出ていません。

結婚をしなかったことについて、女優としてのこだわりというよりは、その時その時の自分の選んだ道の結果だったとのこと。

スタイルも良く美しい小巻さんが独身なんてもったいない!と思ってしまいますが、自身の決めた人生に後悔はしていないと公言していました。

ちなみに、これまで共演した俳優と何度かウワサになったこともあるそうなのですが、あくまでドラマの中だけの恋人(夫)で事実ではなかったそうです。


吉永小百合さんと肩を並べるほどの大女優ですから、もし結婚歴や離婚歴があれば何らかの手がかりがあるでしょう。

おそらくこれまで一度も結婚したことはなく、2020年現在も独身と考えて間違いないでしょう。

独身を貫く美人女優がここにも一人という感じです。

やはり仕事と結婚したということなのでしょうか。

若い頃に映像作品に出演していたのは、将来舞台に重点をおくための学びだったと明言している栗原小巻さん。

舞台を主軸に活動する今は、まさに望んだとおりの女優人生を歩んでいるといえそうです。

栗原小巻の父親はどんな人?

小巻さんのお父さまも有名な方のようで、児童劇作家の栗原一登さんといいます。

小巻さんの名前は本名なのですが、一登さんが名付けたそうです。

「小巻」って、とても可愛らしい名前ですよね。

お金がないときに子供(小巻さん)ができてしまった…と言っていましたが、小巻さんはその後クラシックバレエやバイオリンを習ったりロシア語を話せたりしているので、お仕事に成功されたんでしょうね。

栗原小巻の弟も芸能人?母親は100歳まで生きた?

そして、小巻さんには弟さんがいるのですが、演出家をしていて加来英治という名で活躍しています。

この加来さん演出の舞台に小巻さんが出演することもあり、昔は1年に1本くらいのペースだったのが近年はもっと多くの加来さん演出の舞台に出演しているそうです。

ということは弟さんと仲がいいんでしょうね。

ちなみに、小巻さんのお母さまが2018年に亡くなったのですが、亡くなった時の年齢がなんと100歳。

お母さまは芸能活動はしていなかったのですが、家族の仕事に対して理解のある大らかな方だったそうです。

以前と比べるとテレビへの露出が少なくなった小巻さん。

舞台を中心に70歳を過ぎた現在も女優として活躍している栗原さんですが、女優以外にも最近では舞台の衣装を手掛けているそうです。


体力と相談しながらなので舞台の本数もそんなに多くはないそうなのですが、無理をせずにひとつずつお仕事をこなしているようです。

テレビへの露出が極端に減ったためたまに以前トーク番組に出演した際には久しぶりにテレビで小巻さんが観られたとファンは盛り上がったそうです。

コメント