仲代達矢の現在まとめ!死亡説は嘘?無名塾を主宰&石川県能登とゆかり?

昭和を代表する名優の一人としてその名が挙がる仲代達矢(なかだい たつや)さん。
多くの俳優を世に送り出すなど後継の育成にも尽力されています。

仲代達矢といえば無名塾


劇団俳優座出身で無名塾を主宰する仲代達矢さん。
長年舞台や映画で培った演技力は高く評価され国内外で多くの賞を受賞しています。

そんな仲代達矢さんを語るうえで外せないのが無名塾。

仲代達矢さんが無名塾を創立したのは俳優座の看板俳優だった1975年。
当初は仲代達矢さんの自宅にある稽古場に集まる若い俳優達の中で自発的に始まったという無名塾。
塾生の公募が始まったのは1977年から。

無名塾は仲代達矢さんから直接指導を受けられるにも関わらず学費が無料。
さらには多くの有名俳優を輩出していることもあり入塾志望者が殺到。
入塾の難しさから「劇団の東大」と呼ばれることもあるほど。

無名塾の養成コースは3年間。
1年目で俳優への適正があるかどうかを見極められ、プロの俳優になれる可能性がある人のみ2年目以降も塾生でいられます。
つまり、俳優に向いていないと判断された場合は1年で退塾となるんです。

1年目で判断するのは早すぎるという意見があるかもしれません。
ですが、長年多くの名優を見てきた仲代達矢さんならその判断に間違いはないことでしょう。

仲代達矢は石川県の能登に縁がある?

かつては劇団俳優座で看板俳優として活躍し、今は無名塾で若い役者の指導も行う仲代達矢さん。
これほどまで舞台に一生懸命な俳優は数えるほどと言えるでしょう。

そんな仲代達矢さんは能登演劇堂という市営劇場の舞台設計を監修しています。
無名塾が石川県の七尾市で1985年から毎年合宿をしていたことが縁で開館された能登演劇堂。

能登演劇堂は日本で唯一舞台の後壁が開閉式になっている劇場。
舞台にかける思いが人一倍の仲代達矢さんだけに舞台設計にもこだわったんですね。

無名塾が毎年行っている全国公演の起点ともなっている能登演劇堂。
仲代達矢さんだけでなく無名塾の塾生にとっても石川県の能登半島は思い出深い地となっていることでしょう。

現在の仲代達矢は?死亡説も?

1932年生まれで御年85歳の仲代達矢さん。
2013年には俳優生活60周年を迎えていますが2020年現在の様子はどうなのでしょうか。

芸能界では少しの間、姿を見せないと死亡説が流れることが多々あります。
ですが、仲代達矢さんには死亡説は全くといって良いほどありません。
それは仲代達矢さんが常に現役であり続けるからでしょう。

仲代達矢さんは2017年に出演した映画「海辺のリア」では第38回高崎映画祭の最優秀主演男優賞を受賞。
さらに2020年に「峠 最後のサムライ」の公開が予定されています。

仲代達矢さんは文化勲章を受賞後に映画主演を果たした史上初の俳優でもあります。
「生涯現役」であり続ける仲代達矢さんには死亡説が流れることなどないでしょう。


現役の俳優として活躍しながらも若手役者の育成にも精を出す仲代達矢さん。
芸能界への貢献は計り知れないものがありますね。

仲代達矢の息子と娘は芸能界?妻は女優?再婚の噂とは!弟も芸能人だった?

コメント